6.10.2014

イギリスにやって来た!! ⑪


イギリスにやって来た!! ① 

イギリスにやって来た!! ②

イギリスにやって来た!! ③

イギリスにやって来た!! ④

イギリスにやって来た!! ⑤

イギリスにやって来た!! ⑥

イギリスにやって来た!! ⑦

イギリスにやって来た!! ⑧

イギリスにやって来た!! ⑨

イギリスにやって来た!! ⑩

の続き (≧∇≦)

で今回が最後!! (≧∇≦)

1週間に渡るイギリス滞在もいよいよ終焉を迎えようとしています。 ロンドン市内でもそこそこ美味しいというレストランで最後のランチにすることにしました。 店の名前はCafe Rouge。


ランチは12時からオープンとのこと。 11時45分に入店し、15分ほど待たされました。


こちらはメニューの一部。


10ポンドという値段に見慣れ、不思議と高く感じなくなってきているところが怖いです。 私はCroque Madameを注文することに。 9.15ポンドなり。

店の反対側はこんな内装です。


外には風船が飾られていました。


こっそりとチョリソー(?)を注文していてくれたみたいです。


ちょっとピリ辛で美味しかったです。

そしてCroque Madameはこんな料理。


ハムなどのお肉を挟んだ2枚のトーストの上に目玉焼きが乗った、朝食用なのか昼食用なのか良く分からない料理です。 日本人はホントにタマゴが好きだねって知人に笑われました。。。 (^^;)

断面図はこんな感じになっています。


まぁ食べ終わったあとにこれで9.15ポンドは高いなって改めて実感しましたけれども。。。 これで1,700円相当って高いですよねぇ。。。

Cafe Rougeの前には高級デパートがあり、その近くにはLadureeという高級マカロンで有名な店が。。


こんな自転車1台でも何だか映える感じがします。


こういう景色を撮るとやっぱりロンドンにいるんだなって気にさせられます。


こちらは超高級デパートらしいです。


中にはダイアナを追悼する記念碑がありました。


超高級デパートですから、周りには超高級車がズラリと並んでいました。 ポルシェやベンツなんかはもう一般車レベルです。 ランボルギーニも普通に駐車。


ランボルギーニの前にはロールスロイスが停まっていたのですが、更にその前には世にも恐ろしい車が停まっていました。


ブガッティ!!!!


ランボルギーニやロールスロイスでさえも霞んで見えるブガッティ。 肉眼で見たのは始めてですが、この車を見ればベンツなんてただの乗用車レベルですね。 ブガッティ、なんと3億円ぐらいするらしいですよ。

そうこうしているうちにタイムアップ。 ニュージーランド航空でアメリカに戻る時間がやって来ました。


機内食はビーフカレー。


更にはタマゴサンド。


よっぽどのことがない限り、ロンドンに足を運ぶのはもうないかなぁっていうのが個人的な感想でした。

ロンドンの悪いところ:
・ 物価がとにかく高い
・ いつも雨が降っている
・ レストランなどの接客態度はアメリカ以上に最悪
・ 食事はまだまだ改善の余地あり
・ 人種差別の傾向が未だ拭えない

ロンドンの良いところ:
・ 緑が多く、自然にあふれている
・ 羊、馬などたくさんいる
・ 歴史的建造物が見える
・ たまに変わった苗字の人とあえる(前日の投稿参照)

0 件のコメント: