5.17.2013

34歳の決意


早いものでまたしても歳を重ねる日となりました。

もう34歳。 若かった頃とは違い、守るべき人やものが出来、自分1人好き勝手出来る歳ではなくなりました。 同年代の友人たちは既に子どもができ、暖かい家庭を築き、きっと私以上に守るべき人たちがたくさんいることと思います。 

今年の目標に私は挑戦を掲げました。 挑戦と言いながら一体何か挑戦出来たことがあるかな?と振り返っても思い当たることはほとんどありません。 挑戦ではありませんが、たった1泊入院となったあの事件、ただの盲腸の手術ではありましたがあれはあれでいい経験でした。

ふと最近気づくことがあります。 もし自分が今死んだら果たして自分は幸せだと言い切れるのかと。 たかだか盲腸でしたが全身麻酔で眠らされ、目が覚めることなくそのまま植物人間になってしまう人も低確率ながらもいらっしゃるということを耳にしました。 そうなっていたら。。。自分の人生に悔いはないのか。 その答えは間違いなくNoです。 おそらく悔いても悔やみきれないことはたくさんあります。 それは残された家族のこともそうですが、自分自身の中でもまだ実現していない夢があることが理由の1つだと思います。

その時、その時にしか出来ないことっていっぱいあります。 歳を重ね続け、将来ヨボヨボのお爺ちゃんになった時に、隣に居るお婆ちゃん(今の妻ですね)に向かって、あの時はあれはあれで楽しかったな、と語れる思い出が幾つあることか。 若いうちだから出来る許される行為も歳を取ればあの時のことはいい思い出だって振り返れます。 でも。。。このまま35歳、40歳。。。と歳を重ね続ければ、いい大人がいつまでもダラシないなんていう社会的避難を浴びるようになるのも事実でしょう。 

そう考えると34歳って言うのは社会的な意味合いを含めてもラストチャンスなような気もしないでもありません。 守るべき家族がまだ1人のうちに、幾つか夢を実現させるべく動き出す必要があるのではないかと。

毎日を一生懸命生きながら、挑戦し続ける。 常に向上心を持ち続ける。 新たな気持ちとともに35年目を歩き始めたいと思います。

頑張ります。


2 件のコメント:

Liquidmoo さんのコメント...

Happy Birthday!!!
I hope U're happiness&healthiness
d(= = d )

ひろ さんのコメント...

Thank you, I would really appreciate your comment!!