6.30.2012

ナパでワイナリー巡り ④ ~ドメイン・カーネロス編~



さすがにこれだけワインを飲んでいると飽きてきます。 この日だけで既に14種のワインをテイスティングしたわけですが、ちょっとは違った感じのワインが飲みたいなと思っていたところで登場するのがこのドメイン・カーネロスDomaine Carneros)ワイナリー。 スパークリングワインが有名なワイナリーです。



ここでのスパークリングワインのテイスティングは3種で16ドル(或いは4種30ドルのものもあり)。


結構ワインもたくさん飲んできてお腹いっぱいなところもあるので、3種16ドルにて決定。


これまた色鮮やかで可愛いワイン♪


今回の3種、このように説明されております。


うん、説明されているから私のコメントは不要ですよね?



Vintage Brut Cuvee。



Vintage Brut Rose。


Vermeil Demi-Sec。


正直スパークリングワインを飲み比べたことって今までなかったのですが、全然違うものなんですね。 どれもすっきり、さっぱりしていて飲みやすく美味しかったです。 


ナパには400近いワイナリーが存在しているらしく、今回テイスティングさせてもらったのは本当に数箇所のみ。 ワインをもっと楽しむためには、色々な種類のワインを飲むことが大事だと実感させられました。 


また機会があったら行きたいなぁ。。。



------------------------------------------------------------------
Domaine Carneros Winery
1240 Duhig Road
Napa, CA 94559
7 days open: 10:00 am - 5:45 pm
Yelp Review


6.29.2012

ナパでワイナリー巡り ③ ~ロバート・モンダヴィ編~



ナパでのワイナリー巡り第3弾 (≧∇≦) 3つ目のテイスティング会場に選んだのはカリフォルニアワインの父と言われるロバート・モンダヴィRobert Mondavi)ワイナリーです。 



実はこの建物の前には銅像が建っていまして。


うわぁぁぁ、なんか雰囲気が損なわれている感じがして仕方ありません。





テイスティングは10種類の中から4種類選べて、20ドル。 これだけ種類があるとまたしても悩んでしまいがちですが、やっぱり値段が高いものから選んだほうがお得感があるわけでして。 出来る限り高いものを中心に頼むことにしました。


ということで1杯目は白ワイン3種の中から一番高いものを (^^;) 2010年Chardonnay Unoakedを選択。 1本34ドルです。



おっと、良いワインに見られるという粘度がいきなり出てますよ。 りんごのほのかな香りが楽しめるワイン。 味はちょっと舌先に辛みが感じられました。 


2杯目は2010年Pinot Noir PNXをチョイス。 だってボトル1本50ドルだしさ。




オレンジっぽい香りがほのかにしたようなしなかったような。。。? 飲みやすくてなかなか良いワインでした。 


そして次に選んだワインはこちら。 2009年Cabarnet Sauvignon Oakville。 1本55ドルのワインです。 2011年のベスト・オブ・ワインのトップ10に選ばれたというこのワイン。 そのときの獲得ポイントは何と94点ということから期待できます。





何か色々な香りが楽しめるワインでしたが、何故にこれが高得点を獲得したワインなのかは不明。 雑味があるんですよね。 何か色々なものが混ざってる感じがして。 いや、ワインってそもそもそういうものを楽しむものなのかもしれませんが、私的にはちょっとパス。 期待していたのに残念な結果でした。


そして最後に選んだのはやっぱりデザートワイン。 1本25ドルと決して高いものではありませんが、2010年Moscato D'Oroを選択しました。



爽やかな甘みのあるデザートワインでした。 これはこれで悪くない。


カリフォルニアワインの父と言われるロバート・モンダヴィ・ワイナリーですが、そこまで大きな感動は得られませんでした。


------------------------------------------------------------------
Robert Mondavi Winery
7801 St. Helena Hwy
Oakville, CA 94562
7 days open: 10:00 am - 5:00 pm
Yelp Review


6.28.2012

ナパでワイナリー巡り ② ~フロッグス・リープ編~



はいっ、ということで今日も2泊3日で行った2日目ナパのワイナリー巡りの旅。 Vサッツイ・ワイナリーを後にし、次に向かった先はフロッグス・リープ(Frog's Leap)。 フロッグ。。。? かえる。。。? そう、その通りです。 かえるがシンボルマークのワイナリーです。 



かえるの置物がところどころで目に付きます。


このフロッグス・リープですが、有機農法で育てられたブドウを使ったオーガニックワインのワイナリーということもあり、健康志向の私にとってはちょっと楽しみなワイナリーでもありました♪



外観からはとてもじゃありませんが、ワイナリーとは思えないほど。 ただの家じゃないのでしょうか。。。 中に入って更に驚きました。





おシャレ過ぎ。。。 (^^;)



暑いのに暖炉の前では猫がノビノビしています。 暑くないのかよ。。。


テイスティング費用は1人4杯で20ドル。 これからまだまだ飲み歩きをするので、ここでも1オーダーのみ。 中で20ドル支払い、ワインはガーデンでお楽しみくださいとのこと。 早速外に出てみました。


ワインを飲みながら優雅に遊ぶアメリカ人。 こういうゲームでやたら熱くなるのが典型的アメリカ人だと思います。



有機農法で育てられている野菜やハーブなどなど。




広大なブドウ畑。 ここで育ったブドウがワインになるのですね。



オーガニックのチェリー。 ワインのつまみに食べても問題ないそうです。



ヤギ? 


テイスティング出来るワインはそのときによって違うようです。 1杯ずつグラスに注いでもらい、庭を歩きながら、或いはチェリーを摘みながら、はたまたアメリカ人のようにゲームに没頭しながら各自好きな時間を過ごし、グラスが空いたら新しいワインをもらいに行きます。 



一番最初にもらったワインは2011年 Frog's Leap Sauvignon Blanc, Rutherford。1本20ドルのワインです。




Vサッツイ・ワイナリーの6種のテイスティングとは違い、4種限定なので量も多少多いです。 このワイン、飲んでみてびっくり!! グレープフルーツやレモンの柑橘系の香りで、飲んだ感想はとにかく爽やか。 こんなに涼しげなワインを飲んだのは初めて! 美味しいです。 こんな爽やかなワインがあったとは。。。 ワインの奥深さに驚くばかりでした。


そして2杯目は、2009年Frog's Leap Zinfandel, Napa Valley。 1本27ドルのワインです。



こちらも非常に涼しげなワインですが、チェリー系の香りが強かった印象です。 やはり1杯目に飲んだあのセンセーショナルなワインに比べると、ちょっと劣ってしまうかなと感じました。 美味しいことに変わりはないのですけどね。


白ワインはこの2杯で終わり。 そして残り2杯は赤ワインです。 私はどちらかと言うと赤のほうが好きなわけですが、赤のほうが悪酔いします。 まぁこういったところで飲む量であれば酔うことはありませんけどね。


ということで3杯目は2009年Frog's Leap Cabernet Sauvignon, Napa Valley。 1本42ドルと値段がちょっと中級価格へと上がりました。





プラムの香りが特徴的な1年を通じて楽しめるワインのようです。 渋みと酸味が良いバランスでした。 ここのワインは今のところ3杯飲んでどれも美味しい♪ 有機農法だからなのかな。。。?




そしていよいよ最後のワインの登場です。 2008年Frog's Leap 'Rutherford'。 1本なんと75ドルという金額。 




良いワインに見られるという粘度がばっちりとグラスに残っています。 さすが75ドル。 飲むのも楽しみ♪ ほほぅ、これはっ!? カシス系の香りとどっしりと来る飲みごたえ。 美味しい。 やっぱり高いワインって美味しいんだなぁ。 普段飲んでいるTrader Joe'sの2ドルワインとは大違いだ。 いや、これもそこそこ美味しいんですけど、やっぱり高いワインと比べちゃうとね、全然違うわけですよ。 


75ドルのワインを買って帰りたいところですが、これから先のワイナリーでもっと良い出会いがあるかもしれませんし、なかったとしても75ドルのワインを飲むときって一体どんなときなんだろう?って自分に聞いてみたところ、何も思い浮かばなかったので止めました。


4種のワイン、どれも美味しかったです。 フロッグス・リープ・ワイナリー、かなりオススメです。



------------------------------------------------------------------
Frog's Leap Vineyard
8815 Conn Creek Road
Rutherford, CA 94573
7 days open: 10:00 am - 4:00 pm
Yelp Review




6.27.2012

ナパでワイナリー巡り ① ~Vサッツイ編~



ようやく再開。 2泊3日サンフランシスコの旅の2日目、ワイナリー巡り。 やっぱり間が空いてしまうとどんどんと書く気が失せていってしまうものですね。 ですので今日から心を入れ替え、しっかりと書いていきたいと思います。


というわけで、V・サッツイ・ワイナリー(V Sattui Winery)のピクニックエリアで昼食を摂った後、いよいよワインテイスティング会場へと向かいました。



過去7回もワイナリー・オブ・ザ・イヤーを受賞しているようで。。。 期待が高まります。



4本セットで販売されているワイン。 ラベルがなかなかシャレていて可愛いです。 



3連休ということもあってか、テイスティング会場は大混雑!! この中でとりあえず空いている場所を見つけ、いよいよテイスティング開始です。 このVサッツイ・ワイナリーでは6種10ドルでテイスティング出来ます。 とりあえず私はドライバーも兼ねているので、2人で1オーダーを共有することにしています。 だって飲んで捕まったらあぶないじゃない?


かなり数があり、どれを選べばいいのか悩みます。 ただどこのワイナリーでもそうですが、上のほうから選んでいき、最後は下のほうのワインで締めるというのが一般的です。


ということで、先ずはChardonnayのCarsi Vineyard Estateを選ぶことにしました。 2009年もののワインです。




いくらテイスティングとは言え、量が少ない!!  これを2人でシェアしたら楽しむ暇もないですよ。 とりあえずワインのうんちくを語るほどの知識は持ち合わせていないですが、適当に楽しむぐらいは出来ます。 でもこの量じゃちょっと楽しめないかな。。。


飲んだ感想としては、かなり甘め。 カニや鶏肉と合わせて飲むと美味しいとのことでしたが。。。 うーん、どうだろう? 私的にはちょっとパスです。


お次の注文はこちら。 2011年もののDry Riesling。 




うーん。。。 クセはないけど、やっぱり甘いですね。 ライムやネクタリンのほのかな香りが楽しめるということでしたが、言われてみれば程度。 お寿司とあわせると良いらしいですが、だったら日本酒が良いです。


お次は白ワインからロゼへと変更。 2011年のGamay Rouge。



そういえばワインは色を良くみるために、光に照らすと良いって聞いたことがありますよ? 私の知識は大抵漫画から来ていますので、それが正しければ読んだ漫画は神の雫で間違いないでしょうけど。。。


うん。。。? 色をみてもやっぱりただのロゼにしか見えません。 ええぃ、もう飲んじまえ!! これはロゼにしては甘みが少なく、フルーティな味わい。 ざくろやイチゴを使っているようですが、ざくろは確かに感じられるほどでした。


そしていよいよ赤ワインへ。 2009年Merlot Henry Ranch。





うーん、渋い (>_<)


いよいよ残るテイスティングは2杯分。 2008年Cabernet Sauvignon, Mt. Veederをチョイス。





そういえば良いワインはグラスの中で回転させた後にグラスのまわりにネバっとしたものが残ると良いと書いてあったことを思い出しました (これまたおそらく神の雫から)。 確かに言われてみると、このワインはまわりにネバネバっと残ります。 これが良いワインなのか!?


タンニンが多く含まれているであろうこのワイン、やっぱり渋いです。 牛肉と一緒に食べると良さそうですね。 


さぁ、そしていよいよ最後。 最後に選んだのはAngelicaという食後酒。



ん? なんかワインにしては色が中途半端な。。。? 匂いを嗅いで理由が分かりました。 これはワインではないですね。 マスカットのような匂いとブランデー。 甘いけど強い。 でもこれは初めて飲む味だったので、強烈に印象に残りました。 ちなみに8年ものだとのことです。


ということで6種のテイスティングが終わったので、次なるワイナリーへと向かいますが、その前に外で写真撮影。




続く。


------------------------------------------------------------------
V Sattui Winery
1111 White Ln
Saint Helena, CA 94574
7 days open: 9:00 am - 6:00 pm
Yelp Review