7.31.2012

サンタモニカJiRaffeでフレンチコース料理♪



7月に起きたことは出来る限り7月中に更新しちゃおうよ (≧∇≦) 



ということで、2日連続でDine LAの話題を取り上げさせていただくことにしました。 Dine LAとは昨日書かせていただいた通り、普段高級でなかなか手が出ないようなレストランでもリーズナブルな価格で提供してくれる食のイベントです。 かなりのレストランが参加していることもあり、選ぶほうも一苦労。 今回数あるレストランの中から選んだ4つのうち、夫婦共に意見が一致したサンタモニカにあるフレンチ、JiRaffeへと行くことにしました。 今回はディナーコースを8時半に予約、8時に現地入りとなりました。






写真からは分からないと思いますが3枚目の写真はメニュー。 左2つは通常メニュー、右のメニューは今回のDine LA用のコースメニューで45ドル。 当然私たちの狙いはこのコースメニュー。 


入店してあまりの混雑っぷりにびっくり!! 大概ちょっと早めに行くと早めに席に案内してくれることが多いのですが、今回は8時半を回っても全く呼ばれず。。。 仕方ないのでお写真タイム。


入り口付近にあるバーカウンター。 案内を待っている人たちはここでアルコールを頼んで待ちます。 ちなみに私はあまりにもお腹が空いていたので、空腹でのアルコールは危険と思い断念。







レストランの名前の通り、ところどころにキリンが飾られていました。


席に案内されたのは9時になろうかという時間。 空腹で餓死するんじゃないかと思ったほどです(大げさ?)。 そして直ぐにビールを注文。


と同時に運ばれてきたパン。




おあずけのまま長時間待たされた犬のように、直ぐに食べ始めました。 うんうん、別に普通だけど何かものすごく美味しく感じるパンでした。


そして注文していないですが運ばれてきたアミューズのマッシュルームスープ。


めっちゃ美味い。 濃厚な味付けでした。


コース料理は、アペタイザー、メイン、デザートがそれぞれ3つずつから選べるようになっていまして。 私はCrab Cake、Petite Fillet of Beef、Chocolate Truffle Cakeをチョイス。






店内があまりにも暗かったこともあり、多少ピンボケ・色抜けが発生していますがご了承を。 どれも美味しいですが、残念ながら結婚記念日に行ったSpago(そのときの投稿はこちら)に比べるとどうしても物足りないといった印象。 ただデザートだけはJiRaffeのほうが美味しかったです。


ちなみにこのチョコレートケーキ、全体像はこんな感じです。


エッフェル塔。 美味しかったです。


帰る頃のサンタモニカは人通りも少なく静かでした。



------------------------------------------------------------------
JiRaffe
502 Santa Monica Blvd.
Santa Monica, CA 90401

Mon: 5:30 pm - 9:00 pm
Tue - Sat: 5:30 pm - 10:00 pm

Yelp Review


7.30.2012

カルバーシティのLibraでシュラスコ食べ放題♪



ダイエット中なのに何してんだか。。。って感じですが、7月16日から27日までロサンゼルスではDine LAというイベントをやっておりまして。 普段高級すぎてなかなか手が出ないような高級レストランを含む実に300以上のレストランで、ランチは15ドルからディナーは25ドルからというリーズナブルな金額でコース料理を提供してくれるという何とも嬉しいイベントなんです♪ 


平日はキャベツやらレタスやら、もしかしたら昆虫でもこんなに野菜は食べないんじゃないかっていうような生活を送っているわけですから、週末ぐらいはやっぱり良いものを食べたいじゃないですか。 ということで行って来たのがカルバーシティという街にあるシュラスコ食べ放題の店、Libra Brazilian BBQです。 





Dine LAのイベント中ということもあってか、混雑していましたが待ち時間はほとんどなく席に通されました。





今回のイベントではランチは1人20ドルでサラダバーとBBQが食べ放題となっています (普段は平日が21.95ドル、週末は27.95ドル)。 


先ずはサラダバーで適当にサラダを持ってきます。







ちなみにサラダバーはサラダだけではなく、シチューなどの暖かいスープなどもたくさんありました。


さて、そして気になるシュラスコですが、ご存知ない方のために軽く説明を。 串にお肉を刺して塩を振って焼いた南米の肉料理です (省略し過ぎ(^^;)?)。 席にはこのようなコースターが置かれます。




レストランにもよって違いはあると思いますが、このLibraでは緑にしておくと、お肉がガンガン運ばれてきます。 逆に赤にしておくと、ちょい休憩っていうサイン。 ということで最初は当然緑にしておきますが。。。






どんどん運ばれてくるのでゆっくり食べている時間はありません (^^;) 切ってくれたらそれを自分のお皿に置いて、さぁ食べようかと思うと次のシュラスコがやってきます。 その繰り返しです。





店員さんは親切でとても良い人でした。 日本人は写真が好きというのを知っているのか、赤のコースターにしておいても写真だけ撮ってくれと言わんばかりに私たちの席へやって来ます。 



