4.19.2013

マジック・マウンテンに行ってきました!! ~Riddler, Green Lantern, Batman編~


マジック・マウンテンに行ってきました!! ~入園編~ 

マジック・マウンテンに行ってきました!! ~X2, Viper, Ninja, Superman編~ 
の続き (≧∇≦)

スーパーマンを乗り終わった後は、来た方向とは別の下り坂を降りて行きましょう。 そうするとまたしても左と右の分岐点がやってきます。 左に行くとゴーカートがあったり、以前であったらDejavu(デジャブ)という絶叫マシンがあったのですが既に取り壊され(2013年4月現在)、この周辺に絶叫マシンはありません。 なので右手方向に進むと良いと思います。 ちなみに余談ですが、左手に進むとバンジージャンプのようなもはや絶叫マシンとは言えない絶叫アトラクションがありますが、これは1人25ドル追加で取られます。 どうしてもやりたい方は行ってみましょう。

ということで、右手に進むと最初に出てくるのはこちらの絶叫マシン。 Riddler's Revenge (リドラーズ・リベンジ)。 


バットマンに出てくるリドラーの復讐というコンセプトですね。 ちなみにリドラーは悪役として強烈な印象を残したこともあってか、このようなマントを羽織る絶叫マニアも結構いらっしゃいました。


スタート地点はこんな感じです。



よ~く目を凝らして見ると分かるかもしれませんが、立ち乗りです。 ただし椅子の高さは自分で調整出来るようになっていますので、座った雰囲気で楽しみたい方は腰を下ろして、少しでも絶叫度を楽しみたい人は椅子がロックされる前にジャンプすると良いと思います。 完全に空中浮遊を楽しめます。


立ち乗りの状態でグルっと一回転したりとか、良くこんな絶叫系を考えた人がいるな、と。 ただただ関心です。


これは帰ってきた人たち。 残念ながらこのリドラーズ・リベンジは立ち乗りという要素を足してもそこまで怖くありません。 あまりにも待ち時間が長いようでしたら止めましょう。 ただ、乗り物的には面白くありませんが、最終的に一息付いたところで周囲の人たちの足元を見回してみましょう。 面白い光景が見れると思います。 全員かかとが浮いて、つま先立ち状態になっています。 踏ん張る力が作用しているのかな?と何となく分析。

そしてリドラーズ・リベンジの直ぐそばに比較的新しい絶叫マシンが出来上がっていました。 Green Lantern(グリーン・ランタン)です。


映画にもなっていましたよね? それに伴って新しく出来たアトラクション、現時点では2番目に新しい絶叫マシンだと思います。 

出発地点はこんな感じで座らされます。


ランタンのようにコロコロと回転するのがコンセプトですから、この4名の後ろには背中合わせで4名の方が座っています。 私はこの写真で言うと、右側の男の子の後ろ側に座っていました。




グルングルン回るこのグリーン・ランタン。 高所恐怖症の私にはTatsu同様あまり好んで乗るような乗り物ではなかったです。 着席してから絶叫が始まるまでの間、ほぼ直角に登っていくわけですが、私の席は空を仰ぐ側の位置ではなく地面を見ながら登っていきました。 ちなみに絶叫中は体重の重みなどで回る率も変わるようです。 逆さまの状態で帰ってきた人たちもいらっしゃいました (^^;)

そして本日の最後を飾るのはこちら、Batman(バットマン)。



言わずと知れた大人気のアメコミヒーローですね。 絶叫マシンとしての注目度は別としても、その人気の高さは周囲にいる人を見れば一目瞭然。 



バットマンのTシャツを着た男性、タンクトップを着た女性。 マントを羽織った男性などなど、とにかく多かったです。 こういう人たちを見ると、オシャレをしていったら完全に浮いちゃいますよね? だから汚れてもいいような服装が好ましいんです。 それ以外にもこんな服装の人たちばかりです。



カリフォルニアンは暑くなったらタンクトップにハーフパンツ、サンダルの出で立ち。 ちなみに海に行くとこのハーフパンツはスウィムウェアへと代わります。。。 更にはこんな人も。


何かの景品でもらったんでしょう。 こんなデカイのを渡してジェットコースターに乗らせようという経営側もおかしいとは思いますけど。。。

と、なんか脱線してしまったので話を戻してバットマン。 なんとなく暗い町並みを意識したのか、そのような場所で待たされます。 が、こちらもかなり古くからある乗り物なので15~30分程度の待ち時間が平均だと思います。


絶叫度はそこまで高くありませんが、コウモリを彷彿させるぶら下がり系の乗り物で、結構早いです。 コウモリになるっていうのはこんな感じなのかなと実感することでしょう。

最後にこちらは。。。



バットマンの愛用車!! ファンにとってはたまらないですよね。

と、今日はそこまで怖くない絶叫マシンを3つほど紹介させていただきました。 明日は最新のアトラクションを含めた2種紹介させていただいて、マジック・マウンテン記は終わりにしたいと思います。



0 件のコメント: