11.28.2014

【アメフト】 波に乗って地区優勝に近づけるか!? 同地区対決チーフス戦試合予想


第12週で難的ドルフィンズを撃破したブロンコス。 ホームの試合で3点差での僅差勝利ということで、ファンに取っては今回のこのチーフス戦も不安要素満載であることだろう。 現在AFC西地区首位を走るブロンコスは8勝3敗、2位のチーフスは7勝4敗、更にチャージャースも7勝4敗で並ぶ。 つまりは。。。この試合を落とすことは地区優勝の危機にも繋がる。 

【ブロンコス】

怪我からジュリアス・トーマスが戻ってくる。 100%の状態ではないかもしれないが、それでもオフェンス陣、特にペイトン・マニングにとっては嬉しいニュースだろう。 対ドルフィンズ戦では地上戦も上手く機能していた。 代役の代役、CJアンダーソンが牽引し、OLのオーランド・フランクリンがそのルートを上手く引き出していたように思える。 チーフスのラン守備はそこまで良くないので、今回もビッグゲインが獲得出来ると予想。

心配なのはK。 ブランドン・マクマナスをカットし、コナー・バースを獲得。 正確性という意味ではバースの方がいいことは間違いないが、果たして2年のブランクは問題ないのか。 キックオフ時にタッチバックを狙えるのか。 この辺りがこの試合の鍵になってきそうだ。

【チーフス】

ブロンコスのラン守備はなかなか定評があるが、それ以上に厄介なのはジャマール・チャールズ。 恐ろしいほどに走る。 レシーブしてからも走る走る。 手が付けられない状況になる前に何とか打開策を見出して欲しい。

QBアレックス・スミスはショートパスを中心に試合を組み立てるのではないかと考えている。 またスペースが空けばスクランブルでヤードも稼ぐだろう。 

【総評】

オッズ上では-2.5でブロンコス有利と出ている今回の試合。 3点差未満。 つまりはFG1本で試合がひっくり返る。。。 更に言うなればバースが失敗したらそれだけで負ける可能性があるということ。 プレイターをカットしたことが間違いでなかったということをこの試合で証明してもらいたい。

31-28でブロンコス勝利と予想。

Go Broncos!!

0 件のコメント: