8.04.2014

麗しのナパワイナリー巡り ① ~Montelena編~


パリ事件という言葉をご存知でしょうか。 これは1976年6月7日のTIMEの記事。


カリフォルニアワインなんて飲めたものじゃないなんて言われていた時代、9人のワインを語る上で外せない有名な方々がブラインドテイスティングを行った結果、なんと6人がカリフォルニアワインを1番だと言い、カリフォルニアでも美味しいワインが作れるということが証明され、カリフォルニアワインの時代が幕開けとなる。。。

つまり、カリフォルニアワインを語る上で外せない有名なワイナリーがあるってわけです。 そのワイナリーはChateau Montelenaといいます。


テイスティングは朝9時半から夕方4時まで。 ほぼほぼ始まる時間の朝10時頃に到着しました。 

駐車場に車を停めると先ず目に入ってくるのは庭園。


中国人が設計したらしく、なんとなくテイスト的にもそれがお分かりいただけるかと思います。

そして階段を登っていきます。


これがかの有名なワインが造られた場所。


別のアングルからもちょっと撮ってみました。


更に上に歩いて行くとテイスティング会場がありました。


テイスティングは4種で20ドル。 こちらはメニューです。


先ずは2012年のRieslingから開始。


フルーティな香りが口の中で拡がる飲みやすいワインでした。

そしてパリ事件で有名になったChardonnayが。


ここまで美味しいシャルドネは始めて飲みました。 クセもなく飲みやすい。 すっと入ってきてふわっと香るアロマ。 まぁ1本50ドルもするワインってことを加味すれば、当然といえば当然なのでしょうけれども。 

ちなみにシャルドネは1992年以降90点以上をたたき出しているという事実も持ってきてくれました。


ん?

2009年で終わっていて今飲んでいるのは2011年もの。。。 一応2010年以降が気になったので聞いてみたところ、きちんとした証拠を持ってきてくれました。 全て90点を越えていました。

土やブドウの出来でワインの味は相当変わると言われていますが、それでも毎年90点以上叩き出すということは、それだけ毎回丁寧に造っているからでしょう。

白ワインが終われば今度は赤ワイン。 2006年のCabernet Sauvignon。


美味しいけどやっぱりさっきのシャルドネ以上の衝撃は受けませんでした。

ワインテイスティング中にサーバーさんと色々と話をしました。 奥に行けば賞を取った時のワインが飾られているとか。 せっかくなのでテイスティング後、そちらに移動することに♪


廊下を歩いているとその場所を発見!!


1976年のパリでのテイスティングで堂々の1位獲得となったシャルドネ。 2011年のシャルドネ以上の味なのでしょう。

その隣には公式結果も貼られていました。


9人中6人が1位に選んだことがこちらからも分かると思います。

更にはそれぞれの審査員たちによるポイントまで。


一番下のMichel Dovazさんだけ最下位で3点と付けていますね。 それ以外は1位が6人、2位が1人、4位が1人という結果です。

1本50ドルのワイン。 定期的に飲めるぐらいの財力が欲しいところです。。。

---------------------------------
Chateau Montelena Winery

1429 Tubbs Ln
Calistoga, CA 94515

7 Days Open: 9:30 am - 4:00 pm

Yelp Review

0 件のコメント: