9.30.2010

ファンタジーフットボール 第3戦



ファンタジー3戦目が終わって既に数日が経ってしまいました。既に4戦目の準備に取り掛かる中、3戦目のレビューです。3戦目ではお互い2連敗同士の対決となりました。ここは負けられないですよ。勝つためには手段を選ばないことを先週誓ったばかりですからね。


さて、ということで先発メンバーにてこ入れが必要です。先ずはQB。毎回のことながら悩むところ。トニー・ロモかドノバン・マクナブか。ロモ率いるカウボーイズの相手はヒューストン・テキサンズ。マクナブ率いるレッドスキンズの相手はセントルイス・ラムズ。ロモは調子が悪い上、相手がそこそこ強い。マクナブはラムズという結構弱いチームと対戦。よし、これはマクナブだろう。今日の先発はマクナブだ!!


1人目のRBはセドリック・ベンソン(CIN)で動かす気なし、同時にWRのアンドレ・ジョンソン(HOU)も固定メンバーに入れます。ニューオリーンズ・セインツのRBピエール・トーマスですが、レジー・ブッシュの怪我により第1RBへ格上げされました。ということは、それだけ活躍できる可能性が高いはず。よし、もう1人のRBは彼を選択しましょう。もう1人のWRはヴィンセント・ジャクソン(SD)かピエール・ガーソン(IND)、マイク・ウォレス(PIT)から選ぶ必要がありますが、ジャクソン、ガーソンどちらも怪我で出場できず。必然的にマイク・ウォレスに。RB/WRどちらも選べるスロットは、となると所持選手の中からはコレル・バックホルター(DEN)かラシャード・ジェニングス(JAC)か。ラシャードは先週JACが憎いからという理由だけで外しましたからね。ただバックホルターは第1RBのノーション・モレノの怪我により、こちらも同じように先発を任されています。よし、出場機会の多いバックホルターで行こう!! 何てったってブロンコスの選手だし、相手がコルツだろうがやってくれるに違いない。


K、TEは前回と同じ選手を使うことにして、最終的に決めなくてはいけないのが何時ものことながらD/STの部分です。カウボーイズかコルツか。カウボーイズの相手はテキサンズ、コルツの相手はブロンコス。この組み合わせを見るとコルツを選択しそうですが、私はなんと言っても大のブロンコスファン。コルツを選ぶということは、ブロンコスの応援がしっかりと出来なくなるジレンマに侵されそうです。ただ勝負事に私情は禁物だし、それで先週もやられているし。けど応援できないのは痛いし。。。







いや、いくらなんでもブロンコスを応援しないということは出来ない。だからやっぱりカウボーイズのD/STを選ぶべきだろう。そうしよう、そうだ、それしかない!!






これで先発メンバーが揃いました。





いざ、対決です。




蓋を開けてみると、何とこのメンバーが大当たり。QBこそロモ19点に対し、マクナブ13点と多少の差が出ましたが、それ以外はグッド!! 合計総得点109点、相手チームは94点で15点差をつけてついに連敗脱出です!!




これでやっと成績が1-2となりました。3連敗だけは免れてよかった。。。






















9.29.2010

Twitter


ブログを始めたのとほぼ同時にTwitterもやっています。これがなかなか面白い。全く知らない人がフォロワーになってくれたり、全く知らない世界の人たちと繋がっている感じがします。


ロサンゼルスに住んで長いため、日本の情報はYahooなどで入ってくるトップニュースばかり。Twitterでは色々な人が色々な呟きをしています。最近は出身が埼玉ということもあり、埼玉の人たち中心にフォローしてみました。そうしたら今日は草加市では小雨だとか、市選挙がそろそろ始まるとか、正直自分にとっては大して必要なさそうな情報ではあるけれど、それでもそういったトップニュースに入ってこない情報が入ってくるのは嬉しいことです。


最近携帯も新しくなりました。アンドロイドのGoogle Phoneです。これでTwitterの更新も頻繁に出来るようになりそうです。こまめにチェックしてみてくださいね。


9.28.2010

ブロンコス vs コルツ



この前の日曜日はデンバー・ブロンコスの3戦目。ホームで迎える2戦目です。相手は強敵インディアナポリス・コルツ。去年のAFCのチャンピオンです。


今回はちょっと遠出になりまして、オレンジカウンティという我が家から車で1時間ほど南に行き、アーバインと呼ばれる町のDave & Bustersにて観戦しました。Dave & Busters、かなり良いです!! なんといっても日曜日はビールが安い。コロラド生まれのビール、Coorsが2ドル50セント。Blue Moonというちょっと甘い系のビール(オレンジを入れて飲む)が3ドル。つまみも4ドル、5ドル、6ドルのものがあり、結構良い感じでした。


ただ何故か、私の中で一番強くて格好良くて、ファンが多いと思っているブロンコスの試合だけ放送されてなく、フロントにて放送してくれと伝える。10時から始まった試合が終わり次第、直ぐに切り替えるとのことでしたが、タイミング悪く、セインツの試合が延長戦になっていました。終わり次第切り替えてはくれたのですが、既に5分ほど始まったタイミングからの観戦となりました。ただ、試合的には0-0のままです。ちょうど良い。



コルツは何といってもオフェンスもディフェンスも強い。ブロンコスの勝つ確率は低いでしょう。ただ、試合に絶対はありませんから、勝つことだけを信じて応援です。


ブロンコスのディフェンス、コルツを止めることが出来ません。レッドゾーンまで入られるもタッチダウンは何とか阻止。フィールドゴールにて0-3と点を入れられます。その後キックオフリターンでの失敗、カイル・オートンのインターセプトなどがあり、早くも13点差。あー、終わった。そんな雰囲気が漂います。ブロンコスは再三に渡るギャンブルダウンも成功できず、今ひとつな感じです。うーん、やっぱり勝てないか、諦めモードで居ると隣の妻が「仕方ないよ、コルツだし。」と慰めになっているのか、フォローになっているのか分からない言葉を連発。


むきーーーー!!!!!





見返してくれ、ブロンコス。




何とか前半フィールドゴールを決め、3-13となります。後半に入るとカイル・オートンのパスが冴え渡ります。何と、この日カイル・オートンは自己新記録達成の476ヤードを投げました。ただ残念ながら試合は惨敗。13-27にて試合終了となりました。


これでデンバー・ブロンコスは1勝2敗の成績となりましたが、AFC Westは混戦です。何故かカンザスシティ・チーフスが3連勝と誰も予想しなかったことになっていますが、それ以外は1-2で並んでいます。何といってもサンディエゴ・チャージャーズの調子が悪い。これはまだまだ可能性が高いですよ。チャージャーズの前半は格下との対戦が多く、後半に強いチームと当たります。逆にデンバー・ブロンコスは前半きつくて後半は割と楽な感じです。今年はいけるかな? 


毎年のことながら、完全に他力本願なデンバー・ブロンコスです。





9.27.2010

あ゛つ゛いぃぃぃーーー!!



夏が来ないとか言っていたら、急に暑くなり始めた今日この頃。先週土曜日からかなり暑いです。暑いって表現が正しいのかすら分からない。うーん。。。なんて表現したら良いのでしょうか。痛い? ちょっと違うな。日本みたい? いや、もっと暑いような気もするし。ただ湿気がない分、マシなのかもしれないけど。


とにかく半端なく暑い日。特に今日が一番暑かった気がします。華氏100度を余裕で越えていたようです。摂氏にすると40度近く? ここトーランスは他の地域に比べて涼しい方なのですが、もう少し内陸に入るとさらに暑く、45度とかあったらしいです。



日本でも45度越えた日ってあったのでしょうか?




夏が来ない来ない言っていたのに、来たら来たらでもう最悪。




早く冬になって欲しい。




暑いのは耐えられない。寒いのは余裕。暑いからって脱ぐにも限度があるじゃないですか? けど寒かったら着れば良いんです。暑いのは防ぎようがありませんよ。



残念ながらこの気温、今週半ばまで続くらしいです。




もう勘弁してください。。。




9.26.2010

再会



去年11月に会ったきりの兄が秋のシルバーウィーク(?)の休みを使ってアメリカに入ってきました。約1週間の滞在で、LAX(ロサンゼルス)国際空港に着いて、直ぐにレンタカーでセドナに行くとのこと。セドナで1泊して観光の後、ラスベガスへ。ラスベガスでは数泊して、両親とともに日帰りでグランドキャニオンにも行くらしく。その後ロサンゼルスに帰ってきて、我が家に1泊、そして帰国という過酷なスケジュールでやってきていました。ヨセミテやサンフランシスコにも行きたかったとのことですが、どう考えても1週間では無理と悟ったらしく、断念したとのことです。


金曜日の夜、仕事が終わる頃に私の仕事場もあるトーランスという日本人が多く滞在する街(町と書いた方が正しいかも)にある、Red Carという地ビールが飲めるアメリカ系レストランでの再会です。金曜日ということもあり、混雑が予想されるため予約を取って行くも、かなりガラガラの状態。この店では地ビールが6種類あるのですが、しかも何と3種類は今日はないという状況。こんなことってあるのでしょうか。。。21時ごろからはライブミュージックが入りますが、それでも人は増えず。挙句の果てには22時にラストコールだけど。。。と言われる始末。金曜日の夜、稼ぎ時の日であると思うのですが、それでも22時に終了。一体何が起きたのか。。。? 私たちが心配することではないのでまぁ良いのですけど。


場所を変えて軽くもう少し、と思いつつも他の店は結構混んでいて、仕方ないので両親の家で軽く飲み、運転に差し支えが出るとまずいので、その後帰宅。家ではビールやらつまみやら色々と準備していたのですが、次の日に帰国ということもあり、ほとんど飲まずにそのまま就寝となりました。


久しぶりの再会にも関わらず、ほとんど会話も出来ずに終わってしまいました。まぁ兄弟ってそんなものかもしれませんね。私も次の日にゴルフのトーナメントがあったので、空港への見送りも出来ず、結局再会した時間は数時間程度でした。



それにしても金曜日に行ったRed Car、夜22時に閉めて大丈夫だったのでしょうか? 何か気になり始めてしまいました。




9.25.2010

UFC 119



土曜日、Prideでも活躍したノゲイラやミルコが出場するということもあり、久しぶりにUFCを見ることにした。19時ごろテコンドーでコーチをしてくれている韓国人に連絡したところ、既に現地で飲みながら見ているとのこと。場所を確認したところ、レドンドビー久のスポーツバーとのことで家から車で20~30分ぐらいのところ。皆でわいわい見た方が面白いし、せっかくだからということで妻も連れて現地入り。


店の名前は忘れてしまったけど、確か何とかビレッジとか、そんな感じだったと思います。中に入るとかなり込み合っていて、友人を見つけるのも一苦労かと思ったが、奥の方でアメリカ人に囲まれて手を振っている見るからに東洋系の韓国人を発見。直ぐに見つかってほっとしました。


ちょうどショーン・シャークの試合が始まるところでした。ビールを注文し、早速観戦。UFCは日本でやるDreamとかと違って、どちらかと言うとスタンド系が多く、寝技、サブミッションでの一本勝ちというのはあまり見ないような気がします。この試合もスタンドでの攻防が多かったように思えます。3ラウンド戦い、決着は判定へ。正直ショーン・シャークの負けだと思っていたのですが、何故か判定勝ち。かなり疑惑の判定です。一緒に見ていた韓国人のリチャード始め、友人達から"What!?"の声が上がります。誰が見てもショーン・シャークは負けだと思ったのですが。。。裏で何かしらの力が働いているのかもしれませんね。


次の試合。判定。。。何かあまり面白みがありません。一緒に来た妻もちょっとつまらなそう。


ですがいよいよノゲイラの試合が始まりますよ。寝技のノゲイラ、きっと一本で極めてくれるに違いありません。ところが。。。やはりUFC。スタンドの攻防ばかりです。ノゲイラの判定負け。。。





また判定ですか。。。




見ているこっちがストレスを感じるほどつまらない試合が多いです。



ですがメインイベント、ミルコはきっと違うはずです。ミルコのKO数も多ければ、相手のフランク・ミアも寝技での一本勝ちやKOが多い選手です。1ラウンドで終わらないにしても、KOの期待が高まります。今までの鬱憤を是非晴らして気持ち良い試合を見て帰りたいところです。


第1ラウンド。



ほとんど様子見の状態。決め手はなく、2ラウンドへ。



第2ラウンド。



1ラウンド目と同じような状況。最終ラウンドへ。





ちょっと嫌な予感。



このまま試合終わるのか? 判定ばかり見に来てホントつまらんわ。




最終ラウンド。





膠着状態が続き、あーこりゃやっちまったなぁーと思ったところ、フランク・ミアのヒザがミルコの顔面に直撃。そのまま倒れこみ、無情のパウンド。試合終了です。一瞬の出来事でした。ただ何かラッキー的要素も含まれていたような感じで、しっくり来ないまま終わってしまいました。



ミルコの試合は結構一発をもらって終わってしまうケースが多い気がします。「ふっ」と気を抜いたところに一発をもらってしまうことが多いからかもしれません。



何はともあれ、いまいち盛り上がりにかけるUFCでした。



しばらくは見なくても良いかなって感じです。


9.24.2010

X Japan Live



明日ここロサンゼルスでX Japanのコンサートがあるようです。ようですというか、大分以前から知っていたのですが。。。 X Japanは昔から好きなバンドの中の1つで、ぜひとも行きたいと思っていたのですが残念ながら私が幹事のゴルフトーナメントと重なってしまいまして。体調が悪いからという理由で休むことも考えたのですが、Xのメンバーも以前に比べ大分代わってしまったし、諦めることにしました。


もしhideが生きていて、今回のライブに参加していたらおそらく私も間違いなく行っていたと思います。



hideはちょうど私が渡米する年に亡くなりました。告別式にも行ったほど好きで、彼を真似して私もピンク色に髪を染めたことがありました。ショッキングピンクを作るのはなかなか難しくて、超強烈脱色剤を3回ぐらい使い、髪の毛を極限まで白くし、その上にピンクをカラーリングした記憶があります。コロラドの大学時代にやったので、個人的にやりました。ただピンクのカラーリングは既に髪の毛に栄養が亡くなっていたため、ほとんど色が乗らずに2週間程度で全て流れ落ちてしまいました。



hide、生きていたらあなたは今頃何をしていたのでしょうか? 彼が生きているときに一度ライブを見に行きたかった。





私が持つ心残りのうちの1つです。


9.23.2010

日系マーケットにて。。。



ウーロン茶のペットボトルを買おうと思い、今日はNijiyaという日系マーケットに行きました。結局お目当てのウーロン茶がなかったので購入はしなかったのですが、店で普段あまり目にしない光景に遭遇しました。



私と同じぐらいの年代の方でしょうか。その人は石鹸や洗剤などが陳列されている棚の前に立ち、やたらと股関節を回すストレッチをしていたのです。




?????



状況が全くつかめません。




買い物に来て、片足を上げ、股関節を閉じて開く。右足、そして左足。異様な光景です。その方、誰かと話しているわけでもなく、1人で黙々と股関節ストレッチをしています。




何かちょっと怖いもの見たさに直ぐ後を通ってみました。





あ、なるほど。その方シップを買おうとしていたようです。



痛い場所の大きさに合わせて購入するシップを決めようとしていたのでしょう。





家である程度やってくればいいのに。。。





9.22.2010

テコンドー昇級テスト 緑 → 青



今日は3ヶ月に1回の帯テスト。



この日のために血の滲む努力を毎日してきました(嘘です)。ちょっと練習不足で不安がある上に、腰っていうか臀?(読めない人のために尻のことです)が異常に痛い。こんな中で頑張れるのか不安ですがまぁやるだけやるしかないですね。


本来であれば明日(23日)木曜日の午後4時半から開始される私の帯テストですが、仕事の都合上行くことが出来ないため、Make Upの帯テストが今日(22日)の午後6時半から始まりました。Make Upに来たのは全部で7人。緑帯は私を含めて2人、青が2人、白が3人となりました。


テストは順調に始まり、ミスすることもなく、課題を全てこなしていきます。ですが、腰っていうか臀(くどいですが尻です)の痛みが予想以上に激しい。痛みをこらえながらも頑張る私。問題なくクリアしていきます。




ところが問題の板割り。。。





こればかりは気合を入れて割らなくてはいけない上、足を上げると激痛が。。。ですが弱音は吐けません。武道・格闘技とはそういうもの。体調が悪いときでも自分の最大限の力を発揮する。


よし、今日はやれる!!




そう信じ込むことが大事です。






今日の板割りはバックキック(後蹴り)。





集中して。。。









おりゃーーーー!!!!










失敗()。。。







どうやら板を構えている人がしっかりと抑えてなかったからいけなかったようです。再挑戦!!









だらっしゃーーーーーーーー!!!!!






失敗(激痛)。。。。。。







頑張っている足も足ですが、腰っていうか臀(尻ですよー)も痛い。やばいなぁ、今日は割れんかも。







ってか、よくよくみるとその板、厚すぎじゃない?っていうぐらい厚いんですけど。。。







だからといって臀(既に腰でなくなっている)が痛いからといって薄いのに替えてくださいとは言いたくない。自分の集中力が足りないのだ。しっかりと見極めて、3回目。。。









おりゃーーーーーーーーー!!!!








割れません。。。










もうどうしたら良いものか。。。3度目の正直なんてあてになりませんよ。見かねたグランドマスターがどうやら私の蹴りの癖を見抜いたらしく、板を抑える人に何か指示をしています。持ち方はこんな感じで、抑え方はこうして。。。 準備は整いました。さて、4度目の正直です(既にこのとき、皆板割りは終わって1人だけ居残り状態です)。











おりゃーーーーーー!!!!









バキッ!!!!









割れましたーーー!!! ついに割れました!!!!






ええ、私は悪くなかったのです。板を持っていた人が悪かったんですよー(人のせいにしている時点で間違っている)。




無事板割りも終わり、テストは終了。





普段は審査に数日かかるのですが、本日は問題なく合格。



めでたく青帯取得です!!




黒帯までまだまだですが、とりあえず黒帯初段目指して頑張ります!!








9.21.2010

ファンタジーフットボール 第2戦



昨日自分道を貫くことを宣言した私。


ええ、良いんです。自分が好きで書いていることですから。自己満足のブログですから。ということで、今日はファンタジーフットボールでのSaitama Penguins第2戦について、です。


第1戦ではインターネットに繋がらず、自動選択での試合となりましたが、ネット接続が回復した今となっては、事前にしっかりと選手を選んで万全の状態で望めるようにしました。RBのMontario Hardestyという選手が怪我で復帰見込みがないため、彼を解雇し、新しくジャクソンビル・ジャガーズからRashad Jenningsを取得しました。


先発QBをトニー・ロモ、ドノバン・マクナブのどちらにするかが先ず一番の鍵です。トニー・ロモ率いるカウボーイズの相手はシカゴ・ベアーズ、ドノバン・マクナブ率いるレッドスキンズの相手はヒューストン・テキサンズです。この感じからすると、ベアーズのディフェンスはあまり良くないだろうことから、トニー・ロモのパスの方が彩度が良さそうな気がします。よし、今回はトニー・ロモを先発QBに選択しましょう。



RBはセドリック・ベンソン、ピエール・トーマスは絶対にメンバーに、WRはアンドレ・ジョンソン、マイク・ウォレスも外せません。ということで、空きポジションはRB/WRどちらでも好きな方を選べる部分になります。ここに誰を入れるべきか。。。 Saitama Penguinsで選べる選手は、

ヴィンセント・ジャクソン(WR)
ピエール・ガーソン(WR)
コレル・バックホルター(RB)
そして新しくメンバー入りした
ラシャード・ジェニングス(RB)
の4名です。

WRでいくか、RBでいくか。。。


当然ヴィンセント・ジャクソン選手は出場停止中なので選択肢から外します。


3名のうち誰にするか。。。


WRかRBか。。。



ピエール・ガーソンはコルツの選手。相手はジャイアンツ。コレル・バックホルターは私の好きなデンバー・ブロンコスの選手。相手はシアトル・シーホークス。前回の試合ではラン攻撃を封じ込め、良いディフェンスを見せたという情報が入ってきています。ラシャード・ジェニングスはジャクソンビル・ジャガーズの選手。初戦ではデンバー・ブロンコスに勝ちやがった許しがたいチームの選手。



ということで、とりあえずラシャード・ジェニングスは外そう。。。



あと2人。ピエール・ガーソンか、コレル・バックホルターか。やはりマニング(兄)から繰り出されるパスを華麗にTDし、点数を稼げそうな雰囲気があります。コレル・バックホルターは大事なところでファンブルとかやってくれそう。




よし、ピエール・ガーソンにしよう!! RB/WRのスロットはピエール・ガーソンに決定。




TEはトニー・ゴンザレスで問題なし。Kもデビッド・エイカーズでOK。



あとはディフェンスのチーム選択が必要です。カウボーイズとコルツのディフェンスを持っているSaitama Penguins。


カウボーイズは前述の通り、ベアーズと対戦。コルツはジャイアンツとの対戦。ベアーズのオフェンスはQBジェイ・カトラー率いる、去年は全く機能していなかった軟弱オフェンス(ファンの方、すみません)。ジャイアンツは守備的チームの印象が高いが、マニング(弟)がいるのでそこそこやってくれそうな感じ。




うーん。。。





とりあえずカウボーイズのディフェンスにしておくか。






これで先発メンバーが全部決定しました。






いざ試合が終わってみると。。。



Saitama Penguinsは66点、相手チームは81点。実に15点も点差が開いてしまいました。





試合終了後、選評を確認してみましたが、実に迷ったところが勝負の分かれ道だったことが判明しました。トニー・ロモが獲得点数14点だったのに対し、ドノバン・マクナブは21点。ディフェンスに選んだカウボーイズは6点、コルツにいたっては17点。そしてRB/WRの枠は、ピエール・ガーソンが1点に対し、コレル・バックホルターが7点、ラシャード・ジェニングスは8点。。。



完全に全て裏目に出た采配というべきところでしょうか。この3選手を選んでいれば実に25点近く多く得点することが出来ていたのです。勝負事に私情を挟んではいけませんね。




次回は好き、嫌いに関わらず勝ちにこだわりたいと思った2連敗目。








9.20.2010

マンネリ化



6月にオープンしたこのブログも早いもので既に3ヶ月が経過しようとしています。



当初に比べ、言葉遣いを丁寧にし、気配りを始めた私。何時誰がどこで何を見ているかは分かりませんからね。注意しておくに越したことはないですよ。



ところでこのブログですが、最近内容がマンネリ化していませんか? このままじゃきままにブログじゃなくてまんねりブログにタイトル変更した方がいいんじゃないかって思います。ちなみにこのきままにブログですが、好きなときにきままに書くわけではなく、きままな内容を書くからきままにブログなんですよー(説明しなくてもそれぐらい分かりますよね。。。)。



話を戻してマンネリ化している原因ですが、アメフトが始まったことが大きな要因の1つと考えられます。そしてファンタジーフットボールへの参加。これによって1週間にうち2回はアメフトの内容を取り上げるわけですから、アメフトを知らない人たちは全くもって付いてこれませんよね。そしてアメフトの内容を全て取り上げるわけではなく、自分の応援するデンバー・ブロンコスに偏って解説しているわけですから、見ている方としては堪らない内容だと思います。



あ、それも含めてのきまぶろだから、気にする必要は全くないのか。



これからも自分道で貫いていきます。

9.19.2010

ブロンコス vs シーホークス



9月19日、デンバー・ブロンコスのホーム開幕戦です。相手はシアトル・シーホークス。ブロンコスはホーム開幕戦では10連勝中と今日も期待がかかります。



当然のことながら、ここロサンゼルスでブロンコスの試合を見るのは困難を極めます。チャージャーズやらレイダースやら我がにっくき相手がいるからです。



ということで、アメフトのシーズンが始まるとスポーツバーに行くことになります。




今回は家から車で5分ほどの場所にあるところを利用しました。今日の試合はロサンゼルス時間13時からということもあり、10時からの試合を見に来ている人たちと交錯します。よって、その試合が終わるまでは試合を見ることが出来ないという難点がありますが、まぁ数分程度なので我慢します。



空いている席の中で一番見やすそうな場所を確保し、ビールを注文。1杯5ドル程度です。ランチも食べていなかったので、サンドイッチを選択。




観戦準備は整いました。




試合はシーホークスボールから始まったようで、見始めたときには既にかなり攻め込まれていて、タッチダウンまであと20ヤードぐらいの場所まで来ていました。




あー、今年のブロンコスは去年のようにディフェンスは良くなさそうだな。。。シャナハンHCのときのように、点の取り合い合戦にきっとなっていくのかなぁとちょっと不安な内容です。





ところが。。。






インターセプト (by チャンプ・ベイリー)!!!






おー、要所要所締めてくれますねー。





悪くても3点取られていたところを見事リカバー。





そしてそこから始まる攻撃でもカイル・オートンのパスが冴え渡り、エディ・ロイヤルのタッチダウン!!




エキストラポイントも決まり、7-0です。




続く攻撃では相手チームがファンブルを起こし、またしてもデンバーに攻撃権が移る。



ここではRB、コレル・バックホルターがきっちり決め、タッチダウン!!




その後も試合を優勢に運び、前半終わって17-0です。






後半では2回シーホークスにタッチダウンを許すも、ドラ1のWR、デマリウス・トーマスの初タッチダウンなどもあり、31-14で完勝!!!





ホーム開幕戦に強いデンバー・ブロンコス、これで記録を11に伸ばしました。




次戦は強敵インディアナポリス・コルツと対戦です。間違いなく負けるでしょうがまた見に行く予定です。おそらくこの週内で多少のディフェンスにてこ入れが必要になるでしょう。インターセプトが何度かあり助けられた感じですが、ディフェンス自体は非常に出来が悪い印象です。コルツ相手に点の取り合いなんて挑めないですし、うまく機能することを願っています。




ところで、試合が終わるまでにウェイトレスさんが何度か足を運んでくださりましたが、ビール2杯、サンドイッチだけのオーダーで粘り、チップを含めて25ドルです。3時間観戦したことを考えると非常に安上がりでした。



次回は別の場所にて観戦を予定しています。パーキングが狭い上に、レッドスキンズのファンが多くて。。。まぁ私もレッドスキンズ応援してますけどね。シャナハンがHCやっているから。



ちなみに今年のスーパーボール優勝チーム予想として、レッドスキンズとブロンコスに賭けました(汗)。倍率がレッドスキンズが25倍、ブロンコスは50倍です(笑)。当たればすごいですが、確率はかなり低そうです。

9.18.2010

Eatalian



イタリア旅行から帰ってきたばかりであまりイタリアンは食べたくなかったのですが、知人からめちゃめちゃ美味しいイタリアンレストランがあると耳にしました。



ピザは薄くてふわふわ、パスタは全てアルデンテ、ラザニアはふわふわ、デザートのジェラートはめちゃめちゃ美味しいとのこと。





うーん。。。






そう聞いたら行かないわけには行きませんね。








ということで、週末ランチタイムを使って足を運んでみることに。





そのレストランは倉庫街にぽつんとあり、倉庫を改装してレストランにしたらしいです。




店内は結構なスペースがあるにもかかわらず、ランチタイムということもあってかかなり混雑気味。



       



席に通され、メニューを一読。


値段はそこそこ。大体1品10ドル前後。



アルコールはないようで(まぁ昼間からは飲みませんが)、夜行く場合はおそらく持ち込みが可能なのではないかと思います。




私たちは、パスタ1品、ピザ1品を選択。



ピザはプロシュートが入ったものを、パスタはポルチーニ入りのものをチョイス。(ごめんなさい、名前忘れました。)



     




言われていた通り、ピザはかなり薄くて尚且つモチモチ。パスタもモチモチしていて美味。




あれ?




ひょっとして。。。イタリアで食べたイタリアンよりも美味しいのでは?そんな感じです。





デザートにジェラートを選択。








スモールのカップに2つの味を選ぶ(コーヒーとカプチーノ)。


これはイタリアで食べたジェラートの方が美味しいですね。ちょっと甘すぎって感じです。



ただ甘いものは嫌いではないので特別イヤに感じることはなく、ぺロっと。




なかなか良い店でした。




次回は4人とかで行って色々と試してみたいと思います。



------------------------------------------------------------------
Eatalian Cafe
15500 S. Broadway St. Gardena, CA 90248


9.17.2010

不思議なダンジョンシリーズ シレン4



イタリア旅行に行く前、DS用ソフト、シレン4を購入しました。

とにかく評価が高い上、不思議なダンジョンシリーズは大好きな私。


トルネコやらヤンガスやら色々とプレイしています。

シレンシリーズは今回が2回目。

前回は2をプレイしましたが、途中で挫折。。。






今回は。。。






難しい!!!






この系のゲームはそんなに苦手じゃないと思うのですが、どうもうまくいかない。


昼と夜、バナナの状態変化など面白みが増した分、難しさも増した感じです。







こういったゲームはクリアした後、隠しダンジョンが増えるのですが、




私にいたってはまだ普通のクリアも出来ていません。






一回の間違いが命取り。。。






頑張ろう。


9.16.2010

ついに終了!!



今日は歯医者最終日でした。


思えば3ヶ月前。。。いきなり歯が痛くなって緊急治療をお願いしました(6/4ブログ参照)。



神経が死んでいるので神経治療が必要、そしてクラウン(差し歯)の必要があると。



3ヶ月かかる長い道のりでしたが、やっと今日クラウンが入り、もうこれ以上歯医者に行かなくていいのかと思うとありがたいです。



ただですね。。。








歯が痛いです。。。








クラウンを入れた前歯が痛いのですけど。。。








激痛とかそういったわけではないのですが、何か締め付けられているような。。。







矯正とかしたことはないですが、同じような感じなのでしょうか。




これは慣れるものなのか、或いは別物なのか。





歯医者に行くと毎回麻酔を打たれるので、出来ることならもう行きたくない。





だけど。。。





来週もう1回行くことになりました。






クリーニングをそろそろした方が良いとのことで。




まぁこれは麻酔も何もないので、多分問題なく終わるでしょう。




このときまで痛むようなら相談しようかなと。





とりあえず無事に全部終わって安心しましたが、請求書は来なければいいなぁと。




9.15.2010

ファンタジーフットボール 第1戦


NFLが開幕したということは必然的に私が参加しているファンタジーフットボールも開幕するわけでして。


ドラフトで選手取得後、全くもって放ったらかしにしていました。


おさらいまでに、ファンタジーフットボールとは、実在する選手が試合で残した成績をもとに、決められたフォーマットの上で点数が加算されて相手チームと戦うゲームです。


私がオーナーであるSaitama Penguinsですが、
選手ラインナップはこんな感じです。

QB
Tony Romo
Donovan McNabb

RB
Cedric Benson
Pierre Thomas
Correll Buckhalter
Montario Hardesty

WR
Pierre Garcon
Andre Johnson
Mike Wallace
Vincent Jackson

TE
Tony Gonzalez
Tony Scheffler

K
David Akers
Joe Nedney

D/ST
Cowboys D/ST
Colts D/ST

試合が始まる日、
QB
RB
RB
RB/WR
WR
WR
TE
D/ST
K
の9ポジションにそれぞれ選手を割り振る必要があります。

このRB/WRの部分はRBでもWRでもどちらかを選択できるようになっています。


試合のある日曜日前に自分の選手ラインナップから選択しなくてはいけません。


ところが。。。





当日の日曜日は飛行機の中で一切触ることが出来ませんでした。

そして前日はインターネットに繋がらず。。。


インターネットの繋がった時には既に試合が終わっている時間でした。



ということで、私の選手ラインナップは自動的に選手されました。

こんな感じです。


QB
Tony Romo

RB
Cedric Benson

RB
Pierre Thomas

RB/WR
Pierre Garcon

WR
Andre Johnson

WR
Vincent Jackson SSPD

TE
Tony Gonzalez

D/ST
Cowboys D/ST

K
David Akers




あの。。。




1人。。。




試合に参加できない選手が入っているのですが。。。




SSPDはSuspendの略で、試合に出れないことをあらわします。

つまり、試合に出ていない選手が登録されている場合、試合に出ていないわけですから当然獲得ポイントはゼロとなってしまうのです。


それを踏まえた上での点数はこうなりました。



QB
Tony Romo -- 15

RB
Cedric Benson -- 9

RB
Pierre Thomas -- 14

RB/WR
Pierre Garcon -- 4

WR
Andre Johnson -- 3

WR
Vincent Jackson SSPD -- 0

TE
Tony Gonzalez -- 3

D/ST
Cowboys D/ST -- 5

K
David Akers -- 9


Total -- 62


点数の決まり方ですが、獲得パスヤード数に対して何ポイント、タッチダウン1回につき何ポイント、ボールをファンブルしたら点数マイナスなど、結構しっかりと練りこまれて作られています。

その点を踏まえると、選手の入れ替えをしなったのは非常に残念な結果です。
ただ他の選手に入れ替えていても相手チームにぼろ負けでしたけど。



相手チームは効率的に点数を回し、獲得点数は97。
どうやったらそんな高得点が取れるのでしょうか。。。


頑張って戦術を立て、2戦目に期待したいと思います。



9.14.2010

9・11が起きたその日。。。



いつもこの時期になると思い出すアメリカ同時多発テロ事件。
2001年9月11日から既に9年が経過しているとは思えない。



当時私はコロラドで学生をしていた。


目覚めとともに大学へ、コンピューター専攻だったために
コンピュータールームへとそのまま向かったのを覚えている。


課題に追われていたこともあり、何時ものようにYahooのニュースなどは見ないで
そのままプログラミングを書き始めていたところだった。
また、9年前の当時はYouTubeなどもなかったことを理解していただきたい。



何時も以上に混んでいるコンピュータールーム。
コンピューター専攻の人たちの課題がちょうど重なったのだと思っていた。


同じクラスを取っているアメリカ人の友達が私のところに駆け寄り、急にこんなことを言った。

友人 「ひろ、これ見てくれよ。すごいぞ。」


アメリカ同時多発テロ事件のニュースを見せてもらう。


私 「おー、これはすごいね。誰が作ったの?」










そう、私はコンピューターを専攻していたこともあり、見せてもらったニュースはCGだと勘違いした。




友人 「ひろ、これはCGでも何でもないんだ。NYで起きた事件なんだよ。」



 
正直驚いた。ビルの中に飛び込んでいくジェット機。

これがCGでないとするならば一体何が起きているのか?


友人 「これはテロだよ。アメリカを狙ったテロだ。」




信じられなかった。




私の住むコロラドの偏狭の地はテロの対象にもならなかったけれど、
同じアメリカ国内でそのような問題を抱えている地域があるとはにわかに信じ難い。


ところがTVを見ていても、ニュースをインターネット上で確認するにもしても
どこでも同じニュースが取り上げられていた。

どうやら知らなかったのは私だけだったらしい。





あれから9年後と1日が経過した2010年9月12日、私はNYの飛行場に到着する。

イタリアからの帰国がたまたま事件の次の日だったからだ。


何時まで経っても忘れることはないだろう、あの悪夢のような事件。



平和な世の中が来ることを祈っています。



9.13.2010

ブロンコス vs ジャガーズ



イタリア旅行記ですが、途中からネット接続が出来なくなり、
⑤の時点からアップデートされていません。
写真の加工やら何やら、準備が出来次第随時バックデートでアップしていきます。




さて、昨日の9/12は私の応援するデンバー・ブロンコスの
レギュラーシーズン開幕戦でした。
試合開始はLA時間10時、NY時間13時ということで、
ちょうどイタリアからのNY経由時にTV観戦できると思っていたのですが、
入国審査で時間がかかったり、ローカルTVでやっていなかったりと、
結局試合自体を見ることが出来ずに結果だけ見ることになりました。

結果は残念ながらあと1歩届かず、24対17で敗れました。
かなり良い試合をしていたようなので残念です。
結果しか見ていないので、試合内容に関して語ることは出来ないのが残念です。

次回は本拠地デンバーにてシアトル・シーホークスと対決です。
ここで1-1に成績を戻して欲しいと願っています。

おそらく私はスポーツバーで観戦します。




9.07.2010

イタリア旅行記⑤ (麗しのイタリア3日目)



麗しのイタリア3日目の本日は1日自由行動となりました。


ローマ市内を観光したい人はそのように、オプショナルツアー申し込みの場合はそのツアーに、という形です。


私はどうしても青の洞窟のツアー(カプリ島1日観光ツアー)に参加したかったので、そちらに参加。

ちなみに妻にいたっては、フィレンツェに特別な思い入れがあるようで、1人でそちらに行くとのこと。

明日からローマを離れてフィレンツェに行くにもかかわらず、その時間だけでは足りないとのことだった。



ということで、本日のオプショナルツアーは1人参加です。


周りが家族やらカップルやら、新婚旅行やらでにぎわっている中、1人参加です。


本日のガイドさんはSさん(間違っていたらごめんなさい)。


先ずカプリ島までの船が出ているナポリへと車で向かいます。時間にして約3時間弱。


例によってバスの中で色々と話を伺います。


基本的にイタリアでの高速道路は3本あり、一番右側がトラック用。制限80キロ。真ん中で今回使ったバスなどが良く利用する車線。約100キロ。一番左は普通の車が走るようとのことでした。


イタリアと言えばフェラーリやランボルギーニ、ポルシェなどが有名ですが、一時期一般普通車には制限速度なしで走れるということを実施したとのことです。ドイツが発祥らしく、イタリアは完全にそれに乗った感じですね。ところがイタリアでは事故が多発し、結局は制限速度をつけたとのことでした。


ナポリに着くと、カプリ島へ向かう船に乗り込むことになります。10時35分の船を予約していたようですが、青の洞窟に行くには早いに越したことはないとのこと。ナポリに着いたのが10時2、3分前。この10時の船に乗るために下車後、急いで船の方へ。


何とか間に合い、カプリ島へと向かいます。


   



カプリ島へ着いた私たちは、今度は40人乗りの船へと乗り換えます。


   
    


さて、いよいよ青の洞窟のある場所に到着です。


    




このような形で順番待ちがあります。


今日は朝1本早い船に乗れたので、そこまで観光客はないとのことでした。


40分ほど待ったところで、いよいよ青の洞窟へと入ります。








さて、中に入ったは良いものの、全くもって何も見えません。



船頭さんが「ウシロ、ウシロ!!」と日本語で喋ります。


   

      



本当に青いです!!!!



神秘的というか何というか、時間としては2~3分程度でしょうか。


今でも思い出しただけで鳥肌が立つほどきれいでした。



出た後は船頭さんにチップを要求されます。


1ユーロで大丈夫とのことなので、1人1ユーロ渡して上げましょう。




実は今日、風が結構強く、波も少し高く感じました。

入れたのはラッキーだったらしく、朝からこのような天候だったら間違いなく中止だったらしいです。


そして残念ながら明日からはおそらく中止になるだろうとのこと。


1日遅かったら入れなかったと思うと、今回本当にこのツアーに参加して良かったな、と思います。



さて、青の洞窟見学が終わったあとは、ランチへと向かいます。


本日のレストランはこちら。


魚料理とのことです。


    


味はまぁいたって普通。悪くはなかったです。




このあと、10分ほど歩き、展望台のような場所で写真撮影をします。







とにかくきれいです。
ついでに花も撮影しておいたので、こちらも宜しければ。







そしてその後カプリ島を15時30分ごろ出発し、ローマに帰ってきました。




青の洞窟が見れたのが非常に嬉しいですが、実は残念なことが1つだけ。




青の洞窟の写真撮影タイムが少なすぎるような気がします。


出来れば1隻につき5分ぐらいずつ時間を取ってもらえると、ゆっくりと見ることが出来るのではないかと思いました。


それだけが残念なことでしたが、全体的にはお勧めです。時間のあるときには是非足を運んでみてください。


9.06.2010

イタリア旅行記④ (麗しのイタリアツアー2日目)





実は昨日からJTB社の主催するツアー、「麗しのイタリア8日間」は始まりました。


ただ初日はホテルに着くまでがツアーの内容となっている。


今回現地参加する私たちにとっては今日からがスタートと言っても過言ではありません。



昨日日本からいらっしゃった添乗員さん、Kさんに部屋までご足労いただき、ツアーの説明や必要備品などに関してご説明していただきました。


話によると、遅刻者が出ないように毎朝モーニングコールを入れてくれるとのこと、ツアー移動中は無線機にて説明してくださること、など事細かに説明してくださいました。


さて、今日は朝6:45にモーニングコールが入りました。

朝食は7:00、3日目にしてもう食べられないような同じメニューですが、それでも気にせずに食べます(笑)。



8:30ホテルを出発、今日は先ずはコロッセオに行くとのことです。


コロッセオは昨日のブログにも書いた通りの内容ですが、ツアーガイドのTさん(Sさんかも、ごめんなさい)がきちんと説明してくださいました。


コロッセオは約2,000年前に造られ、「巨大」の意。

3つの建築材料を使って8年かけて造られたと言われているとのこと。


コンクリートが建築材料の1つとして使われており、コンクリートはローマ人が発明したらしく、それによりたった8年で完成させることが出来たとのことです。



また写真を見ていただくと分かるとおり、所々に穴が開いていますが、これは鉄を抜いた穴らしいです。





また、もともとは以下写真のこの外枠の大きさで造られていたらしいですが、崩れ落ちたことにより、当時の大きさよりも一回り小さくなってしまったとのことでした。






コロッセオを後にし、車窓から真実の口、ヴェネツィア広場などを回ります。


次なる目的地はあの、有名なトレビの泉です。






右手でコインを持って後ろを向き、左肩の方向に投げ入れると願いが叶うというもの。


この地域、かなりスリなどが多いようで用心が必要との注意を受けます。


やはり右手でお金を持って、左肩に、というそんなことに熱中すると人間無防備になるからでしょうか。


幸いにも私たちのツアーの中で窃盗事件は発生しませんでした。




トレビの泉から今度は歩いてスペイン広場へと向かいます。


    


イタリアなのにスペイン広場、と言うのには理由があるそうです。


実に簡単な理由ですが、「スペイン大使館が直ぐそばにあるから。」だとのこと。



待ち合わせなどをする際に、「スペイン大使館がある、直ぐそばの広場に10時集合。」などと言っているうちに、長くて言いづらいからスペイン広場、と言われるようになったとのことでした。

このスペイン広場ではミサンガを強制的に売ってくる人たちがいるので注意が必要とのことですが、今日はそのような人たちをお目にかかることはありませんでした。


ここで多少のフリータイムが与えられます。


実は私、このスペイン広場でやらなくてはいけないことがあるのです。



それは。。。そう!! ブランド品でも何でもありません。





男性人の永遠の憧れとも言われる、スポーツカーのフェラーリ、そしてさらにランボルギーニのショップまで近くにあるのです!!


与えられたフリータイムの時間内で行けるかどうかは分かりませんが、先ずはフェラーリショップへと向かいます。





道中、後ろに見えるのがスペイン広場。



歩くこと5分、憧れのフェラーリショップに到着です。







残念なことに店内の撮影は一切禁止とのことで断念。。。


内容は。。。気張っていくほどのものでもありませんでした。




ランボルギーニショップはちょっとスペイン広場から離れすぎていることもあり、こちらも断念です。





そろそろ歩きつかれてお腹も空いてきました。



ランチタイムです。



今日のランチはピザとのこと。






。。。。。。。。








いい加減食べ飽きているのですが、それはこちらの都合。





レストランへと向かいます。




今回ピザを食するレストランはこちら。






5種類のピザの中からディアボロというピザを選択しました。それ以外に前菜、デザートつきです。



      


ドリンクだけは別途購入となり、費用は大体ミネラルウォーター(大)が4ユーロ、Cokeなどのジュースが3から4ユーロ、ビールが4ユーロ。。。




えーっと。。。



値段間違ってませんよね??




そのチョイスだと普通にビールが安いという印象を受けるのですが。。。





まぁ何ユーロだろうとビールを飲もうと決めていたので、ビールを選択。


ただですね、缶なんですよ。


ビールって言ったらやっぱり生じゃないと。。。


ということで、英語で生ビールがないか聞きましたが全く通じず。



英語がどこでも通じると思うと痛い目にあいます(というか、私の発音が悪いという噂もある)。



通訳さんに入っていただき、生は昼間は置いてないとのことなので缶ビールになりました。




食事の後に向かうのはいよいよバチカン市国の美術館、そしてサンピエトロ大聖堂です。




バチカン市国は世界で一番小さいと言われている国、ローマ法王が住んでいる国とのことです。ガイドさんによりますと、人口はわずか900人程度とのことですが、すみません、無知な私はローマ法王しか住んでいないと思っていたので、人口は1人だけだと思っていました。




この城壁の向こう側がバチカン市国らしいです。





これからいよいよ美術館へと入っていきますが、くれぐれも気をつけるように、とのこと。ジプシーと言われる女性たちによる、スリの事件が耐えないとのことです。



現に、今日ツアーのメンバーの1人がスリの現場に会いそうになりました。



彼女達の手口としては、何か恵んでくれ、というような感じで擦り寄ってきます。


その隙をついてポケットに入っているもの、バッグの場合はファスナーを開けて中のものを盗むという手口です。


実はその被害に会いそうになった方の後ろを本日歩いていたのですが、実に巧妙な手口を使って物を盗ろうとしていました。



その方がお気づきになられたので事なきを得ましたが、とにかく注意が必要な地域です。



さて、実はこの後に、私も同じような事件に遭遇しました。


私の左後ろのポケットに全くもって重要でも何でもないメモ書き用の手帳が入っていたのですが、これに誰かが触れた感じがしたのです。



テコンドーやっている私の足技を食らいたいのか、と思ってキックをするところでしたが、実は添乗員さんでした。。。


「これって大事なものじゃないよね?」


と優しく気遣ってくださったのに大変申し訳ないです。


何か反射的にこれはやばいかも。。。と思って行動に出るところでした。


直前にそのような光景を眺めているからだとは思いますが。。。


まぁそんなこんなでですね、いよいよバチカン美術館へと入ります。





ものすごい長蛇の列です。。。



これから荷物検査があります(一応入国なので。。。)


荷物検査後、大きな美術館の中を歩き回ります。


先ず最初に気になったのがこれ。




ガイドさんが彫刻の後ろで説明してくださってます。

私は先走って前で写真撮影。


ガイドさん 「この彫刻は、後ろから見ることに意義があり、前から見ても何のことだか分かりませんので、一番大事なのはこの角度から見ることです。」




あー、完全に見誤ったーーー!!!!



そしてこれ。



何の変哲もない、ただの床のようにしか見えないのですが、エライ高いらしいです。


何かの材料を使っているといっていましたが、何だか忘れました。


ハイヒールとかで削られたらその削った箇所が何万円じゃ済まないぐらい。。。とのことなので、ものすごい高価なものだというのが分かります。



それと驚いたのが天井に描かれたこちら。







立体的に見えませんか? 実はこれ、ただの絵とのことです。


立体的に見えるのはただ単にそういう手法を使ったからとのこと。


どこからどう見ても飛び出ているようにしか見えません。



最後に見たのはミケランジェロの「最後の審判」。


ものすごく大きな絵で、描かれている人間の手のひらの大きさが大体150CMぐらい、とのことです。


写真を収めたかったのですが、撮影禁止地域により、断念です。




そして本日最後の観光スポットはやはりこちら、サンピエトロ大聖堂。


キリスト教の総本山と言われている場所です。


      


一番右の写真に文字が書いてあると思うのですが、この文字1文字が大体畳一畳分ぐらい、と思えば良いそうです。かなり大きいのが分かりませんか?



そしてミケランジェロが有名になるきっかけになったといわれる作品がこちら。





ところどころに下記写真のような場所があるのですが、





近くで耳を澄ますと賛美歌が聞こえます。


実はこの下にはお墓があり、信者さんたちが参拝に来るそうです。


写真からは確認できませんが、下が見えるようになっています。


一通りぐるっと一周して出てきました。


最後にスイス衛兵と対面します。


記念写真は一緒に撮れるそうですが、誰も撮っていませんでした。





サンピエトロ大聖堂と言うと、やはり気になるのはローマ法王。


ローマ法王ですが、1週間に1回、日曜日の昼間12時に顔を出すらしいです。


下記写真の一番上の右が寝室、右から2番目から顔を出すと言われています。






せっかく昨日(日曜日)に行ったのだから、早く知っていれば人目見たかったと思いましたが、夏休みでまだ戻ってきていないそうです。うらやましい。。。




今日はこの後ホテル近くの広場にて解散となりました。



夕飯は各自で、とのことだったので、ホテル近くを再度散策したところ、今日もまたパニーニとなりました。


いい加減飽きますけど選択肢がなければ仕方ないです。。。




明日はいよいよ青の洞窟へと向かいます。


9.05.2010

イタリア旅行記③




今日は妻に代わり、私がツアーコーディネーターを努めることになりました。

5日(日)の夜からJTB社が主催する「麗しのイタリア8日間」が始まります。

その2日前から現地入りし、1日を妻、もう1日を私が担当しています。

「麗しのイタリア8日間」で行けないところをこの2日で回ろうという企画。



昨日はトラステヴェレ地区を散策しましたが、今日は名所を回ります。

朝9時前にホテルで朝食です。

2日連続で同じような朝食に、ちょっと飽きてきましたが、まぁ文句は言えないので、ガツガツ食べます。


さて、今日の予定は、

コロッセオ
ヴェネツィア広場
サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会
パンテオン
ナノーヴァ広場
サン・タンジェロ城

歩いて回るツアーです。


総合計徒歩時間1時間以上とのことですが、ローマの街を見て回る、という意味ではかえって良い経験が出来ると思います。


早速ホテルを出発!!!



前方にコロッセオが見えてきました。





まだまだ遠いため、大きさが全く分かりません。




近くに寄ってみると。。。




    


      


でかっ!!!!!!



人の大きさと比べるとどれだけ大きいかが一目瞭然です。



本当は中に入って色々と見て回りたいところですが、チケット売り場は長蛇の列、他にも色々と見て回る必要があるため、次の目的地、ヴェネツィア広場へと向かいます。


ここで行く道を間違えてしまい、ヴェネツィア広場までの徒歩の道7分のところを20分近くかかってしまう。


まぁ良いじゃない、新しい発見があるかもしれないし。。。






うん、何もありませんでした。





歩くこと20分、やっとヴェネツィア広場が見えてきました。





昨日バスからちょっと見ましたが、これもかなり大きそうです。





でかいぃぃぃぃーーー!!!!

逆光のため、頑張ってフラッシュで対応したものの、いまいちです。






この銅像はイタリアを統一した人らしいですね(from 妻)。






警備員の人も抜かりはありません。

ライフルを持ってます。


   


頂上まで上って、写真撮影を。


何故にこんな大きいものを作ったのか、歩いて観光している私たちにとってはここまで上るのは苦痛以外何ものでもありません。



次に向かうはサンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会。徒歩5分ぐらいの距離です。






入り口に寄付金を求めるおじさんが居たのですが、全くの別人でした!!

ただのお金を恵んで欲しい人のようです。

神の力を借りて恵みを受けようとは太い野郎ですよ!!


ただ、かなり関係者と間違えやすいので、行かれる方は注意してください。


    


   



教会内の説明は既に長くなっているので割愛しますが、一番有名なのがこちら。





ミケランジェロの「十字架を持つキリスト」。


私が知っているキリストの顔とは大分違う気がしますが、力強い感じです。


教会をあとにし、次に向かうはパンテオン神殿。




半分が改装中だったようで、ちょっと残念です。。。


      


    


天井からの光だけなのに中はすごく明るくて、そして何よりも観光客の数が多くて驚きでした。


ここでちょっと休憩を。


パンテオン近くの美味しいジェラートの店、Giolittiへと向かいます。


   


店内はものすごい人ごみで、ちょうどこの入り口の右側で先に注文します。

一番小さいものを選び、1つ2.5ユーロ。

レシートをもらい、何味が良いかを店員に伝えます。




コーヒーとレモンを選択 (昨日もレモンだった記憶が。。。)。


コーヒーは甘すぎず、レモンは酸味があって美味しいです。

ちょっとした休憩の後、次の目的地、ナノーヴァ広場へと向かいます。


         
 

      


クオリティの低い手品師や明らかに不自然なストリートパフォーマーが多いです。

それはそれで楽しかったですが。。。




ここらでちょっと遅めのランチにする予定でした。


ナノーヴァ広場近くにピザの美味しい店があるとのことで、そこに行く予定でした。



ところが。。。


ツアーコーディネーター失格です!!



その店の住所を調べてなく、店の名前しか分かりません。


インフォメーションセンターに赴き、場所を聞きます。


地図で場所を知らせてくれましたが、そこに行っても何もない。


どうやらインフォメーションセンターの人も間違えたようです。。。


残念ですが仕方ない。



ということで、急遽サン・タンジェロ城に向かう道のりでご飯を食べることに。


店の名前は「Pizzeria da Loreto」


  




こじんまりとしたキレイな店です。


明日からツアーが始まったら好きなものは食べられないので、やはり本場と言われるカルボナーラを頼むべき、ということでカルボナーラ、そしてピザ(また?)はカプリチョーザを選択。

    


カルボナーラはアルデンテではなかったものの、なかなかの味。そしてピザも美味しかった。

例によってビールも飲んで30ユーロ。


腹ごしらえが終わって、サン・タンジェロ城へと向かいます。




またしても遠くに見える大きなお城にテンションが上がります。

ただもうかなり歩き回っており、満身創痍です。。。





      


中に入る選択肢もあったのですが、身体がかなりボロボロ。

これ以上歩いたらどこか悪くなるんじゃないかっていうぐらい。。。


とりあえず今日の目的地に辿り着いたので、バスかタクシーで帰ろうと思っていたのですが、ちょっと離れたところに。。。





サン・ピエトロ大聖堂を発見!!!!


いや、明日のツアーでも行くので行かなくてはいけないことはないのですが。。。


明日のツアーは時間が取れなくて、もしかしたら外観の写真が撮れないかも、という不安もある。



じゃあそんなに遠くなさそうだからちょっと行ってみるか(あわよくば今日は日曜日だからローマ法王に会える可能性もあるかも)、と思ったのが大失敗。



想像していた以上に大きい建物で、かなり遠い。。。






腰が痛いなか歩き続け、やっと到着です。



   


当然のことながらローマ法王に会うことは出来ませんでした。


近くのバス停からテルミニ駅まで走るバスがあることを知り、今日もタクシーではなく、バスで帰ります。1人1ユーロで地下鉄まで乗れるので、タクシーより断然お得です。



今日はGoogleマップをもとに歩き続けたのですが、思った以上にスムーズで良かったです。

目的地が大きいところばかりだったので、目に付きやすいということもあったのだと思いますが。



いよいよ明日からJTB社の「麗しのイタリア8日間」が始まります。

明日からはしっかりとしたツアーコーディネーターが居るので安心です。