9.18.2014

【アメフト】 スーパーボウル再戦!! 対シーホークス戦、試合予想


悪夢のスーパーボウルから7ヶ月。 第3週では今シーズン初めての敵地にて行われる試合。 シアトルのスタジアムはクラウドノイズが半端ないことでも有名。 ブロンコスにとっては試練の試合を迎えることになります。

【ブロンコス】

前半に得点、後半は失速という傾向にある過去2試合の成績。 対コルツにしても、対チーフスにしてもギリギリで勝利をおさめてきました。 QBペイトン・マニングは去年のようなハイパーオフェンスで得点量産というような状況ではなく、苦戦は必死。 

その中でも唯一の好材料はWRウェス・ウェルカーが復帰すること。 とはいえ、シアトルのセカンダリーの強さは半端ない。 CBリチャード・シャーマンにはスーパーボウルではボッコボコにやられました。 

RBモンテ・ボールにとっても試練の試合。 シアトルのランディフェンスの強さ、フィジカル面での強さにも負けずに、地上戦でファーストダウンを更新していけるのかが鍵になります。

【シーホークス】

チャージャース相手に敗戦を喫したシーホークス。 敵地、さらには気温が120度近くまで上がっていたようで、本調子ではなかったという噂も。 今回はホームで行われる試合なので気合も入っていることでしょう。

ブロンコスは対チーフス戦でも分かる通り、とにかくモバイルQBには弱い印象が。 QBラッセル・ウィルソンに走られると状況としてはかなりキツイ。 ディフェンスがどこまで踏ん張れるか。 新加入のTJウォードがディフェンス面では鍵を握っていると言えるでしょう。

【総評】

やはり地元ということもあり、シーホークス優勢はゆるぎない事実。 とはいえ、ブロンコスが負けるとは予想はしたくない。 20-17でブロンコスの勝利と予想。 

果たして7ヶ月という歳月はどのような結果をもたらすのか!?

Go Broncos!!

0 件のコメント: