2.26.2013

バレンタインに異例のハシゴ。 Hudson Houseへ!


せっかくのバレンタインだというのにSecond Storyというレストランで酷いサービスを受け、メインが食べられなかった私たち。 まだカキとサラダしか食べていない私たちはメインコースを求めるべく次の場所へとやってきました。 レストランの名前はHudson House(ハドソンハウス)。 レストランって言うよりもバーって言ったほうが正しいでしょう。


ピンク系に輝いていますが、別にそういったバーではありません (^^;) 中はかなり洗練されていて、数多くのローカルの人たちで賑わっていました。





仕事帰りのスーツのおじさんや金髪のお姉さん、カップル、女性客同士、などなど。 幅広い層のお客さんに愛されているようです。


ビールメニューは豊富。 こちらは壁に貼られた一部です。 


ビール好きにはたまらないセクション。 アンバーやIPA、ペールエール、ラガー、などなど50種以上からあり、更にはカクテルも♪ そしてビールのお供のおつまみも5ドルから注文できるというなんとも素晴らしい庶民の味方のお店!! 


先ずはブラジルの黒ビール、XINGUを注文しました。


そしておつまみは、しし唐と枝豆の炒め物、更にはステーキをチョイス♪ ってアメリカでしし唐と枝豆の炒め物なんてあるの?って不思議に感じる方もいらっしゃると思いますが、これがあるんですよ~。 こんなのです。


どこからどう見てもしし唐と枝豆ですよね。 英語発音だとエダマミィって言えば大丈夫です。 ちなみにしし唐は分かりません。 アメリカ人が食べてるのを見たことがありませんので。 

それで、この枝豆としし唐の炒め物ですが、手でガツガツと2人で食べていたんです。 そうしたら隣に居た女性2人組が、あなたたちはハラペーニョをそのまま美味しそうに食べているけど辛くないの?って不思議そうな顔で聞いてきました。

あぁ、なるほどね。 確かに見方によってはハラペーニョに見えないこともありませんね。 これは日本の野菜のしし唐ってもので、辛いものもあるけれどハラペーニョみたいな辛さではないことを告げると納得していました。


ここでステーキが運ばれてくる前にビールがなくなりそうになり、すかさず店員さんが次のビールは?と聞いてきました。 これが気配りってものですよねぇ。 私はアルコール度数がマックスという噂のMaximusというビールを注文しました。


そして運ばれてきたステーキ。



ミディアムレアとお願いした通りの焼き加減。 中は柔らかくて、噛めば噛むほどの肉汁が。 うん、これは美味しい。


と、こんな感じでビール2杯ずつとおつまみ2品食べて帰ってきました。 こういう雰囲気のバーだったら日本から観光の方がいらっしゃったときに使えるかなって思いましたけど、よくよく考えるとそんなに観光の方とお会いする機会ってないんですよね。 でも、オススメです。



------------------------------------------------------------------
Hudson House

514 N. Pacific Coast Highway
Redondo Beach, CA 90277

Mon - Thu: 5:00 pm - 1:00 am
Fri - Sat: 3:00 pm - 1:00 am
Sun: 3:00 pm - 12:00 am

Yelp Review


0 件のコメント: