3.13.2013

【アメフト】 FA市場、ついに解禁!! 


3月12日、アメフト界ではFA市場が解禁となりました。 

2013年のサラリーキャップが1億2300万ドルとなり、高額選手をなくなく放出しなくてはいけないチーム、余裕があり補強に積極的に動くチームなどなど、これから各チームが積極的に動き始め、アメフトファンたちにとっては一喜一憂な時期なわけです。 

我がデンバー・ブロンコスにおいて、今年のFA獲得第1号となったのはこの選手でした。


同地区サンディエゴ・チャージャースのGを務めていたルイス・バスケス。 4年契約、2,350万ドルです。 1ヶ月ほど前にブロンコスの補強ポイントを投稿しましたが、先ずはガードの補強に成功したということになりますね。

ルイス・バスケスは2012年シーズンは16試合フルに出場。 対ブロンコスの2試合ではLBボン・ミラー、DEエルビス・デュマビルがQBフィリップ・リバースに与えたサックは全部で7つ。 ところがこのルイス・バスケスからの許したサックは0と安定感があります。 335パウンドとサイズにも恵まれています。 先ずはマニングを守るラインが出来上がったというところでしょうか。

それ以外のポジションに今のところ変化はありません。 強いて言うならFAのDTケビン・ヴィッカーソンと2年間の契約延長になったということぐらいでしょうか。 

獲得に興味を示した元スティーラーズのRBラシャード・メンデンホールはカーディナルスと1年間の契約で合意と、RBはドラフトでの補強となるかもしれません。


また順次アップしていきます。 と、思ったらここで最新情報を入手!!


ペイトリオッツのスロットレシーバーとして活躍していたウェス・ウェルカーがなんとブロンコスに入団です!! なんとウェルカーがやってきました!! アメフトファンなら顔を知らない方はいらっしゃらないでしょうが、こんな選手です。



頭髪がちょっと寂しいですが、これでも彼は今年32歳。 しかもなんと今回のこの契約は2年間で1,200万ドルとお買い得♪ ペイトン・マニングのターゲットは今年はデマリウス・トーマス、エリック・デッカー、そしてウェス・ウェルカーと活躍すること間違いなし。 でもブランドン・ストークリーは残念ながら退団ってことになってしまうのでしょうけれども。

ついでにジャガーズからディフェンスタックルのテランス・ナイトン、カーディナルスからミドルラインバッカーのスチュワート・ブラッドリーもFAで獲得してました。。。これはまた別の機会に紹介します。

これでガードとワイドレシーバー、ディフェンスタックル、ミドルラインバッカーの補強は出来ましたので、あとはランニングバック、セーフティー、コーナーバックあたりでしょうか。 って結構あるな。。。 あ、デュマちゃんが退団の可能性があるのでエンドも必要ですね。

今年はいよいよスーパーボウル制覇かもしれません。 今からウキウキです♪


0 件のコメント: