12.05.2012

アメフト第14週プレビューとファンタジー結果



普段より1日早いアメフトの話題。 理由は明日(木曜日)に我がブロンコスの試合が含まれているからです。 アメフトに興味のない読者の方々(居るわけないか。。。)、すみません。 ちなみに木曜日に試合が組まれている=今週中にアメフトの更新がもう1回入ります。 ご了承を。


1試合目は例によってブロンコス戦。





日曜日に試合をしたばかりだというのに、中3日で敵地に赴かなくてはいけない7連勝中のブロンコス。 地区優勝が決まった今、次に狙うは上位シード権。 第2シード目指して負けられない試合です。



【ブロンコス】

レイダースの誰が頑張ったらブロンコスのオフェンスを止めることが出来るのか? 焦点はそこ。 QBペイトン・マニング加入で劇的に改善されたブロンコスのパスオフェンス。 現在のレイダースの選手ではマニングにプレッシャーをかけることも出来なければ、居ても居なくても変わらないぐらいなセカンダリー陣。 不安要素があるとしたらエリック・デッカーが最近あまり活躍をしていないこと、そしてブランドン・ストークリーが出場できないこと。


マッゲイヒーの代役のモレノも調子に乗りすぎてファンブルがなければ問題はなさそうです。 ディフェンスからはLBウェズリー・ウッドヤードが出場不可なのが気になります。

 
【レイダース】

ここ4試合でQBカーソン・パーマーは実に11ものサックを浴びています。 WRデナリアス・ムーア、ダリアス・ヘイワードベイの活躍に期待したいところだと思いますが、我がCBチャンプ・ベイリーがしっかりとカバー。 逆サイドは若いトニー・カーターとクリス・ハリスがぴったりカバーしちゃいますよ!


怪我で出場が微妙な状況が続くダレン・マックファデン。 100%ではない彼が出場したところで、ダグ・マーティンを止めたブロンコスのラン守備を打ち破ることは不可能でしょう。 好材料があるとしたらTEブランドン・マイアーズが先週レシーブで130ヤードを稼いだことぐらいでしょうか。


【総評】

慢心がなければブロンコスの勝利は揺ぎ無いと言いたいところですが、何が起きるのかが分からないのがTNF。 選手の疲れがピークに達しているとポカを連発することも。 第2シード獲得のためには絶対に落とせない1戦です。



次は見ないと絶対に損するマンデーナイトの試合!






AFC南地区1位を独走するヒューストン・テキサンズ対AFC東地区の優勝が決まったニューイングランド・ペイトリオッツ。





【テキサンズ】

ラン守備はそこまで良くないペイトリオッツのことを考えるとRBアリアン・フォスターがどれだけ稼げるかが鍵。 QBマット・ショーブのパスオフェンスは案外封じ込まれるかもなぁ何て気がして仕方ありません。

 
【ペイトリオッツ】

先週のマイアミ戦でQBトム・ブレディを守りきれなかったのが気になるところです。 また地上戦ではテキサンズは第4週対タイタンズ戦以来100ヤード以上走られたことがありません。 RBスティヴァン・リドリーは活躍できるのでしょうか?


【総評】

ブロンコスが第2シードを獲得するためには直接対決で負けているペイトリオッツの成績を上回る必要があり。。。出来ればペイトリオッツには負けて欲しいところですが、ホームでの開催を考えるとそれもちょっと厳しいかという印象。 1ポゼ差でペイトリオッツが勝つ、かな? 良い試合となりそうです。



ファンタジーフットボールはいよいよ佳境! 6連勝中のSaitama Penguinsの成績はこちら。


強いディフェンス持っていると得点が伸びますねぇ。 早くTEグロンコウスキーが戻ってきてくれないかな。 彼が居たらもうちょっと点数が出せるのに。 これで7連勝。 あ、ブロンコスと一緒だ。 地区優勝が決定した今、プレイオフを見据えて最後の情報収集をしています。


そして連勝記録が途絶えてしまったLA Penguins。



こちらは点数に伸びがありませんでしたが辛勝。 レギュラーシーズン1位の成績でプレイオフ進出が決まりました。 ちなみにプレイオフ出場は4チームのみ。 2週ずつの合計得点が高いほうが勝ちあがります。


こちらもグロンコウスキーが居てくれたら。。。 帰ってくる前に敗戦してしまいそうです。


では、また~♪



0 件のコメント: