10.17.2012

ロサンゼルスの高速道路が一部有料化へ!!



ご存知の方も多いと思いますが、ここアメリカは基本的に高速道路は無料で利用できます。 無料ですので日本で言うサービスエリア的なものは一切ありません。 ロサンゼルスには数多くの高速道路が走っていて、その一番内側 (アメリカは右側通行ですので、一番左にあたるレーン)にはカープールと呼ばれる専用ラインがある場所があります。


このカープールと言うのはなかなか画期的な発明でして、基本1人1台車を持つことで知られるここロサンゼルスで、2人以上乗っている車 (地域や時間帯によっては3人以上)、或いは1人乗りのバイクのみ通って良い専用の高速道路のことを指します。 つまり、朝や夕方のラッシュを体験したくない人は、同乗者と共に通勤・通学すれば時間短縮に繋がるのです。



今回のロサンゼルスの高速道路が一部有料化になることに伴い、今までカープールとして無料で使えていた一部がなくなることが判明しました。 対象は高速道路の110号線。 地図で言うとこんな感じです。


有料化されるのは約1ヵ月後の11月10日から。 


料金所があるのかというと実はそうではなく。 こんな機械の購入が必要なようです。




1、2、3と書かれたスイッチが付いている何の変哲もない機械。 2人以上で乗っているときは一番左に、1人運転の場合は真ん中に、3人以上の場合は右側にセットして走るみたいです。



これを高速道路の上に取り付けられたカメラが瞬時に判断するようなシステムになっているようですね。 混雑具合によって金額は変わるようでして、1マイルにつき25セントから1.40ドルが相場になるようです。



来年にはこれに加えて高速道路10号線の一部も有料化されるようです。



0 件のコメント: