11.27.2013

AFC第1シード獲得目指し、対決! 第12週ブロンコス対ペイトリオッツ


2週続けてサンデーナイトの試合となったブロンコス。 今回の対戦相手は敵地で行われる常勝チームのペイトリオッツ戦。 寒さに弱いと言われる(そう感じているだけ?)のQBペイトン・マニングがどこまで結果を残せるか。 注目の一戦は意外な方向でスタートしました。


LBボン・ミラーがファンブルリカバー。


からのタッチダウン!!

トム・ブレディをサックしてファンブル誘発。


DTテランス・ナイトンがきっちりリカバー。


空中戦を得意とするブロンコスですが、今回は徹底してランで攻め立てました。


ノーション・モレノが。


モンティ・ボールが。

前半マニングが決めたTDパスはTEジュリアス・トーマスに代わって出場となったジェイコブ・タメのみ。


前半終わって24-0と今日は圧勝だなと思っていたのですが。。。

後半からCBドミニク・ロジャース・クロマティが怪我で出場不可となってから流れが変わりました。 相手TDを足掛かりに、モンティ・ボールがファンブル。 更にはマニングがインターセプト。 などなど。

気付いたら24-31と逆転される展開に。 それでもQBマニングは最後まで奮闘してくれました。



エースWRデマリウス・トーマスにTDパスを通し、なんとか同点。 勝負の行方は延長線に突入。

一進一退の攻防が続いていましたが、CBトニー・カーターの凡ミスにより13ヤードラインからの相手の攻撃となり万事休す。

背の高いQBブルック・オズウィラーがFGブロックに入りましたが、それでも届かず。。。


結局24点差を逆転され、31-34で敗戦。。。

去年のレイブンズとのプレイオフ戦を彷彿させる展開で終わりました。 ブロンコスは寒い地だと本当に勝つことが出来ないのか。。。 今年のスーパーボウルは極寒の地で行われます。 もしスーパーボウルに出場したとしても。。。敗戦してしまうのでしょうか。

この試合、敗戦になったもののそれでもまだ首位を走る我らがデンバー・ブロンコス。 これから1回も負けなければ良いだけさ。 来週も頑張って応援しよっと。


0 件のコメント: