4.16.2013

マジック・マウンテンに行ってきました!! ~入園編~


久しぶりにシックス・フラッグス・マジック・マウンテン(以下マジック・マウンテン)に行ってきました (≧∇≦)

マジック・マウンテンをご存知ない方々のために軽く説明をしますと、普通の遊園地ならばメイン級に値する絶叫マシンを数多く集めた、まさに絶叫大好きな人たち向け、心臓の悪い方々は一切お断り!な遊園地です。 その凄さはまさに圧巻! 絶叫好きなら一度は絶対に行くべき遊園地だと私は思っています。 そんなマジック・マウンテンの攻略法、以前は年間パスも所持していた私がお教えしましょう! 幾つかに分けてお送りさせていただきますので、どうぞ最後までお付き合いください!! アトラクションに乗ったときの感想も簡単ながら付け加えちゃいますよー♪

さて、先ずマジック・マウンテンですがディズニーランドやユニバーサル・スタジオと違ってちょっと不便なところにあります。 ロサンゼルスから車で北上すること1時間ぐらい。 ツアーを取り扱っている会社はあるようですが、レンタカーで行くのが良いかもしれません。 そして大事なのは時期。 マジック・マウンテンがあるバレンシアという町は、夏はとにかく暑い。 日本の蒸し暑いとはまた違った暑さで、軽く脱水症状になりやすいです。 6月ぐらいからはとにかく暑くなりますので、6月から9月は避けた方が無難です。 かといって冬の時期は週末しかやっていなかったりすることもしばしば。 こちらのマジック・マウンテンに絶対に行きたいと思っている人は事前にウェブサイトをチェックするようにしましょう。

私が行ったのはちょうど学生さんたちの春休みと重なる4月6日の土曜日。 10時半開園と、休日にしてはちょっと遅いかなと思うような時間です。 駐車料金は1台につき17ドルとちょっとお高め。 入園料は64.99ドル。 サイトでお得なクーポンなどが発売されていることもあります。 私はサイトで購入して1人39.99ドルでした。 こちらも事前にチェックを。 なお、ディズニーランドのようなファストパスはマジック・マウンテンには存在しません。 追加料金を払ってフラッシュパスを購入するか、或いは長蛇の列に並ぶかの2択です。

現地に到着したのは10時ごろ。 まだ開園まで30分ほどあります。 荷物検査を受け、ボディチェックを受けます。 そしてゲートの前で待たされます。




開園を今か今かと待つ絶叫マシンマニアがいっぱい。 軽装な人が多く見受けられますが、絶叫マシンを楽しむにはそれが一番。 アメリカは特にファッションには疎い国ですから、オシャレをせずに汚れてもいい服装で行きましょう。

そうこうしているうちに10時半はやってきてゲートが開かれました。


アメリカでは走ってまで急ぐ人は皆無に等しいので、流れに沿って進みましょう。 ここで左回りと右回りの2択に迫られることになります。 このブログをご覧頂いている方々には声を大にしてどちらが良いか教えてあげたい。 

絶対に左回りで行きましょう!!

こちらは左回りを選択した方々。 


何故左回りが良いかと言うと。。。


X2という絶叫マシンが左回りを選択した時に最初に出てきます。 この絶叫マシン、富士急ハイランドにある【ええじゃないか】の改良バージョン。 これだけはとにかく待ち時間が半端ないです。 混雑時には2時間待ちなんて言うのも当たり前。 ただ開園と同時に左回りで行けば30分も待たずに乗れます。 ファストパスもないマジック・マウンテンですから絶対左回りがオススメなんです。

ところが。。。 

15分ほど待ってもオープンせずに運休が発表となりました。 それでも人気のアトラクションですから1日運休になることはないと粘り強く待っていたところ、程なくして運行開始。 

肩慣らしならぬ心臓慣らしにしてはかなりハードな乗り物ですがX2から始めるマジック・マウンテン記、数回に渡ってお届けします (≧∇≦) 明日はX2含む4種のアトラクションをご紹介!

0 件のコメント: