11.27.2014

出発の日、最後の食事は成田空港のだし茶漬け・えんにて!!


早いもので1週間強滞在した日本も終わり。 今回仕事3割、プライベート7割ぐらいの旅でした。 6月の帰国の時に世話になった祖母がもう長くないと聞き、最後に立ち会えたのは良かったと思っています。 

最近は羽田を利用するようになり、成田へはほとんど行っていません。 が、今回緊急でチケット手配したこともあり珍しく成田に。 そんなこともあってか、成田空港で最後の食事は昔食べて強烈な印象を残しただし茶漬け・えんを選びました。


メニューはこちら。




うなぎのひつまぶし風だし茶漬け。 美味しそうですがやっぱり美味しいものをちょこちょこと食べたい私としてはハーフ&ハーフを注文することに。

9種ある中から好きなものを2つ。。。 これは迷います。

こういう時に貧乏根性が出る私としては、ついつい高いものから2つ選んでしまいます。 ということで、鯛だし茶漬けと焼き鮭といくらの親子を注文。 ハーフ&ハーフで1,000円ちょうどです。


鯛だし茶漬けはごまダレ。


鮭といくらの親子は最早定番中の定番。


これに土瓶に入っただしをかけていただきます。


ふわぁぁぁぁぁぁ。。。 美味しそう。。。



最後にだし茶漬けが食べれて満足でした。 

が、昔食べた時はもっとだしがアツアツだったような気が。。。? 5年以上も前のことなので勘違いかもしれませんが、熱い茶漬けをふぅふぅして食べれなかったのがちょっと残念なところ。

こうして日本滞在は終わり、出国ゲートを出てアメリカに戻ります。

機内では祖母との思い出を考えていました。 昔教わった我が家に伝わる秘伝のキムチ。 何度かアメリカで作っていますが、結構定評があるので(妻と両親にだけど。。。)、遺作としてこれからも作っていきたいと心に誓い、気付いたら夢の中、そしてロサンゼルスに戻ってきました。




0 件のコメント: