7.18.2014

トランスフォーマーの最新作を観てきた!!


トランスフォーマーの最新作が公開されたので観てきました。 タイトルはTransformers: Age of Extinction(邦題はトランスフォーマー・ロストエイジ)。 

早いものでトランスフォーマーシリーズももう4作目なんですね。。。


公式トレーラーはこちらから。



事前準備として軽くストーリーを確認したところ、前作から4年後の設定になっているらしく。 それ以外には人造トランスフォーマーの大量生産に成功して。。。ということでおのずとトランスフォーマー対人造トランスフォーマーの映画だなということに。

前3作で主演を務めたシャイア・ラブーフは今回から出てないですが、監督は同じ。 3時間というちょっと長めの設定になっているのは果たして。。。? という気持ちで観に行きました。

結果は。。。 orz


新たにダイノボット(恐竜に変形するトランスフォーマー)が出てきたのはファンとしては嬉しいところですが、3時間同じシーンを繰り返し観ているようで途中で飽きました。 なんかポイントが掴みきれていない、ダラダラした感じと言えば良いのでしょうか。 もちろんアクションシーンなんかは迫力があって毎回違うんですが、ツッコミ入れられる要素が満載というか。。。

最初の方で仲間(人間)が死ぬのも理解出来ないし。。。 あそこで殺す必要はあったのだろうかと。

アメリカでもやっぱり評価は低いし、観る価値なしというレビューが多くありますが私も同様。 今年観た映画の中では1位、2位を争うぐらいつまらなかったかな。。。 

日本では8月8日に封切り。 

私は次回作に期待。


0 件のコメント: