10.31.2013

AGTのイベントでGreek Theaterに行ってきた!!


日本人が優勝するという、あれほど熱狂させてもらったAmerica's Got Talentのツアーがロサンゼルスにやって来るということで参加してきました。 まさにミーちゃんハーちゃんという言葉がぴったりな私たち。 

Greek Theaterで行われるそのイベント。 前日にチケットを購入という今回またしても無計画で突入しました。 グリフィスパーク近くにあるそのグリークシアターですが、パーキングは20ドル程度と高め。 でも遠くに停めて歩いて行く程の余裕はないので渋々支払います。

入場する時に当然のことながらセキュリティチェックがありました。 

警備の方 「このタイプのカメラは持ち込めません。」 

私 「え!? ( ゚д゚)」

そう、こういったイベントごとではたまにレフの持ち込みは禁止されるんです。 開演間近だというのに妻を先に行かせ私は車まで一旦戻り、再度カメラを置いてようやく中に。 仕方ないので携帯で写真撮ることにしました。


携帯カメラは良くてレフはダメっていうその規則が良く分かりませんよ。 携帯だってそこそこキレイに撮れるのに。 

今回のパフォーマーはこの方々でした。

Tone The Chiefrocca
The KriStef Brothers
Collins Key
Cami Bradley
Jimmy Rose
Taylor Williamson
Kenichi Ebina

着席して5分も経たないうちに開演となります。


私たちが入手したチケットはセクションCというまぁお安い席です。 なのでステージまではかなり遠い。 レフだったらもっとズームとかで撮れるのに残念。。。 


ケンイチ・エビナさんの出場はまだかなぁと楽しみにしていたのですが、出てくることなく休憩に入りました。


どのパフォーマーもテレビで見たのと似たり寄ったりの内容でそこまで新鮮さはなく。 あー、やっぱりこんな程度かぁなんて思っていました。 それとMCがいないこともあり、淡々と進んでいく感じです。

途中休憩が終わった後、パフォーマーたちの2回目の公演が始まります。 ケンイチ・エビナは。。。?

待ちに待たされ、ようやく一番最後のオオトリで1回だけパフォーマンスをしてくれた蛯名健一さん。 America's Got Talentでは披露しなかったマイケル・ジャクソンのダンスなども取り入れて魅せてくれました。 同じパフォーマンスではなくて、それ以上のものを出してくるってやっぱり優勝者は違うなって感じです。 その姿勢は何においても見習いたいところ。

1回のパフォーマンスでしたがそれでも十分満足な内容でした!!


来て良かったと思える内容でした。 録画は禁止と書いてあったのでここで紹介出来ずに残念ですが、Youtubeとかで落ちていたらまた貼っておきます。


Greek Theater、屋外で寒かったですが最後の最後がとにかく楽しめたので良いイベントでした。

0 件のコメント: