3.20.2013

一眼レフのレンズ選びに困っています。。。


先日の投稿からも分かるように、新しくコンピューターを買わなくちゃいけない状況に陥っているわけですが、それと同時に一眼レフのレンズもそろそろ購入したいなと思っています。 春になってだんだんと暖かくなってきて、私の財布のヒモもそれに応じて緩くなってきそうなところですが(漢字が似ているだけで何もかかってない気が。。。)、コンピューターとレンズ両方とも購入すると軽く1,000ドルオーバーとなり、その出費はさすがにきつい。 

正直なところ、コンピューターは10年前に買ったもので代用出来ます。 立ち上がりに要する時間でお湯を沸騰させてラーメン作って食べて、食器洗ってコンピューターの前に戻ってきてもまだログインすら出来ない状況ではありますが、多少我慢すれば使えなくはありません。 撮った写真だって小分けに30回ぐらいに分割させて加工、外付けHDDにデータ格納を繰り返せば使えなくはない。 いや、そこまで苦労するなら買ったほうが遥かに楽だって意見はごもっともですけど。 でもレフのレンズは代用が利きません。

現在私が持っているのはキャノンのEOS T3と言われるお手頃な初心者用の一眼レフ(日本で言ったらKissって言われるシリーズだと思います)、これに付属で買った18-55mm用のキットレンズのみ。 これだと望遠に限りがあるので、これからせっかく露出が激しくなってくる季節だっていうのにかくしd野生動物のベストショットを取り逃がしてしまうわけです。 そこで望遠レンズの購入を検討しているわけですが、これまた優柔不断の私を悩まし続けるのがこの2つの選択肢。


・ 普通に望遠レンズを購入する

現在のレンズを生かしつつ、55-250mmの望遠レンズを選択。 値段も200ドル以下で買えるので手頃。 或いは70-300mmというチョイスもあり。 更に望遠ができますが、値段が500ドルぐらいと一気に跳ね上がります。 


・ 万能レンズを購入する

現在の18-55mmのレンズを大幅に上回る18-200mmを選択。 値段が600ドルと趣味で買うにしては高すぎる一品ですが、レフを趣味に持つ方々にお聞きすると後々を考えるなら絶対にこっちと後押しされます。


頭のなかでは分かっているんです。 18-200mmを買うべきだということは。 毎回レンズを交換するのは面倒ですし、その間にベストショットを取り逃す可能性だってありますから。 それにこれからおそらく魚眼や単焦点なども手を出していくことになるでしょう。 だからこそレンズはここでまとめておきたいところなんですが、趣味として手をだすにはどうしても躊躇してしまう金額。 しかもこれからどっぷりとハマっていけるのかも分からないですし。 でも、安い方に行くとこれは絶対に後悔しそう。。。 


とりあえずコンピューターは我慢して、万能レンズでいこうかなぁ。 ちなみにこの200mmで撮った場合、外野席からピッチャーぐらいはしっかりと撮れるようになるのでしょうか? あ、いや野球は興味ないんで野球に使うわけじゃないんですが。。。 

0 件のコメント: