3.30.2013

フェルメールだけじゃない! ゲティ・センターにある数々の作品たち


絵を好きになるためには、先ずは自分の気に入った絵を見つけることだよ。 

フェルメールの作品を見ても写真を数枚撮っただけで直ぐにその場を離れてしまった私に妻はそう言いました。 好きになる必要もないけど、(モテるって言うし)そこまで言うなら自分の好きそうな絵を探してみるか。。。 美術館の中を探索します。


うーん、別にこの作品から何か感じられることはないな。。。


船。。。 ワンピース? 海皇紀? 釣りに行きたいなー。。。


おっ! 馬だ。。。 あ、ブロンコスは今年優勝するのかなぁ。。。出来れば真っ白な馬に青とかオレンジの色が入っていればもっとブロンコスっぽかったのに。 残念。


花ねぇ。。。 描いている最中に枯れちゃったりとかしたらどうするんだろう。。。? 

あー、暇だなぁ。 何か面白いことでもないのだろうか。 それにしてもかなり混んでるし、皆真剣に見てるんだなぁ。 近づいて見ることで何か新しい世界があるんだろうか。。。?



ということで、私も真剣に1枚の作品と向い合ってみることにしました。


むむぅ。。。まるで描いたとは思えないほどの作品。 光の感じとか、透き通った色とか、1枚描くのに一体どれだけの時間を費やすのだろうか。。。。。。 

5分も経たずに飽きてしまい、その場を立ち去りました。 1つの作品の前で10分も20分もじーっと見つめている人たちは一体何を考えているのだろう? 私としてはそちらの方がむしろ気になるところです。

そして妻が近づいて来ました。 このあたりの作品はかなり有名だから、確実に写真を撮っておいた方が良いよ。 ということで、撮った写真の数々。












すまん、妻よ。 何1つ分からんぞ。。。

じゃあとりあえずこの1枚は撮っておいて。 ゴッホだから。 ゴッホは知ってるでしょ? 



どれだけすごい作品なのかは分かりませんが、とりあえず撮ったゴッホの作品、アイリス。 前回来たときもこちらの作品は飾ってあったような気が。。。? とにかくすごいらしいですね。 こういった作品が自分の目で見られるってことに感謝しないとダメなんだよ。 って言っていましたが、好きな方々からしたらそうなのでしょう。 私はもっと勉強しないとダメですね。


0 件のコメント: