10.30.2014

【アメフト】 AFC頂上決戦! 16回目のマニングvsブレディ試合予想


サースデーナイトの戦いから10日間経て敵地へ乗り込むブロンコス。 ブロンコスにとってはここから3週間敵地で試合が行なわれる厳しい状況。 第9週で対戦する相手はニューイングランド・ペイトリオッツ。 マニングvsブレディはなんと今回で16回目の対戦。 東海岸で行なわれるこの試合は基本10時スタートとなることが多いなか、今回は視聴率を考慮してか13時スタート。 果たしてどんなドラマが待っているのかっ!?

【ブロンコス】

新記録を樹立した後もTDを量産し続けるペイトン・マニング。 が、対戦相手がペイトリオッツとなると同じパフォーマンスを魅せるのは難しいところか。 なんといってもCBレヴィスが良すぎる。 攻めこむスキがあるとするなら、ペイトリオッツのパスラッシュに難があることだろうか。 マニングに時間を与え、レシーバーを見つけられればと願うのみ。

【ペイトリオッツ】

トム・ブレディの時代は終わった。。。 今シーズン始まって最初の数試合を見た時は誰もがそう感じたはずである。 ところが、そこからが違った。。。 最初の4試合はTDパスが1つずつであったのに対し、そこからの4試合は2、4、3、5と数字を伸ばしている。 しかも被サックは4試合で4つのみ。 第8週でのベアーズ戦では1度もサックを浴びることはなかった。

同じパフォーマンスが計23のサックを記録しているブロンコスの守備相手に出来るかと言うと疑問は残るものの、完全復活中のブレディを完全に止めることは出来ないだろう。 

【総評】

現在6勝1敗のブロンコスは1位、ペイトリオッツは6勝2敗で2位。 どちらも4連勝中でありここでライバルを倒して第1シード獲得を目指したいところ。 敵地で行なわれる分、ブロンコス不利と見ているが、オッズではブロンコスに-3が付いていて、ブロンコス有利と見ているところも多いらしい。 

私の予想では34-31でブロンコスとしておこう。 どんな試合になるのか。 

Go Broncos!!

0 件のコメント: