2.14.2014

面倒だけど小銭の両替をやってみた!!


だいぶ前の話ですが、小銭両替におけるアメリカの銀行の融通の利かなさって言ったらもう。。。という題材で取り上げたことがある小銭の両替。 こんな何の変哲もないラッピングペーパーに包んで銀行に持って行かなくてはいけないわけですが。


待ってても誰もやってくれないし(当たり前か)、空いている時間を使ってやってみることにしましたよ。 先ずは1セント、5セント、10セントにそれぞれ分けます。


1セントと10セントはそれぞれ1つのラッピングペーパーに50枚ずつ、5セントは40枚ずつ入れていきます。 そしてこんな感じで完了!!


実に49ドルになりました!!

これを銀行に持って行くわけですが。。。 アメリカの銀行の適当さって言ったらこれまた不思議な感じで。 そもそも透明じゃない紙に包んでどうやって中を確認するのかなって思ったわけですが、確認することなくそのまま換金。

10セント用のコインに1セントを混ぜて出しても何1つ分からないじゃない。。。 そういえばたまに両替に行くと他の硬貨が混じっていることとかもあったな。 

この辺りの適当さがアメリカの良いところなんでしょうか。 不思議です。


0 件のコメント: