12.11.2014

【アメフト】 勝てば地区優勝決定!! 第15週対チャージャース戦試合予想


試合こそ観れなかったものの第14週でビルズ撃破でAFC西地区首位に立ち続けるブロンコス。 現在10勝3敗のブロンコスが15週に敵地で対戦するは同地区2位で8勝5敗のチャージャース。 勝てば地区優勝が決まる大事な試合。 果たして。。。?

【ブロンコス】

オフェンス陣を牽引するペイトン・マニングの調子がすこぶる悪い。 チーフス戦での後半では14回中4回成功、43ヤードのみ、対ビルズ戦では20回中14回成功、173ヤードにTDなし、INTは2つという成績。 暖かいところであれば問題なしと言われるマニングもさすがに老いには勝てないのか。。。 或いはBYEウィークが第4週であったことから疲れが見えるのか。。。 何はともあれ良いサインとは思えないが、この試合では空中戦の出来が左右することになるだろう。 チャージャースのCBフラワーとのマッチアップでどこまで対応出来るのかが大事。

一方の地上戦ではCJアンダーソンが牽引中。 ラン守備に定評のあるビルズに58ヤードしか獲得出来なかったものの、3TDの成績には満足な結果だろうか。 チャージャース戦では大爆発を期待したい。

また元Kのマクマナスを呼び戻し、キックオフはマクマナスが、FGはバースがという使い分けをしているブロンコス。 結果、タッチバックの回数は増え、また50ヤードのFGを決めたバースということを踏まえると、この判断は正しかったものと今は考えるしかないだろう。 プレイターがいれば。。。と思うところもあるが、既に終わった話。

【チャージャース】

ブロンコスのディフェンス力がすこぶる良く見えるここ最近の試合。 チャージャースもブロンコス守備陣の前には手を焼くことになるだろう。 特にボン・ミラー、デマーカス・ウェアのQBへのプレッシャー、更にはCBクリス・ハリスも最近は目立って活躍している。 

地上戦においてもライアン・マシューズのビッグゲインは期待出来そうにない。 なんといってもブロンコスのラン守備が良い。 地上戦で活路を見出すのは至難の業と考える。

そんな状況下ではあるものの、ブロンコスを知り尽くしたと言っても過言ではない元ブロンコスのOCマイク・マッコイがどのような戦術で挑んでくるのかが鍵になることは間違いない。

【総評】

同地区対決、負けたくないブロンコスに負けられないチャージャース。 オッズでは-3.5でブロンコス有利となっているものの、果たして。。。?  

27-24でブロンコス勝利、かな? (全く当たらないけど)

Go Broncos!!




0 件のコメント: