5.20.2014

シーザーサラダ発祥の地で伝説のシーザーサラダを食べてきた!!


シーザーサラダが実はメキシコ・ティファナで生まれたという事実を知っている方は少ないと思います(私もその中の1人でした)。

Wikipediaによると、1924年7月4日、ティファナのシーザーズ・プレイスのオーナー(イタリア系移民)が作ったのがその始まりと言われています。 当時のアメリカは禁酒法でアルコールが飲めずに(そんなところ住みたくないな)、ティファナはアメリカ人にとって歓楽街として利用されていたらしいです。 独立記念日の7月4日にありあわせの材料で作ったのがそのシーザーサラダであり、やがてアメリカに持ち帰られて有名になったという話みたいですね。

そう言われてみると、ティファナに行くとよくオリジナルシーザーサラダがどうのこうのって書いてある店が多くあることを思いだしました。 じゃあせっかくだから本場でシーザーサラダを食べるかっ!と思い立ったのが今回のきっかけです。

相変わらずの歩いて国境を渡る制度に変わりはありませんが、メキシコのお祭りシンコ・デ・マヨの前日であったせいか、警備員が普段よりも多く感じました。

先ずはアーチ目指して歩き続けます。


あ、そうそう。 結構治安悪そうなところを歩きながら、客引きにも遭いながら向かうわけですが、やっぱり治安はあまり良くないんだなぁって思って歩いてくださいね。 危ない目にあったことはないですが、用心に越したことはないですから。

そして大きなテキーラボトルがあったので一応。。。


メインの通りに着くと、普段よりも賑わっていました。


あ、こっちの写真です。


どうやらメキシコ人によるハーレーのお祭りが開催されていたみたいです。


でかくて格好良いなー♪


なんて思って歩いているところ、お目当てのレストランにたどり着きました。 ホテル・シーザーズ


到着した時はまだオープン前でしたが、陽気なメキシコの方々はどうせもう少ししたらオープンするんだし、もう開けてあげるよって感じで開店準備を始めていました。

そしてこちら。


日本語でも伝説のシーザーサラダと記載がある通り、どうやら1924年始めてシーザーサラダを作ったシーザー・カルディーニに間違いないようです。

店内は良い雰囲気です。




ビールで乾杯♪


こちらはメニュー。


ん? 1924年に始めて作ったはずですが、メニューには1927年。。。 疑っても仕方ない。 ここが伝説の店なんだと言い聞かせてメニューを開きます。


オリジナルシーザーサラダ、95ドル!?

と思うのは毎回のことで、表記はペソ(1ドル大体12~13ペソぐらい)。 ですので7~8ドルぐらいと考えれば良いと思います。

注文し終わるとパンが運ばれてきます。


マスタードソースが最高でした♪

そしてシーザーサラダはなんとその場で作ってくれます。


スパニッシュは話せますか?と聞かれ、Noと答えると英語で説明してくれました。


アンチョビ、マスタード、オリーブオイル、ウスターソース、ライム、ニンニクをボールの中に入れて混ぜ混ぜ♪

そしてタマゴの黄身を最後に加えて更に混ぜ混ぜ♪

クリーミーな仕上がりになったところでロメインレタスを投入です。


最後にパルメザンチーズをかけて、クルトンを添える。 2人で分けますと伝えたので、2枚のお皿に分けてくれました。 こんなのです。



ビバ! メヒコー!!

冗談抜きでホントに美味しいですよ、このシーザーサラダ。 なんといっても口に広がる濃厚なドレッシングに卵黄の味がしっかりと残るように仕上がってます。 シーザーサラダってこんなに美味しかったんかーって納得の一品です。

ちなみに。。。 シーザーサラダ1つだけ注文するのも申し訳なかった(日本人的感覚を一応持ってます)ので、Gambas Al Ajilloを注文しました。


エビとガーリックの風味が最高! パンに付けていただいても申し分ない味付けです。

さて、2品とビール計4杯で気になるお値段ですが。。。


合計22.65ドルなり~。

安い、本当に安いです。 ビールが2杯で43.10ペソってことは、1杯1.50ドルぐらいってことですよ。 

私たちはこれからフィッシュタコスを食べに別の店にハシゴします!!

0 件のコメント: