3.14.2013

【アメフト】 今年のFAはブロンコスが仕掛ける!!


昨日写真付きで紹介した2名の選手のほか、ブロンコスは結局計5人の選手をたった3日で獲得してきました。 現在巷ではラムズのエースRBスティーブン・ジャクソンがファルコンズと合意したというニュースがトップ記事として扱われていますが、残念ながらこのブログではブロンコス以外のことはあまり触れる機会がありません。 ということで、今日もブロンコスのニュースをお届けします♪


昨日最終的にFAで加入となったのはフィラデルフィア・イーグルスのCBドミニク・ロジャースクロマティという選手。 名前が長くてややこしい。


27歳とまだ若く、単年500万ドルの契約となりました。 将来殿堂入りするであろうCBチャンプ・ベイリーとともに活躍してくれること間違いなし! チャンプ・ベイリーはディビジョナルでの守備が悪すぎてもう年齢的にピークは過ぎたと感じるプレイばかりでしたが、CBの補強をまたFAでしてきたことから、ドラフトの1巡指名は誰になるのか、ファンとしては気になるところでもあります。 

ちなみにブロンコスは同イーグルスのCBアソムハの獲得に動いていたという噂も流れていましたが、ロジャースクロマティを獲得したことにより、アソムハからは撤退です。


あと2人は文章だけでちょこっと紹介させて頂きましたが、この2人です。 先ずはジャクソンビル・ジャガーズから獲得してきたDT(NT)のテランス・ナイトン。 


2年契約の450万ドルで合意。 実はナイトンは現ブロンコス守備コーチを務めるジャック・デル・リオの元教え子。 デル・リオの元では才能溢れるプレイを見せていましたが、デル・リオがジャガーズを去ってからは控えに降格となっていました。 その彼が1年の時を経てブロンコスでまた師弟関係を築く。 良いドラマです。 ナイトンは330パウンドと大型ですが、デル・リオが彼の能力を最大限に引き伸ばしてくれることでしょう。


最後の1人はミドルラインバッカーのスチュワート・ブラッドリー。


アリゾナ・カーディナルスから1年契約で加入しました。 残念ながら彼の情報は皆無。 と言うか調べる気も起きません。 先発が確約されたわけではなく、先発争いとして(?)期待されています。


とまぁ、最初の数日でかなり動きを見せたブロンコス。 ウィークポイントをFAで補強することに成功し、まだ補強が済んでいないのはセーフティとランニングバック。 もっと面白いニュースが聞けるのか? 楽しみで仕方ありません!!


あ、あとデュマちゃんの進退は明日決まるみたいです。


0 件のコメント: