8.31.2010

一歩ずつ。。。



いよいよ明後日か。

ここまでたどり着くのに色々とあった。


航空券購入をギリギリのところまで引き延ばしていたので、
値段が高騰するちょうど境目に差し掛かり、
結局高額チケットを購入する羽目になりそうだったり。。。


購入に踏み切ったは良いけど、入国審査の時に
引っかかる可能性もあるから、時間変更したいところだけど、
変更不可の航空券だったからそれも出来なさそうで。。。


出航ビザが取れなくてひょっとしたら行けなくなるかも?とか。
政府にかけあって、取得を早めてもらえるようにお願いしたり。

もし出国できない場合は、航空券の変更をしなくてはいけないけれど、
どちらにしても結局は変更不可のチケットだから
また買いなおす必要が出てくる可能性があったり。


スケジュール変更になったらツアー自体も変更だから、
ツアー主催者のJTBさんにもそのような連絡をしておいたり。。。


何はともあれ色々な問題があったけれど、
とりあえず2人で乗り越えてここまでたどり着きました。


明後日はついに結婚3年目にして初めてのハネムーンです。
旅行中も何も問題がなく、無事に終わることを祈っています。


まだまだやることはいっぱいです。

自宅からロサンゼルス国際空港への足
フィウミチーノ空港からローマまでの足

の確保は終わりましたが、

まだ2日目の完全なる予定
ミラノから空港までの足

が未決定です。


限られた時間の中で10日間というイタリアで過ごすひと時が
忘れられない想い出になるように、少しでも良い旅になるように、
一歩ずつ、一歩ずつ情報を集めていきたいと思います。





8.30.2010

やることいっぱい



何度も言っていると思うが、木曜日からイタリア旅行が決定している。

それに伴ってやることがかなりあり、どれからやるべきか、もう分からない。


そして先日の戯言にもあるとおり、物忘れが激しいから先に進まない。


忙しいなら忙しいで週末はゆっくり過ごしたりすれば良いものを、
何故かゴルフコンペに参加したりとどうも時間の使い方が間違っている。



いい加減現実逃避などしている場合ではない。





とりあえず出来たことは


ユーロへの両替

コンセントのプラグ形状変換器の購入


だけです。



盗難対策用に何か準備したり、デジカメのSDカード買ったり、
ローマ前泊用に旅行の計画をしたり。。。


あー、やることがいっぱい。。。




このままで大丈夫なのか。。。??



8.28.2010

ファンタジーフットボール③ (ドラフト)



8月27日、LA現地時間20時に私の所属する
ファンタジーフットボールのドラフトが行われた。


参加しない場合は自動選択になり、自分の好きな選手を取ることは出来ない。


ブロンコス以外のチームに関してはそこまで知らないし、
積極的に参加するつもりではなかったが、
せっかく始めたファンタジーだし、何事も経験ということで参加。



19時50分。



自宅でコンピューターを立ち上げ、ESPNのサイトに入る。



既に数名待ち構えていた。


チャットもできるようだ。



ドラフトの順番はドラフト1時間前にランダムで決められる。



私の1巡目は12チーム中11位だった。

2巡目は12チーム中2位と、うまく出来ている。



20時、リアルタイムドラフトが開始される。



有名なRBの選手がどんどんと指名を受ける。



なるほど、最初はQBやWRよりRBが良いのか。



私の順番が来て、私はセドリック・ベンソンを選択。



2巡目。

RBを取ったので、WRからアンドレ・ジョンソンを指名。
この選手は取りたかった人の1人なので結構嬉しい。


2巡目でQBを選択する人もちらほら。



しまった。。。


WRよりもQBを先にとるべきだったのか。



そこで3巡目では残っている中からベストのQBを選ばなくては。


与えられた時間は90秒。



うーん。。。


悩むなぁ。



けれど、ここでQBを選択しないで他のRB、WRを選択、
QBはもう少しあとで残りものから選ぶのもありだし。





いや、やはりQBを取っておこう。


トニー・ロモを指名。




そんなこんなでドラフトは進んでいく。


私はRB、WR、TEあたりを選定。


最中、ディフェンスチームを選択している人が居る。


ディフェンスは選手ごとではなく、チームで選択する仕組み。


うぉーー、出遅れた。。。



9巡目でディフェンスを選択することにする。



残っているのは。。。



Cowboys
49ers
Steelers
Bengals

他、多数。


やはりCowboysか。



Cowboysを選択し、またドラフトは進む。



最後のほうではベンチ用Kとベンチ用ディフェンスチームを選ぶ。



なかなかバランスよく取れたのではないかと思うが、
試合が始まるまでは分からないところ。



これからトレードなども含めてまだまだやれることがあるらしい。



埼玉・ペンギンズ、ヘッドコーチひろ。


頑張るぞ。




8.27.2010

日本の常識は通じない



日本で常識だと思っていることがここアメリカでは通じないことが多い。


日本だったら、日本だったらとついつい比較したくなるが、
ここは日本じゃなくてアメリカだから、仕方ないと思わなくてはいけない。


そう思っていても納得できないことは多々あり、
そんな事柄には度々遭遇する。


実は先日もそんな問題が1つ起きた。



ヨーロッパ旅行を1週間後に控えているため、
ドルからユーロに両替しなくてはいけないのだが。。。


全部の銀行で出来るわけではなく、特定の銀行に出向く必要がある。

ちょうど銀行に行く予定があったため、ついでにと聞いてみると。

下記、銀行員さんとのやり取り(もちろん英語)。

私 「ドルからユーロに替えたいのですが。。。」


銀 「このオフィスでは両替は出来ないですよ。」


私 「どこに行ったら出来ますか?」


銀 「うーん、ちょっと分からない。多分○○なら出来ると思うけど。」


私 「何か調べる方法はありますか?」


銀 「電話してみたら良いと思うよ。」


私 「サイトで調べることも出来ますか?」


銀 「サイト上だったら情報色々載ってるから直ぐ見つかるはずだよ。」



私 「オーケー。」




とは言うものの、銀行員さん、






あなたが探してよ







日本と比較することが間違っているのは分かっている。


だけどさ、




コンピューターの前に座って暇そうにしているのだから、

探してくれても良いんじゃないの??













自分の担当以外のことは


「分からない。」


で通じる国、アメリカ。




ここは日本ではないと分かっていても、もう少し対応を良くしてもらいたい。







8.26.2010

モノワスレ

最近物忘れが多い。



実は今日のブログネタはこれにしようと心に決めておいたものがあるのに、
その内容がすっかり頭から離れてしまった。



これって歳のせいなんですかね??


話をしていても、


「ほら、あれ、何だっけ、あれだよ、あれ。あの。。。○○するもの。」


とか、

「あの人名前何だっけ? ほら、あれに出てた、ほらーあの歌の人だよ。」


とかはしょっちゅう。



挙句の果てには、

今日はこれをしよう、と朝決めていたにもかかわらず、全く忘れていることも。


えーーっと。。。今日は何しなくちゃいけなかったんだっけなぁ。。。



って悩む。



そしてどれも共通して言えることは、


どうでも良いときに思い出すってこと。




シャワー浴びているときとかに、





「あ、そうだ、そうだ。それだった!!」


って良くありません??




私だけなのかなぁ。



この問題、仕事では結構問題になることが多くて。



朝の時点で今日のTo Doリストでも作らないとまずい状態ですが、
ところがそのTo Doリストを作ることすら忘れてしまう。


ということは、寝る前に、明日の朝起きたらTo Doリストを作ること、
とかの注意書きを書かなくてはいけないわけで。。。



思いついたら即メモする習慣を身につけたいと思います。


きっとこのブログをアップした途端に、


あ。。。


って思い出すと思うけど、まぁそのときはそのときで。



しっかりメモ取っておきます。










8.25.2010

神経治療からクラウンへ

7月中旬には神経治療が無事に終わり、クラウンを入れるところまできていた。


人間痛みがなくなるともう放っておいても良いや、と思うようになってしまい。。。


「予約を入れますか?」


という連絡をもらってもとりあえず先延ばしで。



歯医者側の都合もあり、予約を入れてもキャンセルになったり。


もうこのままでも良いんじゃない?って思ったけど、
放っておくと今度はクラウンどころでは済まないとの話も耳にする。




であれば、悪くなる前にクラウンを入れるべきだよな、と再認識。



ということで今日はもう何回行ったか分からないけど歯医者に行ってきた。


クラウンを入れるにあたり、きっと今日は型を取るだけだろうと思っていたので、
安易な気持ちで現地イン!!!!





部屋に通されると先ずは何時ものように雑談。


「最近暑いですねー。」


とか、そんな程度。




今日は痛いこともないだろうと気分もリラックスモード。


ところが。。。




椅子を倒されるや否や、塗り麻酔と注射麻酔が。





ひょっとして。。。






痛い゛!!!



もう気分は最悪ですよ、何で型取るだけで麻酔を打たれるのか。。。
(まぁ勝手にそう思い込んでいた自分が悪いのですけど。)


とりあえず型を取られて、これを送りつけて2週間後に差し歯を入れるとのこと。




ほほぅ。



今日はこれで終わりだな、と思ったら、歯を削る音が。






ちゅいーーーーーーいいーーーん。。。


がりがりがりがり。。。






きゅいぃぃぃぃぃぃぃーーーん。。。



ごりごりごりごり。。。





「とりあえずこれであと10分ぐらい待っててください。」とのこと。





とりあえずやることもないので舌を動かしてみると。。。







!!!!!!!!!!






前歯がないっ!!!!





どうやら削り取ったのは私の前歯みたいです。



えーっと、幼少の乳歯が抜けたときみたいに、
前歯一本だけそっくりなくなってますよ。



あー、さようなら、31年間共にした我が前歯。
(永久歯が生えてからだから25年ぐらいかも。)



っていうか、クラウンが届くのが2週間かかるなら、
ひょっとしてこの歯抜け状態のまま過ごす必要があるのか?



不安がよぎる。。。




もしそうなら、来週に控えているイタリア旅行のときはどうするのか。

写真撮影時には笑えない。常に口を閉じなくてはいけない。



そんな心配をしていたが、とりあえず心配無用だった。
代理の歯を作って差し込んでくれました。


けど何か違和感もあるしちょっと嫌だなぁ。


イタリア旅行が終わってからやるべきだったかも。
それに旅行中は絶対になくさないように、
なくしたら歯がないままで生活する羽目になりますよ、と。


次回は9月中旬に本物のクラウンを入れに行ってきます。



8.24.2010

その子の名はタビィ

5月上旬に生まれた5匹の子猫たち。


先日4匹目の子猫がもらわれ、1匹残った猫は我が両親の自宅で飼われている。

どの子がもらわれ、どの子が残るか決まっていなかったため、
名前は付けていなかった。

だが、この子が残ることが決まったこともあり、名前をつけてあげなくてはいけない。





さて、どうするべきか。

出来れば日本的な呼びやすい名前が良いとのことで、
候補として色々と出てくるもどれもしっくり来ない。


そこで家族会議を開始。。。


お酒も少しずつ入ってきて、良い感じになってきた頃、
私に妙案が浮かび上がるっ!!!!


この子、足袋を履いているみたいだから、そのままタビィはどうかね?



おー!!



読みやすい上に日本的な名前。


タビィ。



英語で書くとTabby。



日本語で書くと足袋ー。




そんなこんなでこの子の名前はタビィになりましたとさ。













ホントになつっこくて可愛い男の子です。



8.23.2010

ブロンコス vs ライオンズ

8/21に行われたデンバー・ブロンコスのプレシーズンマッチ第2戦。
2戦目の相手は期待の新人QBマシュー・スタッフォードが昨年加入したも、
いまだ戦力が整わずに低迷を続けているデトロイト・ライオンズ。

今回の試合はロサンゼルス現地時間7時開始となり、
その時間に始まる試合は2試合のみ。
このブロンコスの試合とダラス・カウボーイズ対サンディエゴ・チャージャーズの2試合。
おそらくローカル放送でこのチャージャーズ戦が行われるだろうから、
ブロンコスの試合は常にアメフトの情報しか流れない、
まさに24時間アメフト放送のNFL Networkで行われると思っていた。




ところが。。。





まさかの他の試合の録画放送という痛いニュース。。。






デンバーの試合は次の日の10時から録画放送とのこと。



せっかく楽しみにしていたのにリアルタイムで見れないなんて。。。





結果こそ先に分かってしまいましたが、次の日の録画放送はじっくりと見ました。


うーん、何かあまり調子よくなさそうですね。

ディフェンスがどうもしっくりこないし、オフェンスもいまいち。
怪我人続出だから仕方ないと言えばそれまでだけど。。。



というか、このプレシーズンは新しい選手を使ったり、
新しい戦術を使ったりするから全くもってレギュラーシーズンとは違うものだ。


デンバー・ブロンコスは去年のプレシーズンマッチは3連敗だったからね。
そのあと完封で1勝し、その後レギュラーシーズンでは6連勝だった。


今年もきっと去年と同じようになるさ。


大船に乗った気分でいよう。





8.20.2010

イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク 攻略日記②

イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク 攻略日記①の続き。



とりあえずプレイを開始してから1ヶ月近く経過しようとしているが、
プレイ時間に限っては既に30時間近く費やしているも、
なかなか本編が進んでいなかった。。。

途中から出来るようになったスカウトシステムとか、
対戦ルートとかをやっていたら気付いたら時間ばかり過ぎてしまって。




このままでは何時まで経っても終わらないので、とりあえず本編に戻ることに。
現在第6章までクリアし、7章でアメリカチームとの対戦前です。




対戦ルートやスカウトシステムをかなりやっていたこともあり、
レベルが異常に上がりすぎてしまったのかもしれない。
ここ数章にいたっては、敵が弱くてあまり面白くない印象だった。

もしかしたらこの章も簡単に終わってしまうのかもしれない。


そんな不安がよぎるが、レベルアップは出来てもダウンは出来ないので仕方ない。


このあたりのバランスが上手く取れると良作かなって印象です。


それとゲーム自体は決してつまらなくない、むしろ面白いんですけど、
何かこう、ちょっと、うまく言えないけれど

「ゲームをプレイしている」

というよりも、

「ゲームにプレイさせられている」

という印象を受けます。


何故そう感じるかと言うと、

おつかい的要素

があまりにも多すぎるから。


特訓を始めるというとき、必ず自分でキャラを移動させて
グラウンドに集合しなくてはいけない。

何か事件があったとき、必ず自分でキャラを移動させて
その場所まで行かなくてはいけない。

事件が解決したとき、必ず自分でキャラを移動させて
また集合場所に戻らなくてはいけない。


行って、戻っての繰り返し。




ダンジョンもあるのだけど、マップ見えての基本一本道。
迷うこともなく、ただただ歩き続けるだけ。

最近のゲームには良くあるパターンですけどね。


おそらくゲームの対象年齢が低くから遊べるからだろうけど、
ちょっとこういったおつかい的要素を減らして欲しいなと。



6章クリアしたまでの感想でした。






8.19.2010

セコイア・キングスキャニオン1泊2日の旅②

セコイア・キングスキャニオン1泊2日の旅①の続き。



完全に泊まるだけで何の想い出にもならなかったディヌーバの町を去り、
今日はセコイア国立公園に向けて出発します。


まぁキングスキャニオンとセコイアは同じ場所にあるので、
結局向かう先は一緒なんですけどね。。。


昨日に続き同じような木々の景色ばかりでちょっと変化を求めたいうちら。





こんな大きな幹も、






こんな大きな木も、正直なんか見飽きてきた。。。



他に何か見所はないかと車で走り回るも、どうやら事故で一時通行止め地域に。
仕方なく来た道を戻ることになり、とりあえず開通するまで足止め状態。
駐車場スペースに車を停め、ぶらぶらと探索。

するとハイキングコースの看板が。




ただただ待っていても仕方ないので、とりあえず行ってみるか、と軽い気持ちで。

Let's Go!!!






先に言っておくと、うちら完全にトレイルをなめていました。
私にいたってはTシャツジーパンという服装、
妻にいたっては大きなハンドバッグで挑む。

そして補給用の水なども常時用意しておくべきものだが、
うちらの頭にはそんなことは一切考えておらず、
前日に購入した巨大1リットルのペットボトルを手で持ち運ぶ。



さらに行くときにこのハイキングコースの看板をしっかりと見ておけばよかったのだが、
せっかくだから上ろうと完全に内容を無視して進んでしまった。
1.7マイルもあることを最初から知っていたら行っていなかっただろうに。。。



最初は大自然を歩くって気持ち良い!!、空気もきれいだし!!
何て爽快な気分で歩いていたが、歩けど歩けど全く頂上が見えない。

バッグは重いわ、1リットルの水は持ちにくいわでもう大変。
しかも5月末だというのに、まだまだ雪解けが終わってなく、
一部雪の上を歩かなくてはいけないという状況にも陥る。
せめてスニーカーぐらい履いていれば歩きやすいのに。


何も考えずにさっさっと決断してしまった自分を嘆く。


そんなとき、下山してくる人が、
「あと5分ぐらいだよー。」
という声をかけてくれた。


おー、ついに頂上に着くのかよー、と意気揚々。

ところが5分後に待ち構えていたのは。。。











熊じゃないかーーーー!!!!




野生の熊を見るなんて久しぶりだ。

何か一生懸命草を食べてます。


あと5分だよ。と教えてくれたあの人たちはこの熊のことを言っていたのね。

頂上ではなかったけれど、野生動物にあってテンションがあがるうちら。



よし、気を取り直して頂上目指して歩こう!!




木々の間を歩くハイキングを続けること2時間ぐらいでしょうか。


ちょっと景色が変わってゴツゴツした石が多く出てきました。




そんなときに。。。








なんじゃ、この生き物はっ!!!



いきなり目が合ってちょっと驚き。。。
どうやら、この生物、モルモットらしいです。
日本で俗に言われるモルモットとは違うような。
けどGoogleで画像検索したところモルモットとなっていたので。。。


きっとモルモットでしょう。



人間から餌をもらえるらしく、何となく懐いている感じです。





こんなカワイイ動物を見て、またテンションがあがり、
また頂上も直ぐそこまで見えています。




そしてやっと。。。







到着です。


ビデオに撮ったので、少しだけですがどうぞ。








いやぁ、頑張った甲斐がありましたよ。
途中何度も諦めようと思いましたが、この景色が見れたので満足です。


中には滝の近くの岩に座り、こんな人も。。。





しゅ、修行!?




しばらくのんびりした後、下山を開始します。
下山はそこまで大変じゃなく、するするっと下りられました。

だけど最初からこんなハイキングは大変なので、
次回は初級者用のものから挑戦しようという話になったのですが。。。




このハイキングコースも初級者用でした!!





備えあれば憂いなしなので、次回はしっかりと準備してからハイキングしたいですね。




ハイキングから戻ると、一時通行止めだった部分も解除され、
公園内をぐるっと観て回ってから帰りました。



1泊2日で充分な感じですが、キャンプをしたり、色々と散策したい方は
もう少し長く滞在されると良いかもしれません。


8.18.2010

セコイア・キングスキャニオン1泊2日の旅①

少し前の話になりますが、5月のメモリアルデー(最終週月曜日)の
3連休を使って1泊2日でセコイア・キングスキャニオン国立公園に行ってきました。




ルートとしてはこんな感じ。

出発点は我が家のあるレドンドビーチ(A)
キングスキャニオン国立公園(B)
宿泊場所のディヌーバ(C)
セコイア国立公園(D)
レドンドビーチに帰宅(A)


結構思い立ったら直ぐ行動タイプなので、本来であれば
国立公園内に宿を取るのがベストなのだろうけれど、
時既に遅しで全くもって宿が取れなかった。

ということもあり、一旦国立公園を出て近くの町Dinubaで宿を、
というプランになったのである。


土曜日の朝、早速キングスキャニオンに向けて出発だ。
距離的には約200マイル(320キロ)なので、
3時間半も走れば到着するという、
ラスベガスとかに比べたらまぁ少し楽な感じ。

朝8時ごろ家を出て現地には昼ごろ着くように計画。

アメリカ国立公園は入園料が必ず必要となり、車1台につき20ドル。
クレジットカードで支払おうと思ったらキャッシュかチェックのみとのこと。
また年間パスというものもあり、確か80ドル前後だったと思う。
これを払えばどこの国立公園も1年間行き放題。
グランドキャニオンやデスバレー、イエローストーン含めて全て行ける。
ただ1年を通してそこまで行く機会には恵まれず、
いつもどうするか悩むところだ。
買ったからには元は取りたい、けど年にそう何回も行くものでもない。

ということで、とりあえず1回分の20ドルを支払い中に。
入り口でお金を払うと同時にマップをもらえる。
これで大体どのようなルートを通るかを決めるため、
先ずはランチを取りながらルートを確認。

大して美味しくもない食事だったが、まぁこういったところで
食べるものは大抵そういったもの。
気にしてられません。


ルート確認後、早速出発。


いきなりでかい木が生い茂るスポットを発見。




こんな木がわんさかありますが、大きさがこれでは全く分かりませんね。

幹はこんな感じです。



そう、中に人が通れるぐらいの大きさです。

そう考えると、


の木がどれぐらい大きいか分かりませんか?


しばらく行くと今度は上から見下ろすような景色に。



下には川が流れています。高さも結構ありますね。
なお、この地点、突風が吹いていてかなり危険でした。


しばらく進むとまた標高が下がってきて、
今度は目線に川が流れています。


うーん、きれいです。

こんなところで釣りでもしたいなぁ。。。




大自然に癒される私。。。



このような景色を見てまわり、大自然に囲まれて非常に満足でした。



その後、一旦キングスキャニオンを出て、宿泊場所へ移動。
宿泊場所は前述の通り、ディヌーバという町、何にもありません。。。


周りはオレンジやら何やらの柑橘系の木が多く並び、
おそらく収入源はこういったものの販売なのかなぁと勝手に思ったりして。



さて、明日はセコイア国立公園へ向かいます。

続く。

8.17.2010

ストイックに生きる

鉄人と言われている41歳のQB、ブレット・ファーブが現役続行を決意しt



って、おーーーい、

危うく昨日に続いてアメフトの情報を流すところでしたよ。
危ない、危ない、いきなり昨日の公言を無視しそうになりました。



けど41歳の大ベテランが現役続行ってすごいですよね。
きっとオフシーズン中の過ごし方とか、ストイックに生きているのでしょう。
だからこれだけやっていけるものなのではないかと思います。


ですが、同じスポーツをやる私としても負けてられませんよ。
元ボクサー、今はテコンドー競技者として、格闘技に精通する私ですから、
誘惑に負けずストイックに生活することにより、
現在目標にしている10キロダイエットも成功を収めるというものです。


今日はそんな私の1日を紹介したいと思います。


7:30 携帯目覚ましがなり始める。
(ここでランニングでもすればかなり効果的ですが、
布団からなかなか抜け出せない私はダラダラと過ごす。)

8:00 起床、朝食
(ダイエットに効果的と思われる、フルーツや野菜などを食べたいところですが、
時間的余裕もないため簡単にクロワッサン、パンなどを食べる。)

同時に出社前の準備を始める。

9:00 就業開始

12:30 ランチ
(妻が準備してくれたお弁当か、ない場合は外食で済ます。
外食の場合、基本自分の好きなものを食べることが多い。
特に気にせずに思いついた食べたいものを食す。)

15:00 何か喉が渇いたなー、コーラ飲みたいの葛藤の時間。
(飲むか飲まないかはそのときの気分次第。)


18:00 終業

19:30 ストイック・テコンドー開始
(1時間みっちりと練習をし、汗をかく。)

21:00 フィットネスジム or 帰宅
(ジムは月・水のみ、火・木は帰宅
フィットネスジムでは基本バイクを1時間こぎ続ける。
足はストイックに、手は何もやることがないので、
ストイックに漫画を読み続けるか、ストイックにDSをプレイし続ける。)

帰路・入浴


シャワーからあがるとほぼ同時に





プシュッ




という音のする麦炭酸の誘惑タイムです。



これに打ち勝てば大体は成功ですが、今日は頑張ったし、
とか何かと理由をつけて負けることもしばしば。



1:00 就寝



大体こんな1日を過ごしています。
かなりストイックな生活を送っています。


ええ、昔ボクサーとは思えないほどです。


だから体重も減らないんですよね。



もう少しストイックに頑張ってみるか。
早朝ランニングとかはどう考えても無理だから、
せめてランチの好きなものを食べるのは止めておこう。


だけどね、夕飯は絶対に食べないようにしているんです。
これだけは守れる、まさにストイックに生きる私。





ちなみにですが、知人の空手道場の先生、
毎日朝5時に起きてジムでストレッチと筋トレ、
卵の白身部分だけ10個食すとかやっているらしいです。


まぁ私はテコンドー練習生ですから。
(完敗です。。。)

8.16.2010

ブロンコス vs ベンガルズ

最近このブログもアメフトの話題ばっかりだなぁー。
まぁプレシーズンも始まってしまったし、仕方ないと言えば仕方ないが。
明日からは別のことを書くので今日までは付き合ってください。。。


さて、そんなこんなで、8/15はデンバーブロンコスのオープニングマッチでした。
プレシーズンなので、主役級の選手達は少ししか出ないのですが、
だからこそ見たかったこの試合。
今年ドラフト1巡指名で入ってきたQBティム・ティーボウ。
彼がこの試合のどこかで出てくるであろうことが気になる話題。


ここロサンゼルスでは夕方4時から開始というベストな時間帯。


早速テレビの前で観戦開始!!



先ずデンバー・ブロンコスの先発QBはやはりこの人、カイル・オートン。
2年前から加入したまぁいたって普通のQBですが、
去年は自己ベストを出すなど調子が良いようです。

QBよりも気になる事情はRB。
去年活躍のノーション・モレノ、コレル・バックホルターの2人は怪我で欠場。
急遽獲得したレンデル・ホワイトも怪我と、恐ろしいRB事情。
確か数年前もRBがほとんど居ないという事態があった。
ということで、先発で出てきたのはランス・ボール。

えーっと、すみません、全く誰だか知りませんでした。
背番号は35をつけていましたが、そういえば過去に
セルビン・ヤングという選手がつけていましたね。
現在のHCになった際に解雇された記憶があります。


そんなことは良いとして、更にWRも気になります。
何といってもエースWRだったブランドン・マーシャルはドルフィンズに移籍。

こんな状態の中、今年はどんな試合を見せてくれるのかが楽しみです。


オートン先発でスタートしたこの試合。彼の仕上がりは順調そうです。
昨年に比べ、パスコントロールがあがっている気がします。
エディ・ロイヤル、ブランドン・ロイドへのTDパスが決まり、
今年のQBはやはりこの人で決定と言わざるを得ません。

2番手QBに出てきたのはブラウンズから移籍したブレディ・クイン。
彼は結構良い選手でやってくれると思っていたのですが、
蓋を開けてみるとまぁ散々な内容。
パスは全て高いし、インターセプトもされる始末。。。
これだったら彼を取得した代わりに放出したトム・ブランドステーターのほうが良さそうです。
まぁ1試合だけで全ての評価が出るわけではないですから、
悪いときもあれば良いときもあるってことで。
長い目で見てあげないといけませんね。


さて、試合はブロンコスのディフェンスが悪く、ぼろぼろの状態。
そんな中、第3Qについにティーボウが出場!!
敵地開催ということもあり、大きなブーイングのもとに登場です。


ロングパスは失敗に終わるも、自身で走ってTDを決めるなど、
デビューとしてはまずまずと言える出来でした。
ただ気になるのが、ロングパスを投げるときのモーションが大きいこと。
これはおそらくフォーム矯正中だと思われますが、
あれだけモーションが大きいとファンブルする可能性も高くなりそう。
現にあわやファンブルというシーンもあった。

やはり今年はまだ使えるレベルにはなりそうもなく、
1~2年ほどかけてじっくりと育っていくのを見守るしかなさそう。

デンバーファンは気が長いですから、じっくりと腰を据えて待ちます。

彼が育ったとき、きっと新生デンバー・ブロンコスとして
スーパーボール出場が出来るぐらいの実力を持つことになるだろう。
そう期待していたい。

間違ってもジェイ・カトラーの時のように使えるようになったときに
フロントとの揉め事で移籍するようなことだけはないようにお願いします。



さて、次戦は土曜日にデトロイト・ライオンズと対決する。

楽しみだ。




8.13.2010

Madden NFL 11

パワプロ2010かMadden NFL 11のどちらを購入するかを考えていたのが
約1ヶ月ぐらい前の話。

ところがご存知の通り、PS3が冬眠してしまったがために
どちらも購入することが出来ず、だがアメフトファンの私としては
どうしてもMadden NFL 11はプレイしてみたいところ。


購入せずにゲームをプレイする方法は。。。







ということで、ここアメリカの電化製品を販売している
Best Buyさんに行ってきました。

残念ながらPS3版のMadden NFL 11はなかったけれど、
XBox360版のものがあったので、どうせ大して変わらないのでプレイ。

なるほど、全然知らなかったけれどパッケージはドリュー・ブリーズ。
オープニングもドリュー・ブリーズだったのね。
まぁ確かに去年のスーパーボール覇者ですから、
そのあたりは当たり前と言えば当たり前ですね。


デンバー・ブロンコスファンの私としては、
当然選ぶチームはデンバー・ブロンコス。



チームの強さが100が最大で表示されるのですが、
何と、デンバー・ブロンコスは78。


うーん、確かに妥当と言えば妥当なところだけど、
ファンの私としては気に食わない。

そんなことは言ってられないので、とりあえず選択。
相手チームは永遠のライバル、サンディエゴ・チャージャーズ。



実際の試合では勝てないけど、せめてバーチャルの世界だけは。


1Qを5分に設定し、プレイ開始。
先発QBはもちろんこの人、カイル・オートン。


って似てないしーーー!!!!


レオナルド・ディカプリオがちょっと太ったような感じ。

他の選手も全然似てねー。


だけどグラフィックは綺麗です。


エキシビジョンマッチでのプレイだったのですが、
完膚なきまでにサンディエゴを倒せて嬉しかったー。


本戦もこれぐらい良い試合が出来れば良いのにな。




というか、PS3を修理するか新しく買えばプレイできるのに。

Best BuyにPS3 250GBモデルにMadden NFL 11がセットになって
349ドルという結構お買い得な感じだったので
危うく購入に踏み切ってしまうところでした。


危ない、危ない、騙されてクレジットカードを作って購入してしまうところでした。


とりあえずイタリア旅行が終わるまではムダに浪費しないこと。


けどMadden NFL 11、面白かったなぁーーー。

8.12.2010

Go!! Broncos!!

ファンタジーフットボールのドラフトが約1名参加できない(私)とのことで、
日程が8月27日のロス時間20時に変更になりました。
自分の都合で変えてもらったからにはしっかりと参加したいと思います。




さて、私の趣味の1つにアメフト観戦というのがあります。
アメフトとはもちろんアメリカンフットボールのこと。
ちょっと見た感じはラグビーっぽさもありますが、ルールは全く違います。


そもそも日本に居たときはアメフトなんて全く興味がなかったのですが、
コロラド州で学生をやっているときにどっぷり好きになりました。


今回はそんな話。


さて、何故全く興味のなかったアメフトにいきなり興味を持ったのでしょうか。





渡米当時、もちろん英語はろくすっぽ話すことが出来ず、
現地の友達を作るのにも一苦労した記憶があります。


そんな中、一緒に渡米した日本人友人が、

「ひろ、知ってるか? アメリカ人の友達を作るには、
先ずキャップのツバが後ろになるように被って、
さらにパーカーを着て、Go!! Broncos!!って言えば良いんだよ。」


何ともうそ臭い話です。


そもそもBroncosってなんじゃい!!


デンバー・ブロンコスの存在すら知らなかったのですが、
よくよく見ると、確かに馬っぽいイラストの描かれた
キャップを被っている人、パーカーを着ている人、結構いるんです。


「あー、なるほど、この人たちに向かって言えば良いのね。」
そう思って話しかけたところ、効果あり!!


ただむやみにキャップを被る、パーカーを着るだけでは駄目なことが分かりました。
色に大きな関係があるようです。
紺系の色のパーカーを着ていると仲間意識が芽生えるようです。
間違ってもライバルチームの色を彷彿させるような
黒、グレー、水色、赤、緑、こんなものを着けていると相手にしてもらえません。

そんなこんなでデンバー・ブロンコスファンが見る見るうちに増えていきました。

ただルールを全く知らず、英語で説明されても良く分からない。
その当時ネットはそこまで普及していなかったので、
覚えるのは苦労しましたがそれでも頑張った甲斐もあり
一通り理解できるようになった頃には一緒にビールを飲みながら応援です。



そんなある日、ブロンコスファンの友人に、サンクスギビングの休みに
何もやることがないなら、我が家に遊びに来ないか?と誘われました。
学校の寮は閉鎖されてしまうため、これは良い機会と思って行くことに。


サンクスギビングの休みに、家族水入らずで過ごす友人。
そこに1人入っているアジア系男子。
家族と同じように暖かく振舞ってくれてとても感謝していました。


そして迎えた日曜日。


今日は大きなイベントがあるぜー、とのこと。



一体何が?と思ったが、どこかに行く気配はない。。。



12時45分。



一同テレビの前に集まり始める。



あ、ひょっとして。。。





そう、デンバー・ブロンコスの試合が始まるのです。




「家族みんな揃ってこんな日曜日に観戦かよ。。。」



そんな気分とは裏腹に、ものすごい盛り上がりを見せる友人のおやっさん。



「Yes, Yes, What the xxxx, God Demn It!!, Jesus!!」



こんな言葉が飛び交うまさにテレビの前の戦場。



いい歳したおっさんがテレビの前で応援って。。。
ある意味カルチャーショックでした。



そんなあまり楽しくない経験もあったのですが、
当時デンバー・ブロンコスはものすごい強くて、
John ElwayというスーパースターのQBがいて、
とにかく敵なしのチームだったのです。
スーパーボールを2連覇するという偉業も成し遂げ、まさに敵なしのブロンコス。

2連覇のあと、QBのエルウェイは引退し、
その後は一気に後退し、今では強かったときの見る影もありません。


おそらく渡米したときにブロンコスが弱かったら
今こんなにファンになっていることはなかったでしょう。



現在ロサンゼルスに移ってきましたが、ブロンコスファンは変わらず。
ここロサンゼルス近郊にはレイダース、チャージャーズという
チームが存在し、常にいじめられる立場にあるブロンコス。



それでも週末になると1人でスポーツバーに行き、
ビールを飲みながら少ないブロンコスファンとともに喜びを分かち合う。


スポーツを通じて友達が増えるのは良いことですね。






だけどあの時の友人のおっさんと今のテレビに向かってスラング連発、
異常な盛り上がりを見せる自分の姿がダブっているとは思いたくない。。。





スーパーボール出場できるぐらいになるのはあと数年かかるかな。

弱くても応援し続けるぜ!!!


Go!! Broncos!!!!




8.11.2010

ラストにゃんこ

母の日に生まれた5匹のにゃんこたち。

全て飼うことは出来ないため、それぞれ里親を探しつつ、
3匹は既にもらわれていったが、結局2匹は残っていた。
1匹は母猫と暮らさせたいとの意向から、最後に1匹だけ残ったメス猫。


名前はまだない。

まだない、というよりも名付けをしなかったというのが正しい言い方だろうか。


結局貰い手が見つからないまま3ヶ月が経過したが、
昨日やっと里親が決定した。

既に2匹の猫を飼っていらっしゃり、2匹も3匹も大して変わらないという寛大さ。
ご主人は大分反対したらしいが、反対を押し切りめでたく3匹の生活となった。

本日はわざわざご丁寧にご連絡くださり、昨日は大分泣いていたとのこと。
きっと母猫と離れてしまったので寂しかったのでしょう。
ただ今日はそんなこともなく、ぐっすり熟睡中との報告を承りました。

幸せに大きく育ってくれることを祈っています。



8.10.2010

イタリア旅行計画中!!

約3週間後の9月2日にここロサンゼルスを離れ、イタリアへの旅行を計画している。

JTB社が主催する麗しのイタリア8日間に参加させていただく。
基本的に日本から出発するツアーだが、アメリカ在住のうちらは
現地集合ということで参加する形を取らせていただいている。

ツアー自体は5日から始まるが、航空券の問題もあり、多少前泊し、
ローマでゆっくり過ごしてからツアーに参加とちょっと優雅だ。

前泊するというからには、当然その間のホテルは自分達で手配が必要だし、
空港からの移動手段やその他どこを見て回るかなども決定する必要がある。
ところが全くもって土地勘がないため、妙なところを予約して
やけに治安が悪かったり、ぼったくり、スリなどにあっても大変だ。
安心はお金で買えるのであれば多少高くてもそちらを選ぶべきかもしれない。

今日は知人に9月上旬からイタリアに旅行すると話をしたところ、

Aさん 「へー、俺もね、2年ほど前にイタリアに行ったんだよ。
ツアーに参加してね、ローマではカプリ島に行くオプションがあったんだけど、
結局それには参加しないで1人でローマ市内を歩いていたんだ。
ローマが終わったあと、フィレンツェ、ベネチア、ミラノに行ってね。
8日間しかなかったんだけど、面白いツアーだった。」とのこと。

私 「あ、そうなんですかぁ、奇遇だなぁ、自分もそういうスケジュールなんですよ。
どこのツアーに依頼されたんですか?」


Aさん 「JTBさんだよ。」





私のと一緒だー!!






こんな奇遇ってあるんですねぇ、びっくりしました。



何でも学生時代にはお金がなく、社会人になってから、と思ったら
今度はなかなか休める機会がなく、結局GWを使って
行く機会に恵まれたから行ってきたとのこと。
しかもこの人、男1人で参加したとのことです。



うーん、すごい。



参加した方々は新婚旅行の人たち、カップルの人たち、
女性だけで参加されている人たち、女性1人で参加されている人など、
男1人での参加は自分だけだったとのこと。



私も1人旅は出来なくはないけど、イタリアはちょっと無理かなぁ。
1人で行くならやっぱりアマゾンか、ガラパゴスか。

若いうちに出来れば行ってみたいところです。


ところで他の知人にもイタリア旅行の話をしたのですが、
本当かどうかは分かりませんが日本人に対するぼったくりは減少の傾向にあると。

何でもイタリアに旅行していた日本人がぼったくられたことを
警察を通してかなんらかの方法でイタリア政府に伝わったらしい。
そのことに対して怒った政府が、その日本人を歓迎の意味で
再度イタリアに招きなさい、ということがあったらしい。
ところがこの日本人、政府からの招待ということは、
そのお金はイタリア人の税金から出るとのことだから、
という理由で断ったらしい。

それを聞いたイタリア人は賞賛し、日本人は良い人だ、
日本人からお金を巻き上げるなんてしてはいけないと、
大分日本人を見る目が変わったという話を聞きました。

本当かどうかは分かりませんが、もし本当なら良い話ですね。

そしてもしイタリアでぼったくりに遭遇したら、必ず警察か、
或いは苦情センターみたいなところがあるのでそこに
報告をすると何らかの措置を取ってくれるそうです。

旅の参考にしたいと思います。


8.09.2010

ゴルフトーナメント参加

8月8日(日)、ボギーゴルフトーナメントというコンペに参加してきた。

今回はロングビーチにある、Recreation Park Golf Courseという場所。
以前バーディを取ったことがあり(まぐれ)、結構好きなコースの1つ。
優勝賞金目指して頑張ったが、結果は散々。
ハンデは30もらっているが、巧い人が揃っているこのコンペでは難しい。
せめてニアピンや馬券だけでも当たれば、と思ったが、
かすりもせずに終わってしまった。
ただ、今回もまぐれ的要素だったが、バーディが取れた。
300ヤードぐらいのPar4。
ドライバーは基本スライスばかりする
「Mr. スライス」
というあだ名まで生まれている。
ただこのホールだけは違った。


バシッとそのままボールは真っ直ぐに飛び、220ヤードほど。
残り80ヤードをピッチングではなく、アプローチを選択。
これが見事的中し、ピンそば1メートルぐらいにぴったりとつく。

あれ? いつもの自分ではないな。。。
一体何が?

一緒にラウンドしている人からは、

「別人28号だ!!」
(言うまでもなく鉄人28号とかけている、そして面白くもない
と言われ、パットもばっちり決まりバーディ。

以前のまぐれバーディとは違って気持ちよかった。

何時もこう上手くいけば面白いのに。。。



ところでここアメリカはゴルフのプレイ費用が日本に比べ安い。
普通にラウンドすればカートつきでも50ドル前後(もちろん場所による)。
また日本のようにOut・Inの間に食事をする必要もなく、
気軽にゴルフができ、また気候も安定しているため雨の心配もなく、
ゴルフをやる人たちには非常に良い場所だと言われている。


ただゴルフはどうも好きになれない。
止まっているボールを打つだけなのに何故こうも変わってしまうのか。
ちょっとしたメンタル面で大分変わってくる。
打つ数が少なければ少ないほど勝ちって、
これはスポーツと呼べるものなのだろうか。
特にカートなど乗ってしまったらほとんど運動しない。
110あたりを何時もウロウロしているが、そのうちのパットは30ぐらい。
ということは、80回ぐらいしか振らないわけですよ?

しかも自分よりも歳を取った人のほうが上手いというのも納得いかない。
スポーツは歳を取ればベテランと言われ、引退していく人が多い。
ところが、ゴルフはシニアになってもプレイできる。

これはもうスポーツではなくて娯楽(レジャー)ですよね。



そんなに面白くないなら辞めれば?って感じだけど、
それでもたまに良いあたりが出ると気分爽快。
もっと巧くなりたいな、とは思うけど練習は面倒臭い。
スコアが散々だともっと練習しなくては、と思うけど、結局面倒臭い。

きっと何時まで経ってもこんなスコアなんだろうなぁ。




ゴルフは情熱を注いだ人ほど巧くなれるに違いない。


間違ってもセンスではないと思い込みたい。




8.06.2010

ハイテク化する世界、ローテク化する我が家

iPhoneやiPad、3DTVの登場、これから開発されていく様々なハイテク機器。
便利を追い求めれば追い求めるほど、ハイテク化は進み、
そう遠くないうちに空を走る車が出てくる日も来るのかな、と楽しみにしています。

そんなハイテク化していく世界とは裏腹に、我が家はローテク化しています。

先ず何度もブログで取り上げている通り、我が家のPS3が故障中です。
ゲーム大好き、何時間でもプレイできますが、ゲームのためだけに
50インチ大型プラズマTVを当時2000ドル近く出して購入しました。
初めてPS3をこのTVでプレイしたとき、感動したなぁ。。。
そしてHDMIケーブルで繋いだとき、こんなにもグラフィックが変わるものか、と驚いた。
まさに俺の生きがいそのもののPS3。

故障したのはもう仕方ないとして、我が家ではこのPS3がゲーム以外にも大活躍。
Blu-rayを見るとき、DVDを見るときも全てこの1台で行っていた。


ところが故障。。。



これに伴い、我が家では一切のBlu-ray、DVDを見ることが出来なくなる。


日本のテレビ番組なんてこちらでは見れないので、基本番組をレンタルしてくるのだが、
このご時世に今更感がプンプンするビデオカセットテープ。
レンタル屋で皆がDVDを借りていくのを横目に、
あんな大きなビデオテープを何本も手に持ち、レンタルする俺。

我が家には大型TVがあるにもかかわらず、きっと他の人たちは
「やだぁ、あの人、きっとまだテレビもブラウン管でローテクの人よ(クスクス)。」
って感じで見られているに違いない。


「いや、違うんです、うちはハイテクにこだわっていて、
テレビはもちろん50インチプラズマテレビ、ゲームだってPS3のほか、
Wiiだって持ってるし、音響システムこそ普通だけど
それでも結構こだわっているほうなんです!!」


と言いたいところだが、負け犬の遠吠えと思われる可能性もある。


どうしたら良いものか。。。



PS3を早く修理すれば良いだけの話です。

8.05.2010

ファンタジーフットボール②

うちらのリーグを運営しているファンタジーフットボールの主催者から連絡が入る。

「オーナーの皆さん、ドラフトですが9月4日に行う予定ですがいかがでしょう?」







ド、ドラフト??



まさかそんなことがあるとは思っていなかったので驚きだ。
前にも伝えたが、アメフトは好きなスポーツだが、
ファンタジーフットボールへの参加は初めて。
どんなことがあるのかも当然分かっていなかった。

その人が言うには、どうやら勝手に登録されていたメンバーは仮メンバーらしい。
つまり、ドラフト時に自分の好きな選手を取り、自分のチームを作ると。
ということは、先日取りたくても取れないと思っていたドリュー・ブリーズや
その他超有名選手をこれから取ることも可能になるわけですね。

いやぁ、それすら知らないで参加する自分も自分ですが、
そんな楽しいイベントがこれからあると思うと楽しみです。
俺も埼玉ペンギンズのオーナーですよ。

ところでそのドラフトでは1人90秒の時間が与えられ、
好きな選手を1人ずつ選択していくらしいです。
順番はランダム。
俺が一番になっていたら、先ずは好きな選手を選べますが、
二順目は最終順になるという、そういうシステムとのことです。
まぁ当たり前といえば当たり前ですけど。

ということは、この選手が取られた場合はこの選手を代替、
などある程度シュミレーションしておく必要があるわけですな。

そしてオンラインで行うわけですから、その日、時間は
確実にコンピューターの前で拘束されるということです。
もちろん自動選出なども出来るようですが、
やっぱりオーナーの1人として参加するべきでしょう。
ただ9月4日は旅行で居ないため、別の日にリスケしてもらえるよう
リクエストを出させていただきました。
もし通らなければ俺のチームは勝手に選手が選出される模様です。

アメフトは好きでもデンバー・ブロンコスファンなだけに、
他チームの情報は本当にQBぐらいしか知らないため、
事前リサーチ、情報収集が必要になります。

これから忙しくなりそうです。

8.04.2010

Sonyサポセンの対応

昨日ジムで体重を計ったら2日前のWii Fitでの体重は正しかったことが判明。
やっぱり5キロも太っていたのね。
正直ショックだけど、頑張ってスリムな体型を目指して頑張ります!!


さて、PS3が壊れてどうしようもない状況の下、やっとSonyサポセンのメール
問い合わせフォームを見つけることが出来たので早速連絡してみた。
どうせお決まりのような回答しか返ってこないのだろうなぁ、と思っていたが、
案外担当の方の受け答えは良い感じで、24時間以内の回答というのも高評価。
とりあえずメール内容をそのまま抜粋。

こっから↓



このたびは、「PlayStation 3」(PS3)が正常にご利用いただけず
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

電源ランプが赤色と緑色の交互に点滅、または赤色に点滅している場合、
本体内部が熱くなっている可能性があり、
そのまま使い続けると操作することができなくなります。

念のために本体の電源を切り、電源ランプが赤い状態にて
しばらく放置してください。
また、本体は壁との距離が10cm以上離れている場所に設置してあり、
通風孔はふさがっていないかなどご確認ください。

ご確認いただいても改善しない場合にはPS3本体に
不具合が発生している可能性がございますので、
お預かりしお調べした上で対応させていただきたいと思います。

ただし、日本モデルのPS3は国内専用品となっており、
日本国外からのアフターサービスはお受けしておりません。

また、当社では動画・音楽等の著作物を扱う機器の製品メーカーとして、
日本国内専用の本体をその他のリージョンコードが割り当てられた地域へ
直接お送りすることは控えております。

そのため、PS3のアフターサービスをご希望の場合は、
お手数をおかけいたしますが、日本国内において本体の返送が可能な
代理人を立てていただき、お客様より代理人の方へPS3を
ご送付いただいた後、代理人の方より当社へ
ご連絡くださいますようお願いいたします。

また、念のため当社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の
製品を日本国外に持ち出す場合について、以下にご案内いたします。

PS3は、輸出規制リスト上、「暗号機能」で該当する製品ですが、
輸出貿易管理令第4条第1項第6号の規定に基づき、
経済産業大臣が告示で定める貨物の条件に合致しますので、
経済産業大臣の許可を取得することなく、「特例」扱いで
輸出することが可能です。

お手数、ならびにご迷惑をおかけしますことをお詫びいたします。


↑ ここまで

海外在住のため、どうしたら良いのかなどの回答がしっかりと書かれています。
あー、こっからスタートするには充分過ぎる回答だなぁ、と何か
今後この方(名前は伏せてあります)に返信をして相談を、
と思っていたのですが、


*info-mail@scei.co.jp宛の返信はお受けできません。




なんとー、やってくれますねー。
つまりこのメールに返信しても回答してくれないわけですね。
メールで問い合わせたい場合はまたメールフォームから問い合わせろと。

うーん、ハイテク機械を作っている会社とは思えないです。。。


8.03.2010

電化製品

1ヵ月後にイタリア旅行を控え、現在何が必要か検討中。
洋服やら何やらはまぁどうにかなるとして、一番気になるのは電化製品。
デジカメとかデジタルビデオカメラとか、そのあたりを買うべきかどうか。

俺が今使っているデジカメはKonica Minoltaのもの。
確か5年ぐらい前に日本に帰ったときにビックカメラで購入。
店員さんにこれは良いですよーと勧められて買ったものの、
その直後Konica Minoltaがデジカメから撤退

というアクシデントに見舞われた。
それでも使用勝手に問題はなく、500万画素はあるし、悪くない。
ただイタリア滞在は10日間あるし、どう考えてもストレージは不足する。
SDカードのスペアは少なからず必要になるだろう。
ということで、SDカードスペアを購入するか、デジカメ自体購入するか悩んでいる。

ちなみに俺のSDカード、256MBって何時の時代のものだろうか。。。(5年前です)

今一般的に売られているものが2GBとか4GBとか、8GBまであるじゃない。
256MBって桁が違い過ぎるんですけど。。。
そのことすら全く知らずに使っていた自分もすごい。


それとは別に検討中のデジタルビデオカメラ。
俺はFlip Video Camcorderっていう簡易デジタルビデオカメラを使用中。
2年ほど前に旅行時に動画記録媒体として購入。
以降かなり重宝したが、今はほとんど使用していない。
当時ズームは2倍が限度となっていて、更にズームにすると粗くなる。
だけど使い勝手は非常に良い。
USBにそのまま接続できる形になっていたので、さくっとPCに落とせる。
現在はHDバージョンなども出てもっと良くなっているようだ。

Flip Videoでないにしても、何かしらのデジタルビデオカメラは必要かもしれない。
ただ撮るだけで満足してしまって、その後の編集などが追いつかなくなるのも面倒だ。


そんな狭間で揺れている俺だが、悠長なことも言っていられないので、
近々何かしらの決断をしたいと思っている。



イタリアはスリが多いらしいので、購入して直ぐに盗られることがないようにしなくては。

そう考えると買わないほうが無難なのかも。。。








ところで昨日Wii Fitに乗ったら、


「おめでとうございます、目標達成ですね。」


って
1日で6キロも落ちるわけないだろ~~!!

俺の体重が一体どれだけあるのか今日しっかりと測定してきます。

8.02.2010

目指せ!! 1ヶ月で7キロ減!!

1ヵ月後にイタリア旅行を計画中ということもありダイエットを再開することにした。

前まではとにかく太らない人間だと思っていた。そういう体質なんだろうと。
ところが今は何ですか。。。何を食べても太るって感じで。
夜食なんてやってしまったものならもう大変。。。
その点、俺は結構意志が固いほうなので、ちょっとやそっとの誘惑では揺るがない。
(たまにちょこっと食べてしまうことはあるが。)
しかも高校まではボクシングをやっていたので減量とかも多少の経験あり。

それでも何故か太るんだよねー。
何が悪いのかは良く分からないんだけど。。。(たまに見せる意思の弱さです)

適度な運動はしているし(テコンドー、ジムなど)、
食生活も朝と昼(ちょっと遅め)の2食のみ。
アルコールも以前は毎日だったけど、金、土、日の週末と
週の真ん中の水曜日とまぁ2日に1回のペース。

痩せないにしてもとりあえず今の体重キープなら良いかなとも思っていたけど、
国外旅行できっと美味しい食事とかするから今のうちから痩せておかないとね。

というわけで、昨日は久しぶりにWii Fit Plusを出してきて運動を。

起動中。

起動中。。

起動中。。。


「ひろさん、66日ぶりですね。」


あー、もうそんなに経ったのかぁ、ずっとやっていなかったなぁ。


「体重測定。」




「前回より5キロほど増えています。」





え?



体重キープしていたと思ったのに、2ヶ月の間に5キロも太ったの?
それでもまだ痩せ体型に入っているけど、これはちょっと。。。

ということもあり、この太った5キロ分、プラス2キロの合計7キロダイエットを!!
Wii Fit Plusにも設定したが、
「無理なダイエットはリバウンドの可能性がありますよ?」
とか、そんなことまで教えてくれるのね。

なかなかカワイイ機械じゃない?


無理だと言われてもやらなくてはいけないのよ、自分に厳しくするためにはね。


ということで、出発の9月2日までに7キロ落として63キロ(140lb)を目指します。

間違ってもボクサーの減量みたいなことはもうしないけれど、
イタリアから帰ってくる頃にはリバウンドして同じぐらいになってそうだ。。。