12.12.2012

アメフト第15週プレビューとファンタジー結果



アメフトレギュラーシーズンも残すところあと3週となりました。 既にプレイオフ出場を決めているチーム、ワイルドカードの出場をかけて踏ん張っているチーム、敗退が決まって来年に向けてのチーム作りに励んでいるチームなどなど様々ですが、我がデンバー・ブロンコスは既にプレイオフが決まっているのでちょっとは安泰です。 今目指すべきものは第2シード。 必然的にプレビューもそれに関わる試合を紹介する機会が多くなると思います。



とりあえずは例によってこの試合からですね。





現在8連勝中のデンバー・ブロンコスがAFC北地区1位に君臨するボルティモア・レイブンズの本拠地で戦う一戦。 


【ブロンコス】

パスオフェンスもランオフェンスもどちらもバランスが取れていますが、第14週のレイダース戦ではレッドゾーンからのタッチダウンが少なかったことが懸念されます。 Kマット・プレイターは大活躍でしたが、おかげで苦戦を強いられる展開になりました。 QBペイトン・マニングの大活躍なくしてレイブンズを叩くことは難しいかも。。。 レッドゾーンでのオフェンスに注目が集まります。

ウィリス・マッゲイヒーが怪我で出場できないなか、代役をしっかりと務めているのがRBノーション・モレノ。 レイブンズのランディフェンスは全く機能していないので、今回もモレノの活躍に注目が集まります。

老いたレイブンズのディフェンスでブロンコスを止めるのは至難だと予想します。

 
【レイブンズ】

生命線はRBレイ・ライス。 調子に乗ると厄介なのでしっかりと抑えたいところ。 QBジョー・フラッコは長いことボールを持ちすぎるとボン・ミラーとエルビス・デュマビルの餌食になります。 早い段階でボールをリリースすることができるかが鍵。 過去3週でフラッコは実に10回もサックを浴びています。 しかもその相手はチャージャース、スティーラーズ、レッドスキンズと合計サック数が下位のチームばかり。 


【総評】

休養十分で挑めるブロンコスが敵地で勝利をおさめることが出来るのか。 なるか9連勝? AFC北地区2位に居るピッツバーグ・スティーラーズファンの方々の力を借りて、我がブロンコスが大暴れを期待します!!


もう1試合はこちら。





NFC西地区1位のサンフランシスコ・49ersがAFC東地区1位のニューイングランド・ペイトリオッツに挑む注目のサンデーナイトゲーム。



【49ers】

シーズン途中でQBがアレックス・スミスからコリン・ケイパーニックに代わった49ers。 パスディフェンスが劇的に改善されたペイトリオッツディフェンスの前に翻弄される可能性が高いです。 一方ランオフェンスはRBフランク・ゴアがシーズン通して元気に出場できているのが不思議なところではありますが、ゴアの活躍なくしてペイトリオッツを倒すことは難しいでしょう。 リズムを崩すようなコールがあれば49ersの勝利も十分考えられます。

 
【ペイトリオッツ】

第14週で圧倒的な強さでテキサンズを破ったペイトリオッツ。 接戦を予想していたのですが、まさかあそこまで点差が開くとは思ってもいませんでした。 やっぱりQBトム・ブレディはすごいというのを見せ付けられた試合でした。 TEロブ・グロンコウスキーが怪我で欠く中、かなり厳しい状況だろうと思っていたのですが、全くもって関係ないペイトリオッツのパスオフェンス。

49ersのディフェンスも最強なんて呼ばれていますが、どっちがこの試合をものにするのでしょうか。


【総評】

最強の矛と盾の試合。 ただし、最強の矛を持つペイトリオッツは良い盾も所持しています。 地元開催のペイトリオッツがやはり今回も分があるような気がしますが、ペイトリオッツが負けてくれないとブロンコスの第2シードは絶対にありません。 ペイトリオッツ、負けてください。 心から願ってます。



さて、ここからはファンタジーのお知らせ。 先ずはSaitama Penguins。


最悪でした。。。 貴重な得点源でもあるロブ・グロンコウスキーが引き続き出場不可、RBフレッド・ジャクソンが試合中にシーズンエンド、QBロバート・グリフィン、WRデズ・ブライアントも試合中に怪我。 既にプレイオフ出場を決めている私にとっては今回の試合はオマケみたいなものだったのですが、これだけ怪我人が居るとプレイオフを勝ち上がるのはきついです。 とりあえず15週からプレイオフが始まりますが、初戦敗退の可能性大!


一方プレイオフが始まったLA Penguins。


こちらも試合中にアーマッド・ブラッドショーが怪我。。。 更にはロブ・グロンコウスキーの代役のアントニオ・ゲイツの使えなさ (T_T) こちらのリーグでは2週の合計点で競われますが、既に40点もの差をつけられてしまいました。。。 


この点差を埋めるのはほぼ不可能に近いですが、私の今シーズンはブロンコスと共に歩み、ブロンコスと共に散る運命だったのでしょう。 QBペイトン・マニングとWRデマリウス・トーマスを信じて使い続けます。 


0 件のコメント: