10.01.2013

記録更新中!! 第4週ブロンコス対イーグルス


ブロンコスのオフェンスを止めるチームはどこになるのか? おそらくその相手は今週対戦したイーグルスではないでしょう。 とにかく強い。 それ以外に言うことはありません。

今回残念なことにゴルフとバッティングしてしまい、試合自体は観れず。 終わって直ぐに駆けつけた時には既にこの人が投げてました。


2番手QBのブルック・オズウェイラー。 

点差があまりにも開いたために(イヤミじゃないよっ!!)第4Qから我らがQBは下がってしまったみたいです。



我らがQBペイトン・マニングはこの試合で34試投中28回成功、327ヤード獲得の4TDとまたしても抜群の安定感を見せました。 開幕からの4試合で16TDは過去最多記録。 このペースが続いたら単純計算で64TDパスに。。。恐ろしいです。

もうね、オフェンス陣に関しては言うことは特に見つからないです。 だって毎回言うこと一緒なんですもん。。。


TEジュリアス・トーマスは4回レシーブ43ヤード獲得。



WRウェス・ウェルカーは7回レシーブ76ヤード、2TDを記録。


スペシャルチームではトリンドン・ホリデーがキックオフリターンTDを決めたり。



地上戦ではノーション・モレノがラン12回78ヤード、1TDを記録。 デッカーと喜ぶ姿も。


そのWRエリック・デッカーはレシーブ5回88ヤードを。



更にWRデマリウス・トーマスは9回レシーブ86ヤード、2TDを記録。

終わってみれば52対20で快勝!! 52点は最多得点記録らしいです。 もうこのオフェンスは誰も止められないですよ。 まぁ同地区にいる赤いチームがディンフェスが良くて嫌な存在ではあるものの、あと数試合もすればLBボン・ミラーも帰ってきますし、そうなったら怖いものなしかなって印象です。

今年はいよいよスーパーボウルでブロンコスの勇姿が観れるのかなぁ。。。 長いこと遠ざかっているので、そろそろ出場してくれても良いと思っていますけれども。 

次週は敵地でカウボーイズと対戦です。

0 件のコメント: