6.03.2013

34歳の最後にもらったプレゼントはヘリコプターツアー♪


月もまたぎ長きに渡って書いていた私の誕生日記もこれで最後。 単焦点レンズが欲しいのとチャンネルアイランドに行きたいというキーワードから、色々と用意して楽しませてくれた妻。 最後はサプライズのプレゼントでした♪

カーナビで目的地まで進むと、そこにあったのは小さな空港。 ひょっとしてバンジージャンプか。。。 高所恐怖症の私を克服させるべく用意したのかも。 そんな不安がある中、少し歩くと目に見えてきたのはセスナ。 


やっぱりバンジーなのかぁぁぁぁ!!

と思っていましたが、実際はヘリコプターツアーとのこと。 ああ、バンジーじゃなくて良かった。 でもアメリカでヘリコプターツアーに参加すると、必ず誓約書にサインを求められます (日本もそうでしたっけ?)。 ヘリコプターに乗っている際に有事が起きても一切の補償はいたしかねますという内容です。 訴訟大国ですからね、やっぱり会社を守るためにそのような誓約は必要なのでしょう。

サインが一通り終わったところでヘリコプターに向かいます。



操縦者はアレックスという男性。 後ろに2人で乗るか、前と後ろで1人ずつ乗るかの選択肢が与えられます。 夫婦仲良く後ろの席で手をつなぎ、あ~キレイだね♪なんてセリフを交わし合い。。。ってことはなく、私が前で妻が後ろになりました (^^;)

後ろよりも前の方が写真が撮りやすい、更にヘッドフォンを付けるので会話は全てマイク越しに行うということでしたので、良いカメラを持っている私が少しでも良い写真が撮れるようにという妻の配慮です。

離陸前にマイクのテストなどを行い、いよいよ空に向けてしゅっぱ~っつ♪




えっと。。。 意外と揺れるんですけど。。。 

そんな不安をよそにヘリコプターはみるみるうちに高度を上げ、そして目的地を目指します。 海が見えて来ました。





途中鳥の大群を発見。 そこにはイルカの大群も。 どうやらエサのサバ(?)がこのあたりを回遊していたようです。


そして目指した場所はこちら。



前日に歩いたチャンネルアイランドのアナカパ島。 陸からだけでなく、空からもチャンネルアイランドを楽しませたいという想いからのプレゼントのようです。 その眺めはまさに絶景。




そしてアナカパ島だけでなく、前日に現地入り出来なかったサンタ・クルーズ島にもヘリコプターは向かってくれました。













なるべく反射していない写真ばかりを選んだつもりですが、それでもやっぱり反射してしまうのは残念なところ。 肉眼で見た景色はもっとキレイでした。

そしてたま~に見ることが出来るというクジラにも遭遇しました♪


なんと親子です!!



2頭で泳ぐクジラ。 操縦士のアレックスによると、親子が見れるのはラッキーだとのこと。 現にこの日数回に渡りツアーを催行したらしいですが、イルカもクジラも遭遇はしなかったらしいです。

そして約45分に及ぶヘリツアーは終わり、無事に生還。




空から見たチャンネルアイランドのヘリコプターツアー。 今年の誕生日は色々と手配してくれた妻に感謝です。 これは妻の誕生日には私も気合いれないとなー!

0 件のコメント: