10.07.2014

【アメフト・戦評】 第5週は3連勝中のカーディナルスとの一戦!!


早めの第4週目でBYEウィークとなったブロンコス。 第5週目では同じく4週目をBYEで迎えた目下3連勝中のアリゾナ・カーディナルスと。 本拠地で対戦する分、ブロンコスに分があるのは周知の事実。

そういえば10月なので乳がんのピンクリボン運動ですね。 アメフトでもこのように大々的にピンクの衣装を身につけ、運動しています。


試合開始はカーディナルスの攻撃から。 QBカーソン・パーマー不在の中、カーディナルスオフェンス陣を牽引するのは代役スタントン。 タッチダウンには繋がらずにFGで0-3といきなり先制を許します。

ブロンコスの攻撃はQBペイトン・マニングの通算500TDがかかった大事な場面。 早速その見どころはやってきました。


通算500TDをレシーブしたのはTEジュリアス・トーマス。 どちらも嬉しそう。。。


マニングもHCジョン・フォックスとハイファイブ。


ファンもこれには大喜びです。


ええっと。。。 実は私、ここまでしか試合を観ておりませんでした (^^;)

どうせブロンコスが勝つと思っていましたし、ちょっと小旅行中ということもあって、珍しくブロンコス戦をスルーしました。 

試合結果を観てみたところ。。。


TEジュリアス・トーマスが6回66ヤード、2TDをマーク。

更にはドロップばかりしていてここのところ良いところがなかったDTことデマリウス・トーマスは。。。



8回226ヤード、2TDと球団新記録をマーク。

そしてサンダース軍曹も頑張ってくれました。


7回101ヤード獲得。

残念だったのはこの人。


カーディナルスのランディフェンスが崩せないのは知っていましたが、まさか第3Qに怪我をするとは。。。 しばらく戦線離脱でその間はロニー・ヒルマンが代役を務めることになるようです。

更にはこの人、Kマクマナス。


なんとKプレイターがまさかの解雇でマクマナスがブロンコスのKとなりました。 まだまだ23歳と若く、期待の現れでしょうか。 50ヤード越えのFGは外しましたが、40ヤードオーバーもきっちりと決めてくれ、今後の成長に期待です。

試合は41-20でブロンコスの快勝! 相手QBスタントンが途中で下がり、そこからはブロンコスのイケイケだったみたいです。 これで3勝1敗。

間違いなく今年のAFCスーパーボウル出場の第1候補はデンバー・ブロンコスで間違いないでしょう。 ちょっと怖いのは同地区のサンディエゴ・チャージャース。 かなり強敵です。


0 件のコメント: