2.27.2013

デスバレー国立公園に行ってきました!!


先日の3連休を使ってデスバレー国立公園へと足を運んでみました。 デスバレー国立公園は直訳すると死の渓谷。 総面積は日本の長野県と同じらしく、アメリカで最大級の国立公園として知られています(とはいっても私は知りませんでしたが)。 


ロサンゼルスからは車で6時間程度の距離、ラスベガスからは3時間程度の距離とのことで、ラスベガスを中心に往復しようかと思っていたのですが、問題が発覚。 ぐるっと1周回れるような作りになってなく、行った道をまた帰ってくる必要がありまして。 悩みに悩んだ結果、解決策として出したのはカリフォルニアに面する西側の入口から入り、東側のネバダ州の出口に向かうというルートを選択。 図解するとこんな感じです。


カリフォルニアと書かれた左下の方から緑色したデスバレー国立公園へ入り、見所ポイントの1~3を見てネバダ側に抜けて、ラスベガスに。 うん、我ながら完璧なコースです。 ちなみにこのコース取りを思いついたのが出発の前日って言うね、なんていうか毎回適当です (^^;)


カリフォルニアからひたすら走り続けること5時間ほど。 ようやく入口が見えてきました。


あ、ちなみにこの写真ですけどね、入口で撮りそびれて出口で撮った写真です。 ちょっと陽が落ちかけている印象を受けるのはそのせいですのでご了承ください。 


デスバレー国立公園の入園料は車両1台につき20ドル。 こんな道を真っ直ぐ進むとビジターセンターが見えてきます。


窓口があるわけではなく、自らがビジターセンターに入って料金を支払う必要があります。 つまり、払わなくてもバレないで観光することも可能です。 でも国立公園の安全を守るため、私は20ドルをケチるようなことはしません。 きちんと支払いをし、ステッカーをもらいました。


これがビジターセンターだったかな。。。? あまり覚えていません。 ちなみにデスバレー国立公園内にはガソリンスタンドが2つありますが、どちらも通常よりもかなりお高めな設定になっていますので、入園内に済ませておいたほうが無難かもしれませんね。


こちらは標高が海抜と同じと書かれた看板。 でもこれで驚いてはいけません。 海抜以下の観光スポットがありますから(図解の③がそのポイントです)。


こちらが先ず最初の観光スポット、①にあたる砂丘です。


うん、普通ー!!


歩いてかなり奥のほうまで行けるようですが、コロラドで行ったグレート・サンド・デューンズ国立公園で痛い目にあいました(そのときの投稿はこちらです)ので、眺めるだけにしておきました。 


うーん、確かに広いけど、これと言って見所は少ないなぁって印象。 これならわざわざカリフォルニアから入ってネバダまで抜けるルートを取る必要はなかったかも。。。 


何もない平地にひたすら続く一本道。 これぞアメリカ! なんでしょうけど、私はもうこういった景色はお腹いっぱいです(笑)。


明日は②と③をお届けします。



0 件のコメント: