7.13.2013

聖地巡礼!! 久しぶりにホームで試合を見てきます!!


先日我がデンバー・ブロンコスのチケットが発売となりました。 まさにノーブロンコス、ノーライフと言っても過言ではないほどの熱狂的ファンになってしまっている私ですが、そろそろ聖地巡礼に行きたいと思ってましてね。

ホームで試合を見たのは5年ほど前、対バッカニアーズ戦でした。 

当時はシャナハンが指揮を執り、ジェイ・カトラーが投げる。 WRにはブランドン・マーシャルやエディ・ロイヤル、ブランドン・ストークリー、RBではペイトン・ヒリスがブレイクしたような。。。? TEはトニー・シェフラーだったと記憶しています。

5年経った今、上記に挙げた人物は全てブロンコスを離れました。

その間色々なことがありました。

シャナハン解任後、ジョシュ・マクダニエルズが後任になり、QBはオートンに替わり、破竹の6連勝でいきなりやってくれるぞーと思ったらそこから悪魔の失速で8勝8敗。 翌年マーシャルと関係が悪くなり放出、ドラフトではティム・ティーボウを獲得。 そのシーズン中にマクダニエルズは解雇、成績は4勝12敗と過去最低。 

ジョン・フォックスが指揮を執った2011年シーズンは最初オートンが投げていましたが成績悪く途中でティーボウに変更。 そこから連勝を重ね地区優勝。 ティーボウイングが流行った年でした。

2012年シーズンはペイトン・マニングを獲得し、神の子ティーボウは放出、文句なしの地区優勝、第1シード獲得であったにも関わらず、僅差でレイブンズに破れて夢潰える。。。


そして今年。。。


ペイトン・マニングを見れるチャンスは限られています。 そしてブロンコスで王国を築いたマイク・シャナハンHCがレッドスキンズの若きQBロバート・グリフィンIII(RG3)を引き連れて帰ってくる!! その試合、どうしても観たい!!

取れたシートはビジター側の30~40ヤードラインの前から12番目。 シャナハンが指揮を執っている後ろ姿を見ながら、その視線の先にはペイトン・マニングやウェス・ウェルカー、デマリウス・トーマスを束ねるジョン・フォックスHC。 考えただけでもワクワクしちゃいます。

自分の席からの眺めというのがブロンコスのサイトに載っているんです。 最近のスポーツ関連のサイトでは良く見る3D技術の手法らしいのですが。 そちらによると。。。




めっちゃ前です!!

ブロンコスでは1シーズン1回のみに限り、半額でチケットが買えるシステムがあるんです。 なのでこの前から12番めの席も手数料やら何やら入れても100ドルちょっとでした!! あとは航空券の手配をして、久しぶりの現地観戦を楽しみにしたいと思います。 久しぶりの1人旅です。

10月27日前後、私はデンバーに向かいます。 理由は1つ。 ブロンコスのため!!

0 件のコメント: