9.14.2011

世界のビール <その1> FAT TIRE (ファットタイヤ)




何で今までこういうことを書いてこなかったのだろうと思わされました。 お酒は浴びるように飲むというのに、ほとんどと言って良いほどこのブログで取り上げたことはなし。 日本からアクセスされる方々も多くなってきた今日この頃だし、アメリカで飲めるおすすめのビールを紹介しちゃおうのコーナーを開設したいと思います!!  (≧∇≦)  



あくまでも「アメリカで飲める」がコンセプトですから、アメリカ産以外のビールも紹介していきます。 時にはメキシコビールや日本ビールなどを紹介することもあるかと思います (相当ネタに困らない限りないと思うけど。。。)。



というわけで、これから新しい発見がありましたらどんどんとアップしていきたいと思います。 ちなみに「おつまみ・お酒・料理」というカテゴリーを作りましたので、おすすめビールはこのカテゴリーから入ってくださいね。 そんな第1回を飾るおすすめビールは。。。 私の第2の故郷と言っても過言ではないコロラド州のFort Collins (フォート・コリンズ)という街で製造されているNew Belgium Brewing Company (ニューベルギー社)からの「FAT TIRE (ファットタイヤ)」です!!



コロラド州に住んでいるときには、このNew Belgium (ニューベルギー社)から出ている別のビール、Sunshine Wheat (サンシャインウィート)というのを良く飲んでいました。 ところがカリフォルニアに移るや否や、こういった類のビールがどこの店にいっても入手することが出来ず、いつかコロラドに帰ったらまた飲もうと心に決めていました。



ところがカリフォルニアに移って数年が経った頃でしょうか。 見た目に見覚えのあるデザインのビールが米系スーパーマーケットで売られていることに気付きました。 そう、それがFAT TIRE (ファットタイヤ)との出会いです。 茶色の瓶に自転車の絵が描かれているオシャレなビール、FAT TIRE (ファットタイヤ)。 数年経つうちに、販路が増えてついにカリフォルニアでも入手できるようになったのです!! こちらがその写真。






何ともかわいらしいデザイン。 これが本当にビール?と思ってしまうほど。






この瓶ビールが6本セットで大体8~10ドル程度で売られています。











気になるFAT TIRE (ファットタイヤ)のお味はというと。。。 すっきりとしたのどごしにさっぱりとした味。 そしてその後に匂うほのかなフルーツの香りとコク。 コロラド州のビールはロッキー山脈かわ湧き出るミネラルたっぷりの水を使っての製造となるため、美味しいビールが多いという印象を私は受けています。



こちらのFAT TIRE (ファットタイヤ)ですが、アンバーエールのカテゴリーに属します。 アンバーエールが分からない人は自分でググってみよう!! 直ぐに見つかるはずだっ!!



残念ながら日本ではほとんど飲む機会に恵まれないのではないかと思います。 アメリカ大陸に旅行に来る機会があったら、是非とも試してみていただきたい、そんな価値のあるビールです。 ちなみにカリフォルニアのバーでも最近はFAT TIRE (ファットタイヤ)をDraft (生)で提供しているところもあります。 瓶詰めされているビールよりもやっぱり生のほうが断然美味しいですよ。 3割増しで美味しいと言ったところでしょうか。 




それでは次回のおすすめビールもご期待ください!! その前にカクテルとかも取り上げるかもしれませんけどね。 あ、それと良い子のみんなはお酒を飲んじゃダメだからね~~。 お酒は20歳になってからだぞ~ (アメリカは21歳)。





0 件のコメント: