12.25.2013

レギュラーシーズン残り2試合! 第16週ブロンコス対テキサンズ

注意: 明日より日本旅行記を出来る限りアップしていきます。

レギュラーシーズンも残すところあと2試合となりました。 15週でチャージャースにまさかの敗戦を喫し第1シードが危うくなりましたが、仲良くペイトリオッツも敗戦してくれたこともあり、未だ1位をキープしている我がブロンコス。

第16週では2連勝のあと12連敗と去年地区優勝を果たした強豪チームとは思えないチームに成り下がってしまったテキサンズとの対戦です。

ブロンコスはオフェンス陣ではWRウェス・ウェルカーがアウト。 代役のアンドレ・カルドウェルに期待がかかります。

前半最初にタッチダウンを上げたのはエースWRのデマリウス・トーマスでした。


フィールドゴールの打ち合いばかりで前半終わって16-6とあまり点差が開いていません。 そして後半始まるや否や、タッチダウンを決められて16-13と接戦モード。 12連敗中のチームに負けたら恥ずかしいです。。。

地上戦ではノーション・モレノが牽引。



5年目にしてようやく1,000ヤードを突破しました。

そして10TDを上げているブロンコスの4オフェンス陣(デマリウス・トーマス、ジュリアス・トーマス、ウェス・ウェルカー、ノーション・モレノ)に遅れを取っているエリック・デッカーはと言うと。。。


本日2TDを決め、10TDの仲間入り。 これで5人目となりました。

ここでマニングが50TDを決め、記録保持者ブレディと並びました。 あと1つ。。。 その記念すべき記録を破るTDパスを受けたのはこの人でした。


ジュリアス・トーマス(写真はタッチダウンを決めた時のものではありません。。。)! 

51TDを決めたマニング最高です!!


ディフェンス陣も頑張ってました。


後半、流れをかえてくれたのがこの人、マイク・アダムスでした。


値千金のインターセプトで一気に流れが変わった、そんな感じです。

マニングの記録更新と勝利で喜ぶジョン・フォックスの姿も。



AFC西地区2位に位置していたチーフスが負けたことにより、ブロンコスの地区優勝が決定となりました。 そしてワイルドカードのプレイオフは今年もなし、ディビジョナルからの参戦です。

来週レイダース戦にブロンコスが勝てば文句なしの第1シード確定、ペイトリオッツが負けても第1シード確定です。 でも。。。悪いニュースも1つ。 LBボン・ミラーがシーズンエンド。。。 スーパーボウル制覇には絶対に必要な守備の要がいなくなり、不安は募るばかりです。


0 件のコメント: