11.02.2013

コロラド3泊4日1人旅に行ってきた! ② ~ウィスキー工場見学編~


コロラド3泊4日1人旅に行ってきた! ① ~出発編~

の続き (≧∇≦)

14時に予約していたウィスキーツアーに参加するため、Stranahan'sという店にやってきました。


中では食事も摂れるようになっています。 ツアーまでしばらく時間もあるので昼食を済ますことにしました。





店内もなかなかのハロウィン仕様になっています。 

コロラドに来たらやっぱりコロラドの地ビールを飲まないと始まりません。 ということで、IPAを選択。


食事は何にするか迷った挙句、コロラド牛を使っていると書いてあったChiliを選択することにしました。


チリはあまり好きじゃないんですが、こういうところに来た時にしか食べないですからね。 思った以上に辛かった印象です。

さて、2時になると入り口に人だかりが。 ウィスキーツアーに参加される方々です。 1人参加の私はカメラを首からぶら下げ、いつでも写真を撮れる準備に入ります。 入る前にIDチェックがあり、中へ進みます。


今回ガイドをしてくだったのはこの女性。


真剣に話を聞いている人は皆無に等しく、いつになったら飲めるのかなぁとソワソワしている人たちばかりです。



ウィスキーを作る工程など丁寧に説明してくださりました。 でもあまり覚えてません。。。 (^^;)




バレルの中はまだ眠らせる必要があるウィスキーですね。 5年は熟成させるらしいです。

ラベルをわざと斜めに貼るのはStranahan'sならではの方法らしいです。


一通りの説明が終わってようやく試飲会。


グラスにストレートでウィスキーを注いでいきます。


正直なところ、私ウィスキーはそこまで詳しくありません。 軽く口に含み、舌先で転がすように飲んで見てくださいと言われその通りに。 

うまーい! これがコロラドのウィスキーか!?っていう感想は残念ながらなく、熱いものが喉を通って行くアルコール度数の高いちょっと美味しいウィスキーかなって感じでした。。。


光に当ててみてくださいということだったので言われる通りに。


ごめんなさい、キレイに写る以外に変化が分かりません。

この後に水を足してもらい味の違いを楽しみました。 が、やっぱり普段から色々と飲み比べていないウィスキーについてうんちくを語れる程の技量は私には持ち合わせてないことを改めて実感しました。

続く。


0 件のコメント: