11.21.2014

【アメフト】 建て直しがかかる大事な試合! 対ドルフィンズ戦 試合予想


久しぶりにアメフトネタ更新~♪

日本帰省中はアメフトのアの字すら目に触れることがなかったような生活を送っていましたが、こちらではテレビのニュースではアメフトが流れ、周りを歩く人たちはユニフォームに身を包み。。。 アメリカに戻ってきたと実感しています。

さて、試合なんて観なくてもブロンコスの勝利は間違いないだろうと思っていた矢先、まさかのラムズ相手に1TDしか決められずに敗戦。 同地区チーフスとは7勝3敗で並ぶというまさかの事態となり尻に火が付いた状態。 とはいえ、チーフスは昨日木曜日の試合でまさかの敗戦。 レイダース、よくやってくれた! レイダースファン、ブロンコスファン、ともに喜んだ試合となったでしょう。

敵地で行われた3連戦からようやくホームに帰ってきたブロンコス。 対戦相手は6勝4敗のマイアミ・ドルフィンズ。 怪我人続出中のブロンコスがここでどう建て直せるのかがかかった大事な試合。

【ブロンコス】

ジュリアス・トーマス、エマニュエル・サンダース、モンテ・ボールにロニー・ヒルマン。 怪我人続出中のブロンコス。 金曜日の練習ではトーマスもサンダースも戻ってきて一安心かと言いたいところではあるが、今それよりも重症なのはどう考えてもOL。 マニングのパスが少し遅かったら相手チームにサック量産されているはず。 ラン攻撃がほとんど機能しないブロンコスはパス一辺倒になりがち。 そこに崩壊中のOLがプレッシャーをかけられるとほぼ何も出来ないのが今の状態。

そう、先日のラムズ戦はまさしくスーパーボウルでシーホークスが魅せた戦術と同等のものだったと言える。 ドルフィンズも守備には定評があり、楽な試合展開にはならないだろう。 ランで確実に数ヤードでも稼げるような展開になると好ましいが。。。

【ドルフィンズ】

QBライアン・タネヒルの能力を考えるとラン攻撃が生命線な展開に思えるドルフィンズ。 RBラマー・ミラーが良い。 とはいえ、ブロンコスのラン守備はかなりのもの。 先週のラムズ戦でこそ100ヤード走られたが、そのあたりはきちんと建て直してくるであろうと予想。

2週間で8個もサックされているタネヒルに、今回はデマーカス・ウェア、ボン・ミラーの2人が襲いかかる。 

【総評】

連敗続きだったレイダースが強敵チーフスに初勝利をあげたように、まさか負けないだろうと高をくくっていたラムズ戦にまさかの敗戦など、本当に何が起きるのかの予想がしづらいのがアメフトの面白さ。 このドルフィンズ戦も楽な展開にはならないであろう。

とはいえ、アウェイ3連戦のあとにホームに帰ってきたブロンコスにアドバンテージがあるのは紛れもない事実。 いくらOLが崩壊しているとはいえ、ホームで敗戦になるわけにはいかない。

23-17でブロンコス勝利と予想。

Go Broncos!!


0 件のコメント: