8.27.2013

2013年ファンタジードラフト終了!


あと2週間もするとこのブログは毎週2回のアメフト更新が行われるようになります。 全く興味ないお方には大変申し訳ないですが、たまーに流し読み程度に見ていただけましたらありがたく思います。 引き続き旅行関連やレストラン情報も載せてまいりますのでどうかお付き合いください。 m(_ _)m

さぁ、というわけで今日は先日行われたファンタジーフットボールのドラフトに関して。 ファンタジーフットボールとは何ぞや!?というお方はまぁ普通に自分がチームのオーナーになって選手を運営するゲームだと思ってくだされば宜しいかと思います。

私は2つのリーグに所属していまして。 日本在住のアメフト大好きな人たちによるリーグ、私のチームはLA Penguins。 そしてアメリカ在住のアメフト好きな人たちのリーグによる、我がSaitama Penguins。 

いかに効率よくいい選手を取っていくかがドラフトのポイント。 ドラフトまでの時間、私はチームオーナーとして、先ずは選手の情報収集から始めています。 こんなサイトこんなサイトこんなのを参考にしながら、自分なりの構想を練ります。

先ず一番大事なのはBYEウィーク被りを極力なくすこと。 主力選手が2人、3人BYEウィークで重なっているとその週は戦力半減。 なのでできる限り散らせると良いです。 

それとブロンコスと対戦するチームの選手は上位指名しないこと。 上位指名の選手は基本的に毎週のように試合に出します。 それが例えばチーフスやチャージャース、レイダースから主力選手を取ってくるとブロンコスとの対戦の2試合はベンチに温存、更にBYEウィークを考えると3週もベンチで過ごすことになるわけです。 これは勿体無い。 出来る限り別地区から獲得を目指します。

この2点を中心に、自分なりにリサーチして順位を付けていきます。 そして練習でモックドラフトを30回近く行い、自分の指名順位で大概どんな選手が残るのかを想定し、その時その時の指名時に残っている最良の選手を指名していくのが私のやり方です。 その結果、今年はこんなチームになりました。

LA Penguins所属選手はこちら(括弧の中の数字は指名順)。

R1 (8) RB C.J Spiller -- BUF
R2 (13) RB Trent Richardson -- CLE
R3 (28) RB Matt Forte -- CHI
R4 (33) QB Colin Kaepernick -- SF
R5 (48) TE Jason Witten -- DAL
R6 (53) WR Pierre Garcon -- WAS
R7 (68) WR Jordy Nelson -- GB
R8 (73) WR Kenbrell Thompkins -- NE
R9 (88) QB Tony Romo -- DAL
R10 (93) RB Andre Brown -- NYG
R11 (108) WR Josh Gordon -- CLE
R12 (113) D/ST Broncos -- DEN
R13 (128) K Phil Dawson -- SF
R14 (133) D/ST Rams -- STL
R15 (148) TE Julius Thomas -- DEN
R16 (153) K Steven Hauschka -- SEA

R1からR4まで:
RBとWRを積極的に補強します。 私の中で今年のRBにランクを付けるとエイドリアン・ピーターソン、マーション・リンチ、ジャマール・チャールズ、C.J.スピラー、ダグ・マーティン、トレント・リチャードソン、レイ・ライス、アリアン・フォスターの順番。 チーフス所属のチャールズは当然候補から外し、全体8位でラッキーにも残っていたスピラーを、13位でも更にラッキーに残ったリチャードソンを獲得。 

R3での構想はWRの獲得。 もしここにTEジミー・グラハムが残っていれば取得しますが当然取られていたのでWRを。 ところがR3で指名するべきWRがいなかった。。。 仕方ないので3巡でもRBを指名。 マット・フォルテがここに残っていたのも素晴らしい。 今年の3人先発RBが3巡までに確定しました。

R4では更にRB指名の予定でしたが3巡で獲得しているのでここはまだ獲得していないWRを。 ところが該当者がいない。 また他オーナーのQB指名が多く、既に取られそうな予感がしたのでコリン・ケイパーニックをここで指名。 RGIII、ペイトン・マニング、ケイパーニックが同等5巡相当と考えていて、残っていたのが彼だったのでやむなし。 他の参加者が気を利かせてここまでマニングを残しておいていただけると思っていたのですが。。。(ボソボソ)

R5からR8まで:
先発WRとTEを補強します。 5巡では早い補強ですが、あえてTEジェイソン・ウィッテンを指名。 ジミー・グラハム、トニー・ゴンザレス、ヴァーノン・デービス、ジェイソン・ウィッテン、アントニオ・ゲイツの順番。 既に2人は取られていて、デービスとウィッテン悩んだのですが、デービスはBYEが9週。 ベンチに入れる予定だったTEもBYEが9週だったのでウィッテンを選択。 5巡目では早い指名です。

6巡、7巡ではピエール・ガーソン、ジョディ・ネルソンを指名。 8巡では奇襲の指名。 今年ブレイクの予感を感じされるケンブレル・トンプキンス。 10巡ぐらいで指名したかったのですが、WRの駒が少ないことを考えるとこれもやむなし。

R9からR12まで:
バックアップのQBを優先的に指名します。 バックアップに最高と考えていたのがアンドリュー・ラック、トニー・ロモ。 ロモが残っていたのでここで指名。 

10巡、11巡ではベンチ温存のRB、WRを指名。 アンドレ・ブラウン、ジョシュ・ゴードンの選択肢は最高でした。

12巡でいよいよディフェンスを選択。 私の今年の予想は、49ers、テキサンズ、ペイトリオッツ、スティーラーズ、ラムズ、シーホークス、ブロンコスの順番。 まだ幾つも残っていたのですが、ブロンコスの選手を指名しないのも何なので、とりあえずブロンコスのディフェンスをここで選択。

R13からR16まで:
13巡では最初のキッカーを選択。 49ersのキッカーの正確無比なところは獲得に値します。 それとボールが良く飛ぶ地理を生かしたデンバーのKマット・プレイターも点数稼ぎには持ってこいですが、既に取られていたのでフィル・ドーソンを指名。 

14巡でラムズのディフェンスが残っていたのでここで獲得、バックアップのTEは今年ブレイクしそうなジュリアス・トーマスを。 最後はバックアップのKを指名となりました。

評価としてはB+ぐらいでしょうかね。 ワイドレシーバーをもうちょっと強くしたかったという印象です。

一方のSaitama Penguinsは以下の通り。

R1 (10) RB C.J Spiller -- BUF
R2 (11) RB Trent Richardson -- CLE
R3 (30) TE Jimmy Graham -- NO
R4 (31) WR Demaryius Thomas -- DEN
R5 (50) QB Robert Griffin III -- WAS
R6 (51) RB Reggie Bush -- DET
R7 (70) WR Pierre Garcon -- WAS
R8 (71) RB Daryl Richardson -- STL
R9 (90) WR Josh Gordon -- CLE
R10 (91) WR Kenbrell Thompkins -- NE
R11 (110) Phil Dawson -- SF
R12 (111) D/ST Steelers -- PIT
R13 (130) K Steven Hauschka -- SEA
R14 (131) TE Julius Thomas -- DEN
R15 (150) D/ST Chiefs -- KC
R16 (151) QB Philip Rivers -- SD

基本路線はあまり変わってないですね。 

R1からR4まで:
1巡、2巡はLA Penguinsと同じ。 3巡でラッキーにもTEジミー・グラハムの獲得に成功、4巡まで奇跡的に残っていたデマリウス・トーマスもありがたい存在です。

R5からR8まで:
RGIIIしか選択肢がなかったので指名、6巡ではレジー・ブッシュの獲得が出来ました。 7巡目にピエール・ガーソンを、8巡目では今年大ブレイクが期待できるダリル・リチャードソンを獲得です。

R9からR12まで:
ジョシュ・ゴードン、ケンブレル・トンプキンスの獲得は変わらない戦術。 Kが早くも取られ始めていたので11巡で指名してみました。 12巡ではスティーラーズのディフェンスを獲得。 

R13からR16まで:
バックアップQBもこのあたりで欲しかったのですが、既にどんぐりの背比べ的なものしか残っていなかったので作戦変更し、先にシアトルのキッカー、スティーブン・ハシュカを指名。 14巡ではジュリアス・トーマスを。 15巡ではあまり知名度はないものの対戦相手の有利さからチーフスのディフェンスを選択です。 16巡最後に指名したのはバックアップQBとしてフィリップ・リバース。 これはチャージャースの大ファンが取りそこねたようなのでトレード要員としてキープ。

こちらの方が狙い通りに選手を獲得出来たのでチームの具合としては良さそう。 文句なしのA評価のドラフトです。

さて、今年は両リーグで優勝目指し、頑張ります!!


0 件のコメント: