9.13.2013

【アメフト】 第2週プレビューとファンタジー結果


開幕戦で記録タイの7タッチダウンパスを成し遂げた我らがQBペイトン・マニング。 第2週ではなんと兄弟対決が実現となります!! 兄弟対決とは言うものの、QB同士ですから同じフィールドに同時に立つことはないのですが、それでも日曜日の昼間に組まれたこの試合は注目度も高いことでしょう。 

【ブロンコス】

空中戦ではデマリウス・トーマス、エリック・デッカー、ウェス・ウェルカーという破壊力満点のトリオWRが。 そしてTEジュリアス・トーマスを絡め、変幻自在な空中オフェンスを展開するものの、地上戦ではモレノ、ヒルマン、ボールの3人併用プランが功を奏するのか、或いは誰かが抜き出るのかが見もの。

ディフェンスでは守備の要ボン・ミラーは6試合出場停止、不動のCBチャンプ・ベイリーも怪我で出場微妙な状況。 チャージャースから加入のショーン・フィリップスが前回の試合で2.5サックを記録しましたが、マッチアップの相手がマイケル・オアーの代役であったことから、今回のマッチアップに期待がかかります。

【ジャイアンツ】

マニング弟が牽引するものの、サンデーナイトでの対カウボーイズ戦では6ターンオーバーを喫する結果に。 それでも450ヤード、4TDを決める実力はやはりマニングと言うべきところでしょうか。 ジャイアンツのWR陣は長身が多いこともあり、ブロンコスのディンフェスがしっかりとカバー出来るのかが気になるところ。

怪我人続出のRB陣も昔所属していたブランドン・ジェイコブスと再契約するなど立て直しを図っているようです。

【総評】

過去2回対戦し2回とも勝っているマニング兄。 今回もブロンコスに勝利を導いてくれるに違いありません。 35対24ぐらいかなと予想しています。

さて、ここからはファンタジー第1週の結果に関して。 リーグBGL内、我がLA Penguins初戦は。。。


ベンチにいる選手が大活躍!! 総得点101点でベンチが77点ってどんなチームなんだって感じですが、対戦相手に僅差で負けを喫して黒星スタートとなりました。

一方優勝すれば300ドル近くもらえるSaitama Penguinsでは。。。


ベンチの得点が更に増えて88点という。。。 合計だったら200点ぐらい取ってるチームですよ? 爆発してくれた選手が2名いたので111点獲得出来たものの、シーズン序盤ということもありもう少し辛抱が必要となりそうです。 ちなみにこちらは対戦相手に恵まれて白星スタートとなりました。

先ずはジョシュ・ゴードンが帰ってくる第3週まではなんとか乗り切らないといけません。 爆発力が高いRB陣を所持しているので、2枠のWRをどう乗り切っていくかが勝負の決め手になりそうです。

来週も頑張ります~。


0 件のコメント: