3.15.2014

世界のビール <その35> Primator Double Bock


新しくビールを飲みました。

今回は北米から遠く離れたヨーロッパはチェコ共和国のビールをご紹介です。 こちら。


Pivovar Náchod a.s.が醸造しているPrimator Double Bockというビール。 醸造所がそもそもなんて読むのかが分かりません。 そしてウェブサイトに行くといきなり見慣れない文字が。。。 (^^;) 18歳以上ですか?と聞いてくるのは数字上分かるのですが、回答はANOなのかNEなのか。 情報を仕入れようとしても何1つ分かりませんでした。

今回購入したPrimator Double Bockは500mlとビールにしては少し大型。 購入額は1本2.99ドルと普段購入するビールに比べるとちょっと高め。 でも評価は高いし、なんといってもアルコール度数が10.5%という驚異の数字。 普段飲んでいるビールが1缶1ドル、350mlで5%とかんがえると、少ない量でアルコールを多く摂取出来るというところでしょうか。

開栓して専用のグラスに注ぎます。


え? コーラ。。。!?

と思わず見間違ってしまうほどの色。 そして何とも言えない甘~~~いキャラメルモルトの香り。 更にこの甘い香りはチョコレート? あまり嗅いだことのないビールの香りがしたというのが第一印象。

一口飲んで驚きが増しました。 

甘い!! 

香りの通りだけど甘い!! 

甘い以外に発せられる言葉がないほど甘い!!

それに尽きます。

今まで色んなビールを飲んできましたが、このテイストは初めて。 ビールは苦いものという潜在意識があるため、最初から最後まで受け入れがたい罰ゲームを受けているようなそんな印象でした。 次回飲むときは甘いビールもあるんだなと思って飲むように心がけます。

評価 2.9 / 5.0


0 件のコメント: