6.30.2010

クレヨンしんちゃん

草加市出身の私にとって、隣町(春日部)が舞台となっている
クレヨンしんちゃんは昔から見ている好きなアニメの中のひとつ。

もちろんアメリカのテレビでは見ることが出来ないが、
日本のビデオレンタルショップに行けば見ることが可能。
ただ30過ぎたおっさんがクレヨンしんちゃんを借りるのは勇気がいる。
さすがの俺もテレビ版のしんちゃんは借りられない。
劇場版のしんちゃんをたまに借りる分にはまだありかなと、
自分の中でも線引きをしているのだ。

ただロサンゼルスの日系社会はかなり狭く、
しんちゃんを借りているところを誰かに見られたらどんな噂になるか分からない。

昨日は夜遅く、人が少ないときにこっそりと借りに行った。
自宅に帰り、楽しいしんちゃんタイム、と思っていたら。。。
なんとDVDが起動しない。。。
どうやらディスクに傷がついているらしく、見れないことが判明した。

仕方がないので、もう1度ビデオレンタルショップに行くと、
店内は人が多く、また店員さんも女性。
その中で、
「あの、すみませんこのDVD見れなかったので他のものと交換してもらえますか?」
と言うのは勇気がいる。
だけど言わないわけにはいかない。
適当に理由をつけて、
「子供が好きだから借りて行ったのに、昨日は見れなくて泣いていたんですよ!」
とか言うことも出来るが、店内に知り合いがいたら、
あの人子供いないのに。。。ってさらに噂がたつ。

堂々と交換してもらいました。

今日はクレヨンしんちゃん観るぞー!!




6.29.2010

貰われていく子猫たち

5月上旬に生まれた5匹の子猫たち。
実家では全部飼うことは出来ないので貰い手を捜していた。
グレー調の2匹の猫は里親が見つかり、既に親元を離れた。

今までは母猫と一緒だったにもかかわらず、
これからは1匹で新しい家族とともに生活を送らなくてはいけない。
ただただ、幸せな家庭に貰われていったことを祈りたい。





6.28.2010

ストライクフォース

土曜日何の考えもなくテレビのチャンネルを回していたところ、
ちょうどストライクフォースのメインイベントが始まるところだった。
人類最強の男と言われるヒョードル(アメリカではフェドールが正しい発音かな?)の入場シーン。

これから始まる試合はどう考えてもヒョードルの勝ちを信じて止まなかった。
どうやって勝つのか、パウンドか、KOか、TKOか、興味はそのあたりだった。

始まって直ぐにヒョードルのパンチが襲う。
ヴェルドゥムいきなりのダウン!!
これはそのままパウンドで終了か!?と思った矢先、
まさかの三角締めがっ!!
悪い予感。。。
と思ったところ、人類最強の男はタップ。

試合終了後、インタビューに答えるも何か空ろな感じ。
あと1試合はアメリカでやるらしいけど、完全復活を期待したい。

私にとってもかなりショックな出来事で、今でも信じられない。
今話題になっているサッカーに例えるならば、
日本がブラジルに勝つぐらいの予期せぬ事態だと思う。

そういえば2年ほど前にアメリカでプライドのイベントが行われることが決まった際、
ヒョードルと一緒に写真を撮ったことがあった。
写真が見つかり次第アップします。

6.25.2010

ハーフ or クォーター?

実は(というほどでもないが)私の父親は在日韓国人。
日本で生まれ、日本で育ったので韓国語はしゃべれない。
無論、私もしゃべれない。
けど私の場合は習いたい、覚えたいという意思はある。
そのための、というわけではないが、テコンドーも習っているし、
全く進めていないが参考書が数冊、そして
やさしく覚える韓国語DSみたいなソフトも所持している。

親が韓国人という話をすると、嫌と言うほど、
「ってことはハーフ?」
と聞かれる。

答えはNoだ。
そのあとは決まって
「じゃあクォーターなんだ?」
と言われる。

実はこの答えもNoなのである。

なかなか説明が難しいところなのだが、
父方の祖母は日本人と韓国人のハーフ。
父方の祖父は純韓国人。
ということで、父親は一般とは違うクォーター、
日本人がクォーターという逆のパターンになる。

そして私の母親は純日本人。

その間に生まれた私は、ハーフよりも少なく、
クォーターよりも韓国人の血が流れる日本人だ。
1/2ではなく、1/4でもない。

つまりは、5/8が日本人、3/8が韓国人ってことだね。

私という人間を使った誰でも分かる確率統計の話。
来週はラスベガスに行く予定なので、
その前に確率を勉強しなくては。
こんな簡単な確率だったら充分勝てるのに。。。

6.24.2010

おめでとう!!

アメリカではちょうど昼頃に始まった日本対デンマーク戦。
正直勝てるとは思っていなかった。
良くてドローと思っていたのに蓋を開ければ3-1の完勝。
0勝3敗か良くても2敗1分けと思っていたのに2勝は立派。
素直におめでとうと言いたいのとともに、
今まで批判しててごめんなさい。
次はパラグアイということで、更に厳しい戦いになるはず。
サムライブルー、頑張って欲しい。

ところでサッカーを見ていて思ったのだけど、
何故に監督はスーツを着ているのだろうか?
今日は寒かったからか、上に羽織っていたけど。。。
野球なんかはユニフォーム姿だよね。
けれどサッカーはスーツ。
バスケもホッケーもスーツ。
確かバレーボールもスーツ。

不思議に思ったので早速調べたところ、色々な説がある様子。

面白かったのはサッカーの監督にハーフパンツは似合わないだろうとの意見。
なるほど、確かに岡田監督がハーフパンツを履いていたら失笑する。
けどこれは違うと思う。

そして有力説は野球は監督がフィールド内に入るから。
なるほど、確かにサッカーやバスケ、ホッケーやバレーボールは
フィールド(コート)内には入らない。
外で指示を出しているだけだ。
だからスーツを着用し、フィールドに入るものはユニフォームなのか。

ところが。。。この説でいくと、アメフトは納得できない。
上記の説を使うとアメフトはスーツのはず。
ところがコーチはユニフォームとまではいかないまでもラフな格好。

スポーツ発祥の地によって違うのでは?という意見もあるが、
これはどう考えても違うような気がする。
バスケ、野球はどちらもアメリカ発祥だろうし(違うかも。。。?)。

そう考えると何が何だか分からなくなってくる。
有力説を取り入れて、アメフトだけ例外ってことかな。

これだっていう説が出てきたらまた報告します。

6.23.2010

Demon's Souls (デモンズソウル) プレイ日記②

DQMJ2が少し飽きてきたので、またDemon's Souls(デモンズソウル)をトライ。
いつものようにこの見慣れたオープニング。






プレイを開始して20分。。。
何となく法則的なものを発見しました。
どうやらこのゲーム、敵の出現場所などが常に同じなようです(今更?)。
死んで覚えるとはまさにこのことか(今更?)。

ここでこいつが出てくるから、こう避けて、こう攻撃。
おー、なるほど!!!
ちょっと楽しくなってきました。

そしてやっと新しい世界へーー!!!
と喜んだのもつかの間、なんじゃー、このでかいボスみたいなのはっ!!

と思った矢先に瞬殺。。。

そっとコントローラーを置きましたとさ。

6.22.2010

橙→緑


先日のテコンドー昇級テスト、見事に合格しました!!
これがその証書です。

段じゃなくて級というところがまだまだなところです。。。

昇級テストですが、主に5つの審査があります。

1. Basic Hand Technique
2. Combination Hand Technique
3. Poomse
4. One Step Sparring
5. Breaking Board

日本語への訳は良く分からないのですが、単純に言うと型と板割りでしょうか。
橙から緑へと進むための板割りではSide Kick(横蹴り)を使います。


私はこんなに巧くないですが。。。

まぁこのような横蹴りでですね、板を割るわけですよ。
気合入れないと足を痛めます。
精神集中して。。。


今回割った板は結構厚かったです。


ちょうど近くにDSのソフトがあったので厚さ比べ。
DSよりもちょっと厚いぐらいです。

何はともあれ、無事昇級できて良かったです。
3ヵ月後は緑から青へのテストがあります。
この調子で頑張りたいと思います。

それとは別に3月に参加したトーナメントの証書ももらいました。


堂々の第2位と言いたいところですが、色帯は参加者が少ないので。。。

6.21.2010

スモークデー

先日久しぶりに燻製を作る決心をした。
燻製は簡単であるにもかかわらず、塩漬けや下味付けに時間がかかる。
本当は作り方も含めてアップしていきたいところだったけど、
今回は簡単にさらさらっと流すことにします。

今回作った燻製は、スモーク牛タン、スモークチキン、スモークハム、
スモークベーコン(ってか、ベーコン?)、スモークエッグ(燻製玉子)の5つ。

我が家の燻製機はこちら。


アメリカの大型ホームセンター、Home Depotで購入したもの。
ちなみに値段は50ドルぐらい(4500円?)だった記憶があります。
コンセントなどはついていないので、自分でカセットコンロを用意して、
そこから出す熱でチップを燃やして燻製させます。



内部はこんな感じに吊るすものは吊るして、
吊るしづらいものは上の金網に置いてあります。

60度ぐらいに保ち、待つこと2時間ぐらいで、完成!!


出来上がった燻製玉子(くんたま)



スモークチキン



ハム、ワイン漬けのスモークポーク、牛タン(上から)

これを綺麗に切って、お皿に盛り付けます。
じゃじゃんっ!!!
料理は見た目も大事です(誰かから聞いた言葉)。



これを18年もののウィスキー山崎とともに。


自分で作っておきながら自惚れている感じがしますが、美味でしたっ!!
少し寝かしたほうが味が良くなるということで、直ぐには食べずに
冷蔵庫で1日置いておくと一層味が引き締まります。

次回挑戦するときはレシピも一緒に載せてレポします。

6.18.2010

歯の治療

今日は3回目の歯の治療。
先週も治療に行ったのだが、どうやら化膿が酷いらしく、時間がかかるとの報告だった。

3回目といえど、治療はなかなか侮れない。
先ずは塗り麻酔を歯茎に、そして注射で麻酔。
「ちくっとしますよーー。」
と言われるが、ちくっとどころの話じゃない。
かなり痛いんですけど。。。

今日もどうやら同じように歯の裏あたりに穴を開けて、
神経治療の経過を見ているらしい。
神経治療ってどうやら歯間ブラシのかなり細いようなものを
穴の開いた歯に突っ込んで神経を取り出すようだ。
その歯間ブラシみたいなものにも長さが色々とあるらしく、
歯の大きさによって使い分けが必要なようだった。

先生と助手の間での話(英語でのやり取りだけど面倒なので日本語で)。
先生 「○○の大きさを準備してくれ。」
助手 「サイズ○○ですか!?」
先生 「歯が大きいから普通以上の長さが必要なんだ。」
私 「。。。。。。。。。」

確かに私は前歯が大きいけどそんな露骨に言わなくても。。。
もう少しオブラートに包んで言って欲しいなぁ。

結局今日も化膿が止まっていないらしくて、穴を開けて確認だけとなった。
毎週毎週だった通院はついに2週間後となった。
少しずつはよくなっているけどまだまだクラウンを作るレベルではないらしい。
2週間後にまた注射か。。。

何時になったらこの治療は終わるのか。
早く楽になりたい。


6.17.2010

DQMJ2 (ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2)

一向に進まないDemon's Soulsはやらなくなってからしばらく経つ。
その間ゲーマーである俺は他のクリアしていないゲームに着手した。
NDSから発売されているDQMJ2(ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2)。


寝る前とか、ジムでバイクをこぎながらコツコツと進めている。
既に40時間近くも費やしている。今思うと無駄な時間かも。
このゲーム、評価が分かれていて、対戦ゲームとしては失格らしい。
ただ俺は今のところ1人でしかプレイしていないし、
ここアメリカではすれ違いなんてどう考えても無理。
そもそも歩いて人とすれ違うことなんて皆無なのに、
そんな中でどうやったらすれ違えるんだって感じです。
東京のど真ん中とかなら色々な人とすれ違えてまた違った見方が出来るのに残念。
だからそのあたりの評価は出来ないけど、何となく面白いです。

モンスターを仲間にして、レベル上げて、配合する。
その繰り返しなんだけど、メタル系を倒したときの爽快感、
配合で強いモンスターが生まれたときの達成感など、
なかなか良く出来ているのではないかなと思います。

もうちょっと練りこんでも良かったかなと思う部分は所々に見られるけど、
まぁ最近のスクエニさんのゲームの中では面白いほうかな。

まだまだ遊べそうです。



6.16.2010

跆拳道

実は1年ほど前から跆拳道(テコンドー)を習っている。
何で跆拳道を習い始めたかというと、そもそも中学、高校、
そしてアメリカでも少しボクシングを習っていたからだ。

ボクシングをそれなりに極め(チャンピオンとかになってないから極めてはないけど)、
次は何をやろうかなと考えていたのだが、手は使えるようになったから次は足だな、
足を使うとしたらキックボクシングか空手か跆拳道か、そのあたりだなと思ってた。
キックボクシングはボクシングと名前がかぶっているし、
わざわざアメリカに来てまで空手って言うのも気が引けるし、
何が良いかなと考えていたときに出会ったのがYouTubeでのこの蹴り技。。。




「跆拳道、すげーーー!!!」

そう思ってはじめたのがちょうど今から1年前です。

白帯から始まり、黄、紫、橙ときて、明日は緑の帯テストがあります。
黒帯までには少なくとも2年半必要とし、緑のあとも
青、青白、茶、茶白、赤、赤白、そして黒です。
先はまだまだ長い。。。
黒帯が取れるころにはあんな蹴りが出来るのかなぁと夢見ていますが、
体の硬い私にとっては一生かかっても出来ないかもしれません。

6.15.2010

Kittens

ロサンゼルスに引っ越してきた両親。
アパート内に居た野良猫をレスキューし、飼い始めた。
まだ子猫ぐらいの大きさだったにゃんちゃん、名前は「みゅー」。
実はこの猫、子猫だったにもかかわらず、既に妊娠していた様子。
日に日にお腹が大きくなり、1ヶ月前に5匹新しい命が誕生した。

 
 
生後2週間ぐらい。まだ目が開いていません。

少しずつ大きくなり始めました。
まだ歩くのも大変です。

生後5週間目。両手サイズになりました。

何故かこの子、舌を出して寝ています。

抱かれたまたそのままお休みモードに。。。

1匹は母猫のみゅーと暮らすことが決まっているので、
それ以外の4匹、里親を募集中です。

やんちゃで可愛い子猫たちです。

6.14.2010

実家事情

今日はちょっと風変わりな我が家の実家事情に関して。
プロフィールに書いてある通り、埼玉草加市に生まれたが、
アメリカのコロラドに行っている間にちょっと変わった事件が。。。

もともとアメリカに住んでみたいと言っていた両親、
住むためには当然永住するための権利(永住権)が必要になる。
1年に1回、この永住権(グリーンカードとも言う)の抽選があり、
応募者の中からほんの一握りの人がアメリカに住むための
権利を得ることが出来る、すばらしいシステム。
ただ確率としては1%にも満たないらしく、
東大に受かるよりも難しいと言われているぐらいだ。
そんな抽選になんと当たってしまったのが父親。。。
なんという強運の持ち主。
母親は結構応募していたにもかかわらず、全く当たらない。
そんなに当たらないものなら一緒に応募を、とやってみたところ、
なんと一発で当ててしまうのだから恐ろしい。

そんなこともあって、コロラド在学中に親から電話があって、
「うちら永住権が当たったので、ハワイに移住することにする。」
と言われたときには正直驚いた。
驚いたというか、日本に帰る家がなくなるという事実にもまた驚愕。
まぁただ、皆からはハワイが実家だなんて羨ましいと良く言われたものだ。
ちなみにハワイではこんな風景を良く見ていました。

 

そんな我が両親、ハワイは島国ということもあり、10年弱で飽きてきたらしい。
動けるうちにもっと色々なところを見て回りたいという希望もあり、
昨年から今度はハワイを引き上げてここロサンゼルスにやってきた。
我が家から車で15分程度のところ。実家がここロサンゼルス。。。
ハワイに行く予定もなくなってしまい、帰省するにも車で15分。
日本に帰国すれば家もない。。。
そんな状況だけどとりあえずそれなりに楽しいし、アリかな?

ひょっとしたら私達が別の場所に移住して、
実家がロサンゼルスって言うのも良いかも。。。?




6.10.2010

NBA Playoff

今日はNBAのプレイオフがあるらしい。
ここロサンゼルスを拠点とするLA Lakersのファイナル。
正直に言うとバスケはあまり興味がないが、
バスケ好きの地元の人たちはかなり盛り上がっている。
車にはLA Lakersの旗を掲げた人たちを良く目にする。
写真を撮っていないので紹介できないのが残念。

バスケは別に嫌いではないのだけど、実際にはLakersにあまり興味なし。
というか、もともとコロラドに住んでいたので、コロラドを常に応援してしまう。
バスケだとデンバー・ナゲッツ(既に敗退したが)。
野球もドジャース、エンジェルスに比べるとロッキーズ。
ただ野球は日本人選手がドジャース、エンジェルスには所属しているので、
そういった意味では応援しているけど。。。

結構不思議なのが、コロラドは約4年の滞在。
ロサンゼルスは既に8年ぐらい。
だけどロサンゼルスよりもコロラドのチームを応援してしまう。
最初に訪れたところを応援したくなるのかな?

まぁどちらにしてもNBAはBoston Celticsとの決勝戦なので、
ボストンとは縁もゆかりもないので、Lakersを応援します。
心からは思っていないけど、
Go Lakers!!


6.09.2010

Hangover (ハングオーバー)

日本ではまだ公開されていない映画のようだけど、
ここアメリカでは既にDVD化されている。
コメディはあまり好きではなかったが、かなり面白いということで観てみることに。



公開されていない映画のストーリー内容に触れるつもりはないけれど
(まぁどちらにしても誰もこんなブログ見ていないだろうが)
ロサンゼルスとラスベガスというかなり地元的な話でもあり、
最初から最後まで楽しく観ることが出来た。
ちなみにタイトルのHangoverとは二日酔いのこと。
ちょっと安い映画だなって感じるところが節々に感じられるけど、
まぁ私は映画評論家なわけではないし、面白ければそれで良し。

これを観るとラスベガスに行きたくなるということも聞いていたがその通り。
ラスベガスは結構頻繁に行っていたけれど、
ここ最近全くと言っていいほど行けていない。
近々ギャンブルやりにラスベガスまで行ってくるかなー。
大体勝てず、負けずで終わるんですけどね。。。



6.08.2010

Demon's Souls (デモンズソウル)

先々週ぐらいからちょこちょことやり始めたPS3用ゲームの
Demon's Souls(デモンズソウル)を再度トライしてみた。


このゲーム、究極のマゾゲー、神ゲーとか言われ、
どのサイトでも高評価を取りまくり、とにかくムズイ、直ぐ死ぬ、
ゲームバランスが絶妙だのと言われている。
ただ個人的にダークファンタジー系、中世ヨーロッパ系のものは
毛嫌いしていたこともあり、手を出さずに居たが、
ベスト版が出たということもあって購入に踏み切った。

ゲーマー暦25年(?)の俺にとって、こんなものちょろいね。
クリアできなかったゲームなんて今までないし。
(いや、スペランカーはさすがにクリアできなかったかな)
最近のゲーマーはレベルが下がってるんだなーと思いながら、
俺なら速攻クリアだねと意気込んでいた。。。
ちなみに一応プレイ前に攻略サイトなどを軽く巡回して、
初心者にお勧めと言われている職業(貴族)で始めてみることに。
(すでにこの時点で負けているかも。。。)

結論から言うと、かなり見くびっていた。
開始から既に10時間ほど費やしているが、全く進まない。
お勧め職業でもこれだけ難しかったら他でやってたらどうなるの?
ひょっとして俺はゲーム下手なのかもと気分的に打ちのめされる。
そもそもマップ表示もなくて、どこに行くかも分からなくて、
いきなり強い敵と遭遇して瞬殺

最初に戻る。

ちょっと進んだと思ったら変なのが出てきて撲殺。。。

最初に戻る。。

何かでかい鳥がいるなーと思って近づいたら炎吹いてきて焼死

最初に戻る。。。


プレイ初めてからこの画面、何度見たことか。
とにかくすっげーイライラするんですけどっ!!!
毎日大体5回ぐらい死んでは面倒臭くなってコントローラーを置く。
けどまた次の日になると気を取り直してスタートする。

この繰り返し。。。

けど、それでも何度もトライしたくなるってことはそれだけ中毒性のあるゲームなのかも。
何かもう少し頑張れば進めそうなのになーっていうそのバランスが良いのか。
というか、めちゃめちゃ皆の評価通りなんですけど。。。

普通これだけ死んだらゲームの難易度を下げてプレイさせてくれたり、
そもそもアクション苦手な人用に簡単モードとかあったりするはずなのに、
このゲームには一切そういった配慮なし!!
けどそれが万人受けして高評価を出す理由なのかもね。

とにかく、今日の夜も奮闘することになるかもなー。
っていうか、いい加減他のステージを見てみたいのですけど。。。

あ、それとこのゲーム、オンラインモードっていうのがあるらしく、
それで行うとちょっとは簡単になるみたいなことも言われています。
ただアメリカでは通信スピードが格段に遅いということもあり、
オフラインモードでとりあえずクリアしてみようかと試みているところです。

ここで止めてはゲーマーの名が廃る!!
なんとしてでもクリアしてみせるぞっ!!

6.07.2010

アメリカンドリーム

アメリカンドリームって名付けたけど、本当は死ぬまでに叶えたい自分の夢。
叶うと信じて頑張っていきたい。とりあえず箇条書きに。
叶ったらそのときにブログでお知らせします。

1.ランボルギーニに乗る
(所持者に乗せてもらうのは駄目。自分で買うこと)

2.アマゾン探索、世界の広さを実感する

3.ガラパゴス諸島訪問、動物達を観測する

4.アラスカでオーロラを観る

5.NFLデンバーブロンコスのシーズンチケットを手に入れる

6.NFLスーパーボールにデンバーブロンコスが出場、生で観戦する

7.ピラミッド、ナスカの地上絵、マチュピチュなど古代ミステリー訪問

8.ペンギンを飼う

9.犬嫌いの妻を説得させてレトリバー2匹飼う

10.地下室つきの家を購入、地下にはでっかいテレビとホームシアターを取り付ける

11.世界一周旅行

12.レニーハート氏に格闘技登場風に紹介してもらう

とりあえず思いつくのはこんなもんかなぁ。また何かあったら追加します。
番外編として、元格闘技団体プライドのテーマーをUFCから買い取る、
とかも考えたのですが、さすがにこれは無理そうなので却下。。。
他もかなり無理そうなものもあるけどね。

6.04.2010

歯がいてぇーー!!

ここ数日にわたり、歯から激痛が走っている。
どうやら前歯が痛いようで、
何かしたときに痛むわけではなく、
ただ息をしているだけでも痛い。

前歯といえば、実は10年ほど前に顔面強打時にかけたことがあり、
当時コロラドに居たときに起きた事件を思い出す。
当然日本語が通じる歯医者などあるわけもなく、
きれいに歯がかけたこともあり、その歯を持参する。
神経にちょうどかかるか、かからないかぐらいの場所と言われ、
多分くっつけておけば大丈夫だろうとのこと。
可能性として、今後痛くなることがあったら、
そのときは差し歯とかにする必要があるかもね、と言っていた。
そこでくっつけるために出てきたものが、
日本語のカタカナで書かれた


「ボンド」


おいおい、馬鹿にしてるのかよ、ボンドってそれ木工用じゃないの?
日本人にカタカナで書かれたそんなもの出したら駄目だろ!!
そんなもんでくっつけて大丈夫なのかよ、と思いつつも
他に案もなければNo!!というわけにも行かず、されるがまま。
とりあえず無事にくっついた。
たまに凍みるってこともあったけど、大きなトラブルもなく。
それから10年。。。

急に痛みだした歯はそのときに言われたその神経の部分だろうなと。
痛み止めを飲んでも切れれば激痛、飲んで落ち着くまでが激痛。
これは歯医者に行かなきゃ駄目だなと思い、急遽歯医者へ。

とにかくここアメリカでは保険は国民の義務ではないため、
自分で保険を準備しておかなくてはいけない。
一応会社で保険に入っているので、それを利用することに。

コロラドの時と違い日本語が通じるのでかなり安心。
10年前の事件を話すと、
「あー、ボンドって書かれた接着剤は使いますよ、とのこと。」
あの時のおっさん、疑ってごめんと思いつつも話は核心へ。
とにかく良くこの痛みに耐えていたねって話で、
神経治療とクラウンってものが一番手っ取り早いとのこと。
説明してくれるけど良く分からん。。。
とにかく痛みがなくなるならそれで言いと即決。
あ、でも保険があるって言ってもいくらぐらいなのかは聞いておかないとね。
いくらぐらいになりますか?と聞いたところ、

$700.00 (約6万5千円)!!

まぁ高いって聞いたこともあるし、これ以上痛みには耐えられないので
痛い出費ではあるけれどそれでお願いしますと伝える。

ただ1日で終わるような作業じゃないから、
今日は痛みを取るところまで、とのこと。
麻酔注射を打たれ、1時間ぐらいで終了。
来週にまた行かなくちゃいけないらしい。
面倒だけど仕方ないね。

それでクラウンって何だろうって思って
調べてみたら差し歯のことじゃん!!
差し歯ってことは歯を抜くのか!?
被せるだけなのか?
前歯1本だけ色が真っ白でも格好悪いんだけど。。。
というか、前歯もう痛みがないからそのままで良いんですけど。

とりあえずあとで電話して聞いてみよう。
あとセカンドオピニオンとして他の歯科医院に聞くのも必要かな。

何はともあれ今日は安眠できそうで良かった。

長文失礼しました。

6.03.2010

初投稿!!

ブログをはじめるきっかけは皆必ずありますね。
何か変化があったときにはじめることが多いと思います。
例えば新しく仕事をはじめたとか、ペットを飼い始めたとか、旅行に行ったとか。
実は私も前々からそういう機会があり、やろうと思いつつそのタイミングを逃していました。
それで今回はそのタイミングに恵まれたのか、というとそうでもなく、
ただただ何となく思い立ったから。。。

書くことも何も決まってないけど、
日々単調な生活をしていると記憶も曖昧になりがち。
とりあえず趣味を中心に、しっかりと記憶していく意味で書いていこうと思います。

ということで、よろしくです!!