この満面の笑み。 


シュラスコは実は過去ビバリーヒルズのChaoという有名店を試したことがあるのですが、どうも同じ味付けに飽きてしまって案外がっかりしたという苦い経験があります。 でもこちらでは写真の通り焼きパイナップルなども提供されていて、ちょっとした箸休めにはちょうど良かったです。




そしてお値段は当然1人20ドルにTaxが入って43.50ドル。 店員さんがとても良くしてくれたので20%のチップを付けて帰ってきました。


このDine LAの期間中、他の店も行ってきましたのでそう遠くないうちにアップします。



------------------------------------------------------------------
Libra Brazilian BBQ
3833 Main St.
Culver City, CA 90232

Lunch:
Mon - Fri: 11:30 am - 2:00 pm
Sat - Sun: 11:30 am - 2:30 pm

Dinner:
Mon - Thu: 5:30 pm - 9:00 pm
Fri - Sat: 5:30 pm - 9:30 pm
Sun: 5:30 pm - 8:30 pm

Yelp Review


7.29.2012

カリフォルニア州でのリサイクル



日本と違い、こちらアメリカではリサイクルに対する意識が非常に低いのが現状です。 


日本でしたらゴミの分別は当たり前じゃないですか。 燃えるゴミ、燃えないゴミ、乾電池、スプレー缶、カン、ビン、ペットボトル、古新聞・古雑誌などなど。。。 ところがここアメリカでは基本的にはリサイクル用と一般用ぐらいの違いのみ。 リサイクル用はカンもビンも新聞や雑誌、広告など全て一緒。 それ以外は適当にポイッと捨てる。 こういう分別をやらない人も少なくなく、全てまとめて一般用ゴミとして出している人も結構居るようです。



そこでここカリフォルニアでは5年ほど前からCRVという制度を導入しています。 ホンダの車と同じ頭文字ですが、CRVとはCalifornia Redemption Valueの略でして分かりやすく言いますと、カンやビンなどの飲料を買うときに、CRVという料金を一緒に支払うようになっています。 


例えばコーラなどの缶ジュースが1本1ドルだったとすると、CRVが5セントつき、合計1.05ドルの支払いとなります (内容量が大きいものはCRVは1本につき10セントです)。 この支払った金額ですが、リサイクルセンターに持っていくとキャッシュバックしてくれる仕組みになっているのです。 つまりは、


面倒でそのまま捨てる人はどうぞご勝手に、その分の料金は既に徴収していますから。 逆にリサイクルした人は、先払いしたお金を返却しますね。 


っていう制度なんです。 


この制度が導入されてから、リサイクルなんて面倒だって思っていた人たちの意識も変わってきました。 だって余計にお金を払っているわけですから (^^;) 1本ずつリサイクルするのはさすがに面倒でしょうから、1週間や2週間分溜めて一気にリサイクルセンターに持っていくという方法を取る人が多いです。


リサイクルセンターはこんなところで、スーパーマーケットに隣接していることが多いです。 





大概夕方近くまで開いていて、青の大きなバケツの中にカンはカン、ビンはビン、ペットボトルはペットボトルに分けて列に並びます。 あとは秤で計算してくれて、相当額が返却されます。 


私たちも今日久しぶりにリサイクルセンターに足を運びましたが、15ドル近く返ってきてちょっと得した気分になりました。 


日本とは大分違ったリサイクル方法だとは思いますが、それでもリサイクルに対する意識がこれからも高まっていったら良いのではないかと思います。 大分前から導入された制度ではありますが、あえてご存知ない方もいらっしゃると思いましたので今回ネタにさせていただきました。




7.28.2012

アメリカの変わった法律 ~SD編~



1週間に1回のアメリカの変わった法律を紹介させていただくコーナー (≧∇≦)



今回紹介する州はこちら、州コードはSDになります。


Map of USA SD


ここ、どこだか分かります? ちなみに私、この州の名前を聞いたとき、南東部に位置している州だろうなって勝手に思っていたので、地図を見て北に位置していることを始めて知りました。 これといってスポーツが盛んなところでもなく。。。 更にといって名産品なども私の知っている限りでは何も思いつきません。 ヒントになるようなものが一切出せないのですが、強いてあげるならノースとサウスに州が分かれていることでしょうか。


良いヒントになりましたか? 答えはサウスダコタ州(South Dakota)です。 サウスダコタに隠れる変わった法律、一気にご紹介!!



・ 5人以上の原住民(インディアン)が敷地内に居た場合、撃っても問題なし。
(If there are more than 5 Native Americans on your property you may shoot them.)


・ チーズ工場内で横になり、眠るのは禁止。
(It is illegal to lie down and fall asleep in a cheese factory.)


・ 馬はパンツをはいていない限り、ファウンテンインに入ることを禁止する。
(No horses are allowed into Fountain Inn unless they are wearing pants.)


・ スーフォールズのホテルでは、ベッドは必ずツインベッドにしなくてはいけない。 またカップルで部屋を借りるときはベッド間は少なくとも2フィート(60センチ)以上の間隔をあけること。 ベッドとベッドの隙間を使っての床上でのセッ○スは禁止とする。 
(In hotels in Sioux Falls, every room is required to have twin beds. And the beds must always be a minimum of two feet apart when a couple rents a room for only one night. And it's illegal to make love on the floor between the beds! )



このホテルの法律、かなり厳しいですね。 いちいち事細かく決めてあるあたり、何かしら理由があるのかもしれません。



ではまた次回~ (^ω^)ノシ


7.27.2012

iPadを使いこなす!!



説明も何も要らないと思いますけど、最近iPadの使用頻度が高くなりました。 起動も早いし、直ぐにささっと調べ物したいときなんか最高です!! 持ち始めたら手放せなくなるって言っている人たちが最近理解出来ます。 とにかく便利。 もうこれなしぢゃ私は生きられないぐらいの勢いです。


そんな超便利なiPadなんですが、実は機械系は得意と思っていた私も困惑することが多々ありましてね。 例えば、どこかのボタンを弾みで押してしまったと思うのですが、ズーム画面の状態から戻すことが出来なくなって初期化したこと2回。 縦にしても横にしても画面の向きが変わらずに何故か固定されてしまって、解除の仕方が分からずにしばらくは首を傾けて画面を見ていたこともあり。


そもそもボタンなんて数えても5個も付いていないiPadですが、機能が豊富すぎるんですよ。 そして説明書がないっていうのも最近の電子機器にしては珍しくはありませんが、見たい人はこちらで確認してくださいっていう趣向もなかなか面倒なわけでして。 数多くの失敗を繰り返してとりあえず今日に至るわけですが、絶対にね、そういう失敗している人っていっぱい居ると思うんです。 なので、そういった情報を載せていくほか、案外知られていない機能なども紹介できたらなと思っております。



ということで、初回はおそらく皆さんもご存知だとは思いますが、ご存知ない方のために。 iPadでスクリーンショットを撮る方法です。 iPad上面についているスリープ・スリープ解除ボタン(俗に言う電源ボタン)を押しながらホームボタンを押す。 押してから押すではなくて、押しながら押すです。 スクリーンショットを保存したいときに重宝できる機能です。


では、皆様良い週末を (≧∇≦)



7.26.2012

化学調味料を一切使わないZenyaの塩らーめん



先日海に行った帰りに、どうしてもビールをぷは~っとしたくなりまして。 ただ16時ぐらいだと開いているところも少ないんですよね。 普通のローカルのバーとか、アイリッシュバーに行こうと思っていたのですが、これといって良さそうな場所も見つからなかったので、日系の居酒屋に行くことにしました。 


で、早速見つかったのがトーランスのローリングヒルズプラザ内にあるZenyaという居酒屋。 ランチとディナーの間のいわゆるアイドルタイムって時間帯でも開いているようで、これから利用させていただく機会も出てきそうです。


16時に入店。 店内は数組のお客さんが居る程度。




店員さんがランチメニューを持ってきてくれました (^^;)


でも私たちはビールとちょっとおつまみを頂きたい状況だったので、ディナーメニューへの交換を希望すると快く受け入れてくださいました(基本的にはディナータイムは17時からなのかも。。。)。





これと言ってそこまでお腹が空いていない私たちは、ビールピッチャー、そして牛タンのサラダ、中華風冷奴を注文。





キンキンに冷えたビールは最高っ!! これぞ至極のときって感じです♪ そしておつまみとして注文した中華風冷奴、牛タンサラダも美味しかったです。 


実はこのZenya、化学調味料を一切使わない健康志向(?)ラーメンとして知られている店でもあります。 大概どこでラーメンを食べても化学調味料がふんだんに入っていることもあってか、食後は喉が渇いたりという身体の異変が発生するものですが、化学調味料を使っていないのであればそのあたりの心配は必要ないのかも? 


らーめんメニューはこちら。


豚骨か塩の二択のみ。 


普通サイズ(大盛り)のほか、ハーフサイズが注文できるのも何とも嬉しいサービス。 〆で食べるときには重宝できますね。


既にお腹いっぱいでしたが、せっかくだし化学調味料を使っていない塩らーめんのハーフサイズを注文することにしました。 トッピングなども色々と選べるようです。 私たちは普通の塩らーめんを注文。




ほほぅ、透き通った色のスープ。 


塩らーめんにふさわしい色です。


やっぱりラーメンを注文したらスープからでしょう? 一口飲んであまりのあっさりさに驚きました。 これが化学調味料を使わないスープか。。。 女性のリピ率が高いというのも頷けます。 麺も程よい感じで、オーソドックスな昔風のラーメンを食したい人にはぴったりでしょう。 逆に濃いラーメンが好きな方には受け入れられないでしょうが。。。


それにしてもラーメンって好みが分かれますよね。 私は今、ネギ味噌らーめんの美味しい店を見つけたいのですが、このあたりではやっぱり見つからないんです。。。 帰国時に食べようかと思ってます。



------------------------------------------------------------------
Zenya
2531 Pacific Coast Highway
Torrance, CA 90717
Yelp Review