10.14.2012

西岡・ドネア世界戦を生観戦してきた!!



運命の10月13日は案外早くやっきてきました。 応援幕を作ってのロサンゼルス西岡応援団は結成出来ませんでしたが、私のブログをご覧いただいて日本からいらっしゃったゲストの方も。。。 何でもラスベガス旅行を予定していらっしゃって、せっかくだからと試合当日の朝にベガスから現地入り。 気合の入り方が違いますね。


開場は16時。 メインイベントは20時を予定しているらしく、それまでは前座の試合を見ることになります。 


16時ちょうどあたりに現地に到着した私たちと日本からのゲストの方々。 駐車料金15ドルを払って駐車します。 ちなみにこのHome Depot Center近辺には住宅街になっていて、車は停められるようになっているものの、イベント時は中に駐車しないとトーイングされるらしいです。 気をつけましょう。





入り口付近に近づくとすごい人だかりが。。。



セキュリティチェックを待つ観客の方々。


そして日本からいらっしゃったゲストの方は西岡を応援するため、日本国旗を準備されていました。


西岡の勝利を日本人は願っています。


セキュリティを通り越して会場へと足を運びます。



こちらはベッカムが所属するLAギャラクシーの試合に行われるサッカー会場ですね。 今回のボクシングはこの隣、テニスコートで行われます。






そんなに大きくない会場で、一番安い席を確保した私たちの席からもそこそこ見える位置であることが判明。 これなら悪くないです。


ただ驚いたのが、16時開場なのに、既に前座が始まっていたこと。 お客さんなんてほとんど入っていないにも関わらず、こんな状況で試合をする選手は可哀想ですね。


陽が落ちてくると空席はどんどんとなくなっていき、8000人収容の観客席はほぼ満席になってきました。






セミファイナルのリオス・アルバラドの試合はとにかく面白かったです。 第1ラウンドから壮絶な打ち合いが続き、一進一退の攻防。 どちらが勝ってもおかしくない試合は、リオスがTKOでアルバラドを下し、次戦パッキャオ・マルケスの勝者と対決する可能性もあるとか。 それはそれで楽しみです。


セミファイナルで会場のボルテージは最高潮に達し、西岡の試合のお膳立ては整いました。 そしていよいよ西岡登場!!





次いでの入場は当然ドネア。


いよいよ運命のゴングが鳴ろうとしています。



試合は終始西岡が劣勢。 手数が出ない西岡に対し、ドネアは的確にポイントを稼ぎます。 西岡の調子が悪いのか。。。 或いは手を出させない見えないプレッシャーがあるのか。。。


セミファイナルの試合が盛り上がっただけに手数が少ないこの試合は会場からもブーイングの嵐。 西岡の手数が気になる中、ダウンを喫する西岡。


試合も後半に差し掛かり、ポイントでは完全に負けている西岡は特攻を仕掛けることに。 ところがこの捨て身の攻撃を予想していたのか、西岡が前に出たところをドネアのカウンターが一閃!! ダウンを奪われ、試合再開となるもののセカンドが試合を止めてここで終了。


残念ながら西岡は何も出来ずに負けてしまいました。 作戦としては前半がめっぽう強いドネアに対し、中盤、後半で仕掛けるように考えていたようですが、ドネアのほうが1枚上手だったということでしょうか。 きっと悔しい思いをしていることでしょう。 日本から来た応援団の方々に雄姿を見せたかったことでしょう。 でもやはりドネアは強かった。 いや、強すぎた。



残念ですが西岡も引退。。。 日本が誇るスピードキングの最後の試合は悲しい結末となりました。

  

0 件のコメント: