10.16.2013

6連勝へ視界良好! 第6週ブロンコス対ジャガーズ


第5週では接戦をモノにし、なんとか5連勝を飾ったブロンコス。 第6週では5連敗中のジャクソンビル・ジャガーズと対戦。 力の差は歴然で、油断さえしなければ圧勝間違いなしと思っていました。

今回テレビ放送がなかったためにスポーツバーにて観戦。

最初に得点をあげたのはこの人。


TEジュリアス・トーマス。 

そして危なげもなく、今度はWRウェス・ウェルカーがタッチダウン。



これで14対0とここまでは良かった。。。

そしてこの試合から復帰したCBチャンプ・ベイリーの姿も。


第2Qに入ると、2回のFG、更にはマニングからのインターセプトタッチダウンで14対12と予想に反して接戦に。



今回はパス42回中28回成功、295ヤード2TDに1INTという内容。 前半の2TDのみということになりますね。

空中戦が不発であれば地上戦はどうかと言いますと。


ドラフト加入のモンティー・ボールは落球が目立ち。。。


去年ドラフト加入のRBロニー・ヒルマンはロストにはならなかったもののファンブル。。。

となるとやっぱりエースRBのノーション・モレノが。




走っては15回42ヤードに3TDという脅威のタッチダウン量産。 レシーブも7回62ヤードと申し分なし。 

終わってみれば35対19で6連勝達成となりました。

第7週は敵地で我らがQBペイトン・マニングが所属していたインディアナポリス・コルツとサンデーナイトで激突します。

パスディフェンスがワーストと不安があるブロンコスではありますが、この試合からいよいよ頼れるLBボン・ミラーが復帰予定。 アンドリュー・ラックをサックするシーンが多く見られることを期待しますが、ここで負けると痛いところ。 オレンジクラッシャーたちの復活に期待です (とは言っても次戦はオレンジ着ないか。。。)


0 件のコメント: